次のタグが付いている話題の回答:

2

エラーの内容からすると、libhdf5-serial のライブラリーがないということなので、それをインストールしてみてください。 Ubuntuであれば、以下のコマンドでインストールできます。 sudo apt-get install libhdf5-serial-dev


2

学習データ不足の場合に過学習を防ぐために畳み込み層を固定にすることが多いだけで、学習用のデータが十分多ければ学習可能な層が多いほど精度が上がるのは当然です。 訓練時の精度もバリデーション時の精度も上がっているのでしたら問題ないと思います。


2

param_vgg.hdf5というファイルを開こうとして、No such file or directory(そんなファイルは無い)というエラーが出ています。なので、param_vgg.hdf5というファイルが存在するかを確認して下さい。 事前に学習したパラメーター(モデルの重み)をparam_vgg.hdf5というファイルに保存しておくことが前提で動作するプログラムを実行している、ということではないですかね?


1

https://keras.io/backend/#function このFunctionには「出力がない」という意味ではないでしょうか。 Tensorflowバックエンドの実装が https://github.com/keras-team/keras/blob/2.2.4/keras/backend/tensorflow_backend.py#L2724 https://github.com/keras-team/keras/blob/2.2.4/keras/backend/tensorflow_backend.py#L2509 このあたりです。 outputsに[]を指定すると、ここ https://github.com/keras-team/keras/blob/2.2.4/keras/...


1

回答になっていない気がしますが、 helpだと、以下のように見えます。 この領域、初心者につき、情報が間違えているかもしれません。 >>> from tensorflow.keras.optimizers import RMSprop, SGD, Adam >>> help(Adam) Help on class Adam in module tensorflow.python.keras.optimizer_v2.adam: class Adam(tensorflow.python.keras.optimizer_v2.optimizer_v2.OptimizerV2) | Adam(learning_rate=0.001, beta_1=0.9, beta_2=0.999, epsilon=1e-...


1

頂いた回答を参考に解決できました. 直接誤差に対する勾配は得られなかったのですが, 以下の様にして対処できます 入力の出力に対する勾配を得る 出力の誤差関数に対する勾配を得る 今回は回帰モデルであり誤差関数にMSEを使用しています. したがってこの例では2*(モデルの出力-真の出力)となります import keras import keras.backend as K model = keras.models.load_model("model_path") get_grad = K.gradients(model.output, model.input) sess = K.get_session() grad_out = sess.run(get_grad[0], ...


1

同様の質問は以下かと思います。 https://stackoverflow.com/questions/53649837/how-to-compute-loss-gradient-w-r-t-to-model-inputs-in-a-keras-model これによると backend functions を使えというようなことが記載されていました。 backend functions については以下に記載がありました。 https://keras.io/backend/#using-the-abstract-keras-backend-to-write-new-code これによると keras には abstract Keras backend API ...


1

load_modelのリファレンスをみたところ、デフォルトではコンパイル前にロードするという設定になってました。 改善するかどうか分かりませんが、以下のように修正してみてください。 vae = load_model("model.ep03.h5", compile=False)


1

単純に層を深い方が性能が上がるというものではありません。 NNのはしりの時にはそのように考えられましたが実際には層を深くすると性能があがるどころかかえって下がることがわかり、ブームは下火になりました。 しかし、条件(モデルの構造や学習データ、その他諸々)次第では多層で性能が高いモデルを実現できることがわかり、最近のディープラーニングブームになったわけです。条件次第というのがポイントでただ闇雲に層を増やしたから性能が高くなったわけではありません。 また、モデルはあったとしても問題に対応した十分な量と質の学習データを用意するのは大変です。ところが、適切に学習させたモデルは、別の問題でも(比較的少量の追加データとカスタマイズで)高い性能を示すことがわかりました。これが転移学習です。これも万能ではなく、...


1

ETA は estimated time of arrival の略で、1エポックあたりのトレーニングにかかる時間の予測のことです。エポック内の処理の進捗と残りのデータ量を使ってkerasが自動で予測して出力します。 lossは訓練データの各バッチの損失値の平均、val_lossはそのエポックの最後にテストデータに対して計算された損失値です。エポックを重ねるごとにこの値がそれぞれ小さくなっていくと、モデルの学習が進んでいることになります。しかし、lossだけが下がるようになると過学習の疑いがあります。


1

ご提示のコードの前半の部分がないのですが、 2値分類問題であると仮定して、学習時もlabelの数は2で学習されたと仮定します。 resultには[[データ1のlabel1である確率,データ1のlabel2である確率],[データ2の...]...] という形で返ってきますので、以下の様にすればよいかと思います。 with open('aaa.csv', 'w', newline='') as csv_file: title = ['0', '1'] writer = csv.writer(csv_file) for n, r in zip(X_test[ファイル名のindex], result): writer.writerows([n,title[0],r[0],...


1

terailでtiitoiが答えてくださいました。 まず AutoEncoder は入力と出力を同じデータにして学習するものですよね。 なので、入力が正解データでもあるわけで、fit(x) と入力しか渡していないため、'NoneType' object has no attribute 'shape' とエラーになっています。 autoencoder.fit(x, x, epochs=1000, batch_size=256, shuffle=False) 次に入力に対して、入力と同じデータを出力させたいわけなので、出力層の形状を decoded = Dense(128, activation='relu')(encoded) ...


1

私も機械学習について勉強中ですが、分かる範囲で答えさせていただきます。 ①、②についてお答えする前に、まずCNN内で具体的にどのような操作が行われているのか説明します。 入力された画像が行列に変換され、その行列に各層(畳み込み層や全結合層などそれぞれの層)において、重みと呼ばれる言わば係数のようなものと掛け合わされます。(簡単に言うと、xを入力とするとy=wx+bみたいな形でyが次の層に渡されます。この場合、wが重み、bがバイアスと呼ばれるものです。バイアスは一次関数でいうただの切片です。)そして、全結合層において出力されたものと教師データを、損失関数を通して出た値がこの場合でいうlossですね。このlossを元に、AdamOptimizerと呼ばれるアルゴリズムによって各層の重み、バイアスを調整していきます。...


1

英語版に関連した質問と回答があります。 Google Colaboratory: misleading information about its GPU (only 5% RAM available to some users) 要約すると、GPUのRAMが500MBしかもらえない場合が多いということです。そのため、リソース不足のメッセージが出たものと思われます。 対応としては、GPUのRAMが500MBでも動作するようにブログラムを修正するぐらいしかなさそうです。 英語版の質問にあった次のコードを使って最初にGPUのメモリーを確認しておくと便利だと思います。この回答を書く前に試してみたらGPUのRAM11GBをすべて使える状態でした。 # memory footprint support ...


1

各プロセスを並列化しなければ100%を超えることはないが、スケールを勘違いしている可能性が大。「100%」はCPU一つ分で、並列化されていれば100%を超えるし負荷の合計が16コア分(1600%)付近なら全コア使い切ってることになる。 が、上二つ以外のプロセスで負荷が並列化の上限と思しき162%に達していないところを見るとボトルネックはCPU負荷ではない。GPUかI/O、ひょっとしたらメインメモリが限界に達していると考えるのが妥当。まぁGPUが限界だろ。


1

.fit() や .fit_generator() のオプション引数で verbose = 0 とするとログが出力されなくなります。このオプションはデフォルト値が 1 であり、プログレスバーを出力する設定になっています。 たとえば Sequential モデルの fit メソッドのマニュアル には次のように書いてあります。 verbose: 0とすると標準出力にログを出力しません. 1の場合はログをプログレスバーで標準出力,2 の場合はエポックごとに1行のログを出力します.


1

マルチポスト先の sayaka1202 さんの投稿によると epochs = 3 batch_size = 64 nb_train_samples = 2000 nb_validation_samples = 800 とした上で fit_generator を適宜変更すると上手くいったようです。


1

下記にてログにも出していただいていますが (176, 4, 4, 512) #print(train_data.shape)の値 入力の数(bottleneck_features_train.npyから読み込まれたtrain_data)が176なのに対し、ラベルの数(train_labels)が180個を期待しているようです。 入力の数とラベルの数をあわせるようにお願いします。


1

X_train.shape[1:]とdepthを削って渡しているようですが、depthも渡す必要があるのではないでしょうか。 https://keras.io/ja/layers/convolutional/#conv3d このレイヤーをモデルの第一層に使うときはキーワード引数input_shape (整数のタプル,サンプル軸を含まない)を指定してください. 例えば10フレームの128x128 RGB画像ではinput_shape=(3, 10, 128, 128). ※そもそも論で3dではなく2dだと思いますが


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります