次のタグが付いている話題の回答:

4

glibc 2.20のコンパイラーバージョンチェック方法に誤りがあり、GCC 10以降を検出できないようです。 Rework compiler version check in configure.のコミットで修正されたため、glibc 2.21以降であればGCC 10以降が使えます。 GCC 9以前を使用するか、glibc 2.21以降を使うといいでしょう。 --- a/configure.ac +++ b/configure.ac @@ -910,9 +910,6 @@ AC_CHECK_PROG_VER(LD, $LD, --version, # These programs are version sensitive. AC_CHECK_TOOL_PREFIX -...


2

原因 bash や zsh などのシェルには組み込みコマンドがあります。bashのベースとなった Bourne Shellにもありました。組み込みコマンドは, 当然? /usr/bin など参照しません。/usr が使えなくなっても利用可能です。(シェルが動いてる状態ならば) 組み込みコマンド 組み込みコマンドの一覧は help コマンドにて調べることができます。 また, type コマンドで組み込みか外部コマンドかを調べることもできます $ type cd cd はシェル組み込み関数です $ type man man は /usr/bin/man です $ help GNU bash, バージョン 5.0.17(1)-release (x86_64-pc-linux-gnu) ...


2

OS で IPv6 が無効になっているのではないでしょうか? /etc/modprobe.conf や /etc/modprobe.d/ 以下のファイルで以下のような設定があれば、コメントアウトし、OS を再起動します。 alias net-pf-10 off blacklist ipv6 install ipv6 /bin/true options ipv6 disable=1 再起動後、ip addr show dev lo で inet6 が表示されることを確認ください。


2

cronを利用するなら/etc/crontabに32 * * * * root /bin/ps -A -O pcpu --sort -pcpu | head >/path/to/log/dir/pslog-$(date +%Y%m%d%H%M%S)という感じで登録するのはどうでしょうか? 全てのプロセスをcpu使用率の降順でソートして上から10個をログに残します。 ログに残す情報を変更したい場合はman psをしてOUTPUT MODIFIERSセクションを参照してください。


2

(コメントより) Understanding Systemd Units and Unit Files によると、ExecStartPre の場合は they can be preceded by "-" to indicate that the failure of the command will be tolerated. との事です。 EnvironmentFile については systemd.exec(5) に、optionally prefixed with "-", which indicates that if the file does not exist, it will not be read and no error or warning message is logged. ...


2

(1) 廃止されるパッケージのことで他のパッケージが代わりになります。 例えば foo パッケージが bar に変更された場合、foo の更新パッケージは bar になり foo は廃止されるパッケージになります。 (2) この他に、依存パッケージが変更になった場合も Obsoltes Package に表示されます。 たとえば、foo パッケージが依存している hoge が 新バージョンでは不要になった場合、foo の Obsoletes に hoge が表示されます。 どちらの場合も yum upgrade を実行すると廃止されるパッケージは削除されます。


1

シェル組み込みコマンド以外の例もあります。 /usr がいっぱいになったときにはシングルユーザーモードにして /usr のマウント先をいれかえたいわけです。 /usr のマウント先をいれかえている真っ最中は当然 /usr は存在しませんのでまさに提示の状況となります。こういう状況でもルートパーティション / 配下の /bin や /sbin にあるコマンドは使えます。 っていうか /bin や /sbin に格納してある各種コマンドは /usr 以下が無くても動作するよう敢えてスタティックリンクで作ってあるのです(少なくとも商用 UNIX ではそう) 野良ビルドしたバイナリはたいてい /usr 以下の共用ライブラリを使うよう ./configure されているので /usr がないと動きません。...


1

今回は以下の手順で設定変更を行うことができました。 変更手順 変更したいアダプタ eno1 に割り当てられたMACアドレスを確認しておく (ether に続く文字列)。 # ifconfig eno1 eno1: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500 ... ether xx:xx:xx:xx:xx:xx txqueuelen 1000 (Ethernet) 設定ファイルをリネーム # cd /etc/sysconfig/network-scripts/ # mv ifcfg-eno1 ifcfg-eth0 ifcfg-eth0 をエディタで開き、DEVICE= の名前を eth0 に変更。...


1

192.168.100.0/24は192.168.100.1をdestinationとするが、 192.168.100.10/24のみ10.10.10.1をdestinationとする…等 192.168.100.0/24と192.168.100.10/24はルーティングを考える上では同じ宛先になるので 192.168.100.0/24は192.168.100.1をdestinationとするが、 192.168.100.10/32のみ10.10.10.1をdestinationとする…等 だとして考えます。 一般的にルーティングテーブルは最長一致で検索されるので、ルーティングテーブルに 192.168.100.0/24 192.168.100.10/32 のエントリがあれば、192.168....


1

「192.168.100.10/32」でルーティングを追加してあげると、期待通りの動作を行うと思います。 #ネットマスク長が長い(32に近い)方が基本的に優先されます。


1

package-cleanupをPython 2.7で実行していて、package-cleanupに必要なyum.miscがPython 2.7用にインストールされていないためエラーが出てしまいました(ちなみにPython 2.6に関しては、/usr/lib/python2.6/site-pacages/yum/misc.pyに存在していました) なので、package-cleanupを2.6で実行するように変更して対処しました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります