次のタグが付いている話題の回答:

2

(後半部分の入力をいとわなければ)単純に-Dオプションに変えるとエントリ削除されます。 iptables -D INPUT -s 間違えたip -j DROP または--line-numbersオプション付きでリスト表示(-L)させ、行番号指定で該当エントリを削除できます。 iptables -L INPUT --line-numbers iptables -D INPUT <番号> 本家回答も参考になります。


2

S.com:80/solrでSolrに接続できるとき、 S.comで、123.45.67.89の何番ポートにリクエストが飛んでいるかを調査する方法はありますか? S.com:80/solr に接続しているなら 123.45.67.89の80番ポートだと思います。


2

Postfix の方で クライアントアクセスを制限するには main.cf を 変更して smtpd_client_restrictions に check_client_access を次のように追加してください。 Ex) smtpd_client_restrictions =  permit_mynetworks,  reject_unknown_client ::: check_client_access hash:/etc/postfix/reject_list ←追加  permit 次に ファイル /etc/postfix/reject_list を作成して 「アドレス REJECT」の形式で拒否するIPまたはドメイン名を記述します。 Ex) 185.234.217.194 ...


2

nginxの設定ファイルはどうなっていますか?たとえばserverディレクトリにlistenが listen 443; のみが存在していれば、 listen [::]:443; のようなv6待受の設定が必要です。


1

自己解決しました。 SELinuxのコンテキストを省略すると実行できていませんでした。 × exec - root root -- /system/bin/sh /vendor/bin/iptables.sh 〇 exec (SELinuxのコンテキスト) root root -- /system/bin/sh /vendor/bin/iptables.sh


1

@metropolis氏のコメントにより、この質問は解決したようです。 本件は、質問者の方が「ポートを許可する設定にしたのに、それを利用しているプロセスがnetstatなどで確認できないため、実際に許可出来ていないのではないか」と考えたため質問が行われたようです。 しかし、実際にはそもそもプロセスが起動しておらず、それが原因でした。


1

ネットマスクの記載がありませんが、/24 と想定しています。 ルーティングは設定済みで、192.168.3.0/24 <--> 192.168.1.0/24, 192.168.2.0/24 間はルータを経由して通信できるものとします。 iptables の FORWARD チェインで接続元IPアドレス、接続先IPアドレスのペアで許可/拒否すればいいと思います。 iptables -A FORWARD -s 192.168.3.200 -d 192.168.1.10 -j ACCEPT iptables -A FORWARD -s 192.168.3.200 -d 192.168.2.10 -j DROP こういう単純なことではなく、もっと複雑なことをやろうとしているのでしょうか? 図では 192....


1

たまたま発見したのですが、以下のサイトが参考になりそうです。 http://tejunsho.com/os/20110331000108.html


1

携帯電話会社が引っかかるのは「携帯の接続不安定のため」ではなくNATやproxyにより多数の端末が少数のIPアドレスで接続してくるためでしょう。 攻撃対策はサービス提供と防御のトレードオフなので、閾値に問題が無いかは誰にも答えられません。CGNを使っているモバイルネットワークキャリアやproxy配下のクライアント台数の多い大企業からの接続も配慮しなければならないのであれば防御はある程度あきらめなければならないでしょう。逆にその手の利用者は無視してもかまわない、または防御が優先されるのであれば、厳しめの閾値にすればよいでしょう。 また、ネットワーク環境は日々変化していますので一度決めた閾値が未来永劫有効なわけではありません。状況に合わせて閾値を定期的に見直す運用は必要でしょう。見直すための判断基準、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります