次のタグが付いている話題の回答:

1

192.168.100.0/24は192.168.100.1をdestinationとするが、 192.168.100.10/24のみ10.10.10.1をdestinationとする…等 192.168.100.0/24と192.168.100.10/24はルーティングを考える上では同じ宛先になるので 192.168.100.0/24は192.168.100.1をdestinationとするが、 192.168.100.10/32のみ10.10.10.1をdestinationとする…等 だとして考えます。 一般的にルーティングテーブルは最長一致で検索されるので、ルーティングテーブルに 192.168.100.0/24 192.168.100.10/32 のエントリがあれば、192.168....


1

「192.168.100.10/32」でルーティングを追加してあげると、期待通りの動作を行うと思います。 #ネットマスク長が長い(32に近い)方が基本的に優先されます。


1

package-cleanupをPython 2.7で実行していて、package-cleanupに必要なyum.miscがPython 2.7用にインストールされていないためエラーが出てしまいました(ちなみにPython 2.6に関しては、/usr/lib/python2.6/site-pacages/yum/misc.pyに存在していました) なので、package-cleanupを2.6で実行するように変更して対処しました。


1

(コメントより) Understanding Systemd Units and Unit Files によると、ExecStartPre の場合は they can be preceded by "-" to indicate that the failure of the command will be tolerated. との事です。 EnvironmentFile については systemd.exec(5) に、optionally prefixed with "-", which indicates that if the file does not exist, it will not be read and no error or warning message is logged. ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります