次のタグが付いている話題の回答:

2

iptableで間違えて拒否したipを戻す方法

(後半部分の入力をいとわなければ)単純に-Dオプションに変えるとエントリ削除されます。 iptables -D INPUT -s 間違えたip -j DROP または--line-numbersオプション付きでリスト表示(-L)させ、行番号指定で該当エントリを削除できます。 iptables -L INPUT --line-numbers iptables -D INPUT <番号&...
  • 9,684
2

CentOS5でのNAPT設定方法の種類と、転送先の調査方法

S.com:80/solrでSolrに接続できるとき、 S.comで、123.45.67.89の何番ポートにリクエストが飛んでいるかを調査する方法はありますか? S.com:80/solr に接続しているなら 123.45.67.89の80番ポートだと思います。
  • 7,670
2
Accepted

Ubuntu に IPv6 接続したい

nginxの設定ファイルはどうなっていますか?たとえばserverディレクトリにlistenが listen 443; のみが存在していれば、 listen [::]:443; のようなv6待受の設定が必要です。
  • 4,626
2

Docker コンテナ上の CentOS で iptables を実行するとエラーが発生する

docker run に --cap-add=NET_ADMIN オプションを付けてみてください。
  • 7,670
2

iptablesを使っても防げない攻撃について

Postfix の方で クライアントアクセスを制限するには main.cf を 変更して smtpd_client_restrictions に check_client_access を次のように追加してください。 Ex) smtpd_client_restrictions =  permit_mynetworks,  reject_unknown_client ::: ...
  • 7,670
1

iptablesでポートをACCEPTしたが、netstatなどで使用しているプロセスが確認できない

@metropolis氏のコメントにより、この質問は解決したようです。 本件は、質問者の方が「ポートを許可する設定にしたのに、それを利用しているプロセスがnetstatなどで確認できないため、実際に許可出来ていないのではないか」と考えたため質問が行われたようです。 しかし、実際にはそもそもプロセスが起動しておらず、それが原因でした。
1
Accepted

ソース元IPでアクセス制限(iptables や access list 等)を行う方法について

ネットマスクの記載がありませんが、/24 と想定しています。 ルーティングは設定済みで、192.168.3.0/24 <--> 192.168.1.0/24, 192.168.2.0/24 間はルータを経由して通信できるものとします。 iptables の FORWARD チェインで接続元IPアドレス、接続先IPアドレスのペアで許可/拒否すればいいと思います。 iptables -A ...
1

iptableで間違えて拒否したipを戻す方法

たまたま発見したのですが、以下のサイトが参考になりそうです。 http://tejunsho.com/os/20110331000108.html
  • 198
1
Accepted

iptablesでsyn flood対策をしましたが、携帯会社のIPがよく引っかかります。

携帯電話会社が引っかかるのは「携帯の接続不安定のため」ではなくNATやproxyにより多数の端末が少数のIPアドレスで接続してくるためでしょう。 攻撃対策はサービス提供と防御のトレードオフなので、閾値に問題が無いかは誰にも答えられません。...
  • 1.2万

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible