次のタグが付いている話題の回答:

3

私も勉強中ですが、以下のようなことだと思います。 「編集可能なパス」ではなく、「指定されたパス」にあるファイル/パッケージは「編集される可能性があるものとして扱う」の方が相応しいのだと思われます。 「パス」は「開発しようとしているパッケージのルートフォルダ」だったり、「GitHub等のリポジトリ」だったりするでしょう。 pipenvのバージョン管理システムについての但し書き等を参照 「パス」自身も編集はできると思われます。 「現在の作業ディレクトリを指すのに便利な」ときは、「開発を始めるとき」とか、「パッケージとしてまとめる作業を始めるとき」と思われます。 以下に「pipenv は pip + virtualenvの統合」という記事があり、後に紹介している pip の情報が、pipenv ...


3

回答 pipenv update に限っていえば、 内容は等価であり、片方または両方指定しても同様である、というのが回答になります。また、内容が等価であるため、どちらを選ぶべきというのもなく、好みで良さそうです。 また、今後非推奨になる可能性についてですが、調べた限りそのような内容は見つかりませんでした。一般論として、行儀の良いアプリケーションはcliの操作体系でdeprecatedになる予定があるものは表示しない(が完全に非対応になるまで使用はできる)、またはその旨を併記するものと考えます。このため、近い将来にどちらか一方のオプションが突然使用不可能になる、ということは考えにくいでしょう。 補足 該当する update のcli実装が下記の通りになっており、484-485行目で outdated ...


2

REAME.rstにはPipfileのドキュメントが https://pipfile.pypa.io/ に存在する、と記載されていますが、実際には404になるようです。 この件についてはいくつかIssueが立っており、そのうち最新のものは @yuji38kwmt さんが立てたものに見えます。 site documentation is not found · Issue #86 · pypa/pipfile Dead documentation link · Issue #104 · pypa/pipfile https://pipfile.pypa.io/ in README.rst is not found · Issue #118 · pypa/pipfile さて、ここで#104(Dead ...


1

同様の話題がpipenvのGithubのIssueに上がっていたので翻訳を載せておきます。 Pipenv is not smart enough to provide a better key (it really is not possible), so it just uses a hash to act as placeholder. It can be anything, so you are free to change the key to anything you want (as long as it does not duplicate other keys, of course). https://github.com/pypa/pipenv/issues/1744#...


1

内容を Pipenv で更新 (Pipの分は後ろに移動) 以下のように、Pipenv でも可能になっているのではないでしょうか。 Pipenvを使ったPython開発まとめ ちょっと高度なパッケージの管理関連 GitHubのリポジトリを指定してインストールする場合は次のように行います. $ pipenv install git+https://github.com/<ユーザ>/<リポジトリ>.git@<リビジョン>#egg=<パッケージ名> requirements.txtからのインストール Pipenvの導入前にrequirements.txtでパッケージが管理されていた場合に,その内容からPipenvでインストールすることもできます. $ ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります