次のタグが付いている話題の回答:

4

いったんこの~/.zshrcが評価されると、3つの実行可能なpyenvが存在します。 .pyenv/bin かどこかにある実行可能ファイル pyenv init - の出力を評価して定義されるシェル関数 pyenv ~/.zshrc で定義した alias pyenv この2つ目のシェル関数を定義するときに、すでに alias pyenv が存在する場合だけ5行目の「pyenv() {」がalias展開されて文法エラーになります。 alias pyenvの名前を変えるか、evalの行の前にunalias pyenvしておけば問題なくなるかと思います。


3

zsh で使用する場合には、.zshenv や .zshrc などに以下の設定を追加してください。 export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv" export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH" eval "$(pyenv init -)" https://github.com/pyenv/pyenv#basic-github-checkout Define environment variable PYENV_ROOT to point to the path where pyenv repo is cloned and add $PYENV_ROOT/bin to your $PATH for ...


3

結論としてはVimで開いたのなら直接編集すればいいと思います。 なお、そうなる原因を説明するとクォートの違いです。 echo "export PATH=$PYENV_ROOT/bin:$PATH" >> ~/.bashrc この場合、ダブルクォートで囲われた文字列に変数があると展開されます。 しかし、この段階ではまだ$PYENV_ROOTが定義されていないので空文字列になります。 どうしてもechoからダブルクォートされた文字列を追記したいなら変数が展開されないようにする必要があります。 echo 'export PATH=$PYENV_ROOT/bin:$PATH' >> ~/.bashrc 一方、シングルクォートで囲われた文字列では変数が展開されず、そのまま追記されます。


3

infocompは、Minicondaの初期状態においてもbinディレクトリにインストールされているシェルコマンドです。恐らくconda等のAnacondaのライブラリーに必要な依存ライブラリーとしてインストールされているものと思われます。 したがって、pip によってインストールされたものでないため、pip showで表示させても出てこないと思われます。 「手元のプロジェクトでいろんなツールをインストールしていった」とのことですが、Anacondaとpipでは、依存ライブラリーが必ずしも一致している訳ではありません。その上、pipでインストールする時にははAnacondaの依存関係をチェックしません。そのため、...


2

当てずっぽうですが… Windows sybsystem for LinuxのSSL/TLSがKasperskyに拒まれるといった話もあります。 ウィルス対策ソフトを無効化することで改善する可能性があります。


2

解決法 ホームディレクトリで pyenv local したい理由が無ければ、~/.python-version を削除してください。 詳細 pyenv の README.md によると、pyenv は以下の優先順序で探索することで仮想環境を選んでいます。 (もし設定されていれば) 環境変数 PYENV_VERSION。この設定は、pyenv shell コマンドによって一時的に変更できます。 (もしあれば) カレントディレクトリにある .python-version ファイル。これは pyenv local コマンドで変更できます。 (もしあれば) 親ディレクトリを順番に見ていき、最初に見つかった .python-version ファイル。この探索は、ファイルシステムのルートに到達するまで行われます。 ...


2

私も同様のエラーに悩まされましたが、以下リンクのjklemmさんのコメントにある方法で解決しました。 OS10.13.6で実施し、問題なくインストール出来ました。 unset CFLAGS brew install pyenv readline xz pyenv install {{version}} https://github.com/pyenv/pyenv/issues/1066#issuecomment-387211005 移行アシスタントをつかって移行後にこの現象が発生する事があるようです。


2

力技ですが、そのコマンドがインストールされている環境に移ったあと、インストール済パッケージ一覧を pip list で出力し、それぞれのパッケージについての情報を pip show から取得し、その中からバイナリの名前を検索することで、どのパッケージからインストールされたものなのか逆引きできそうです。 たとえば Unix 系環境なら JRD さんのこの回答で示されているように、pip list の結果を head / tail で整形した後 cut でパッケージ名だけ取り出し、xargs でそれぞれを pip show に渡し、結果を grep するというやり方が使えます。ただし古い pip では pip list の出力が変わるので適宜調整する必要があります。まず pip list の結果を確認してください。...


2

シンボリックリンクにパスを追加することによって、うまくいきました。 ■手順 ▼envで現在のPATHをチェック ▼sudo ln -s /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.5/bin/python3 /usr/local/bin/pythonでpython3のファイルがあるディレクトリをシンボリックリンクに追加 ▼conda create -n py35 python=3.5 anacondaで3.5をインストール ▼conda activate py35でアクティベート 完了 みなさまありがとうございました。


1

通りがかりですまないが、件の参考記事の「pyenv にパスを通す」は実行しただろうか? pyenv にパスを通す | pyenvを使ってMacにPythonの環境を構築する - Qiita もし、やっているなら、次に以下のコマンドでシェルを確認してほしい。 echo $SHELL macOS Catalina からはデフォルトのシェルが zsh になってしまったのだが、上記コマンドの結果が bash でないのなら、「pyenv にパスを通す」が bash のプロファイルに対して行われたが、zsh のプロファイルにないため機能していない可能性がある。


1

pyenv を使った場合、忘れそうなのは以下の点です。 pyenv のパスを通す。echo $PATH の出力に pyenv へのパスが含まれていますか? 設定したはずなのに含まれていない場合、設定したあとシェルを再起動するなどして設定スクリプトを読み込ませましたか? pyenv rehash する。 pyenv global によるシステム全体のバージョン指定か、pyenv local による特定のディレクトリ下でのバージョン指定を行う。特に pyenv local の場合は .python-version があるディレクトリ下でないと駄目です。


1

追記 以下で解決しました。ありがとうございます。 $ conda install pyqt=4 $ export PYTHONPATH=$HOME/.pyenv/versions/anaconda-4.0.0/lib/python2.7/site-packages


1

#!/bin/bash source /home/ec2-user/.bash_profile supervisord -n -c /etc/supervisord.conf という起動スクリプトファイルを /home/ec2-user/bin/start_supervisord.sh において ExecStart に bash /home/ec2-user/bin/start_supervisord.sh と書いたところ起動したので妥協しようと思ってますが サービスファイルがあるのにさらに起動スクリプトまで別に用意するのは冗長なので サービスファイルだけで起動できるようにしたいです このファイルを直接実行するのと中身の2行を ; でつないだコマンドを実行するのと なぜ差が生まれるのかも不明なのですが…


1

brew remove binutilで解決しました。 https://github.com/pyenv/pyenv/wiki/Common-build-problems#macos-ld-symbols-not-found-for-architecture-x86_64-1245 尚、後半のwhich pyenvは依然として期待値が返りません。


1

以下のプラグインでpyenv 1.2.8-83-g2350e57b にアップデートしたら、pyenv install --listに3.6.8が表示されるようになりました。 https://github.com/pyenv/pyenv-update kunifさんのコメントを参考にしました。


1

確認する環境がありませんが、以下のような記事を見つけたので最新の ruby-build を使えば rbenv に関しては OpenSSL の依存を解消できるかもしれません。 ruby-build が Homebrew の openssl に依存しなくなった 改めて調べてみると ruby-build が Homebrew の openssl に依存しなくなり、インストールのたびに openssl をコンパイルしているからでした。 (中略) これまで通り Homebrew の openssl を使うには RUBY_CONFIGURE_OPTS の環境変数にオプションを渡します。 ruby-build の Wiki には macOS 向けの推奨設定 として RUBY_CONFIGURE_OPTS ...


1

参照されたサイトは、システム上のPython2を使ってvirtualenv環境を作成して、仮想環境内のpipを使ってuwsgiなどをインストールしているようです。kuunosuke さんはpyenvで3.6をインストールしてそれを使いたいそうなので、参考サイトのとおりにやるのと違う手順になるかと思います。 uwsgiのログにpython version:2.7.14と表示されているのは、virtualenv環境を作成時に、pyenvでインストールしたpython3.6からではなく、システム上のpython2を使って仮想環境を作成したのではないでしょうか? python3.6で同じようにやるとしたら、 virtualenv venv としているところを virtualenv -p /home/ec2-...


1

僕も同じような問題に直面しました。 今のやり方はあきらめました。 代わりにこのやり方でインストールしました。 1.anacondaのホームページからLinux用のshファイルをダウンロード 2.$sudo bash ファイルの場所  をbash on ubuntu で実行。このときcドライブへのアクセスは /mnt/c としないと場所を認識してくれません。¥ではなく/であることにも注意してください。


1

eval "$(pyenv init -)" をしていないのかもしれません。 たとえば Bash を使っている場合 ~/.bashrc などを見て以下に相当する行が含まれているか確認し、その後シェルを読み込み直してください (これらの設定は、通常 pyenv をインストールしたときの手順に書かれているはずです)。 export PATH="~/.pyenv/bin:$PATH" eval "$(pyenv init -)" eval "$(pyenv virtualenv-init -)" この設定がないと $PATH が認識されず、システム側の Python 環境が選択されてしまいます。


1

コメントいただいた方ありがとうございます。 現段階での私の調査した内容を書きます。 composerをシステムインストールできるように pyenvをシステムインストールするものだと思っていましたが、 pyenvのgithubに書かれてあるインストール方法を見るに https://github.com/yyuu/pyenv git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv ホームディレクトリにインストールしています。 つまり、pyenvコマンドは共通して使うものではなく、 各ユーザ毎に管理/インストールするものなので、 複数のユーザで管理するものではない。 が現段階での結論です。 間違えているかもしれませんので引き続きご指摘 + 回答をお願いします。...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります