次のタグが付いている話題の回答:

3

改行しないで1行で。 from dateutil.relativedelta import relativedelta


2

自己回答です。 nekketsuuuさんの回答を元に解決した方法を記しておきます。 1. gspreadをインストール !pip install gspread 2. 各種パッケージをimport from google.colab import auth from oauth2client.client import GoogleCredentials import gspread 3. 認証処理 # 認証処理 auth.authenticate_user() gc = gspread.authorize(GoogleCredentials.get_application_default()) 4.スプレッドシートを開く workbook = gc.open_by_url(...


2

通常 Google Colaboratory や(その元となっている)Jupyter Notebook では、セルを分けることによって実行を途中で止めることができます。自分の体感的には、セル単位で止めつつ必要に応じて print すれば事足りる場面が多いです。 しかしそれでもデバッガーが欲しくなる場合があるかもしれません。ここではふたつのやり方を紹介します。 %debug magic Jupyter (IPython) には組み込みで %debug というマジックコマンドがあり、これを利用することができます。%debug は Python 標準のデバッグツールである pdb を Jupyter 上で起動してくれます。%debug には引数ありで使う場合と引数なしで使う場合があるのですが、...


2

以下は回答ではなく調査報告の様なものですが、何らかの参考にはなるかもしれません。 まず、対象の画像に関してですが、含まれている色数を調べてみます。 $ identify -format '%k\n' 000137042.png 5493 $ identify -verbose 000137042.png Format: PNG (Portable Network Graphics) Colorspace: sRGB Type: TrueColor Depth: 8-bit Channel depth: red: 8-bit green: 8-bit ...


2

@metropolis さんのコメントで解決しましたので、コメント部分をコピーし、回答として載せさせていただきます。 (以下引用) 元記事のコードには from __future__ import print_function がありますので、Python2で実行しているものと思われます。そのため、text 変数はリスト型のインスタンスになります。一方、user15291523 (現在Y.y にユーザー名変更)さんのコードはおそらく Python3 で実行されていて、text 変数は(エラーメッセージの通り) generator になります。そこで、generator をリストに変換するとよろしいかと思います。 text = list(Tokenizer().tokenize(text, wakati=...


1

"Python 3.7 が見つからない" と出ているので、別途インストールする必要がありそうです。 実際に試したわけではありませんが、キーワードで検索してみるとSO英語版にて類似の質問と回答がありました。 参考: install python 3.7 via google colab as default python - Stack Overflow # Install the python version !apt-get install python3.7 # Select the version !python3.7 setup.py


1

ご質問の意図は「既存の画像を使用する(つまり図形や色の変更はできない)」「各色の意味をカラーバーで表示する」ものと読み取りました。 上記の前提では等高線図を差し替えると図形や色が変更になるので、pythonを使って画像から標高ごとに色を特定しようとすると、おそらく「泥臭いコード」になります。 (特定ピクセルからRGB値を読み取ってカラーバーに反映する処理を自動化するロジックは、色を読み取るピクセルの座標設定などが不可能ではありませんが困難です) そのため下記のご質問の回答は、「読み込む画像の生成ロジックや仕様が明示されていれば実現可能ですが、ご質問から読み取れなかったので自作する方が現実的です」となります。 上記の画像にある自分が表したい色を用いたカラーマップを自作する必要があるのか、...


1

余談 非エンジニアの方々に、このようなプログラムを共有して、業務を効率化しようと考えているのですが、なるべく開発環境をさせずに共有したいと考えています。もし、Google ColabのほかにそのようなOS関係なく実行できる実行環境やまたはノウハウや技術を知っていれば教えていただけると幸いです。 今回のスクレイピングに関してですが、Selenium を利用しなくても可能です。参考までに解説しておきます。 Mildom にアクセスする際にウェブブラウザで通信状況を確認してみると、ランキングとユーザープロフィールのデータを別の URL から取得しています。 ランキングデータ https://cloudac-cf-jp.mildom.com/nonolive/gappserv/rank/...


1

Google Colaboratory 環境に Google Chrome がインストールされていない事が原因でしょう。調べてみると、Chromium 用の web driver をインストールして Selenium を利用する方法が一般的な様です。 参考までに、以下では Google Colaboratory 環境に Google Chrome/ChromeDriver をインストールする場合について説明します。 Google Chrome をインストール Google Chrome の APT repository を登録して認証キーを追加します。 必要な Python パッケージをインストール TCMalloc(Google 独自の C/C++ 用 memory allocator)による ...


1

同様の報告がバグとして報告され、installationの記事が追加されたようです。 https://github.com/huggingface/transformers/issues/3396 This repository is tested on Python 3.6+, PyTorch 1.0.0+ (PyTorch 1.3.1+ for examples) and TensorFlow 2.0. You should install 🤗 Transformers in a virtual environment. If you're unfamiliar with Python virtual environments, check out the user guide. とあり、...


1

問題の処理は, 時間ごとにデータを一つ一つ取り出し, それを column として DataFrameを構築しようとしているようですが, 最初のステップで index が決定されているようです timedata = pd.DataFrame() timedata["price0"] = price0 indexは, 特に何も指定していなければ行の indexであり, 最初の追加時点の indexは 0, 24, 48 … と続くはずです。 これに続けて, 別の時間帯のデータを追加しようとしても, indexがマッチせず, そのためデータが存在しないままになるはず この(一つ一つの)データ追加時に, (それぞれ) reset_index などで indexを割り振れば追加可能なはず (...


1

saver.restore(sess, '.\ckpt\model.ckpt') # 変数データの読み込み を次のように修正したら、うまくいきませんかね? if ckpt: server.restore(sess, ckpt.model_checkpoint_path) # 変数データの読み込み


1

Tensorflow のドキュメントによると tf.image.rgb_to_grayscale 関数は、以下のように最後の次元が 3 であることが必要と書かれています. https://www.tensorflow.org/api_docs/python/tf/image/rgb_to_grayscale Args: images: The RGB tensor to convert. Last dimension must have size 3 and should contain RGB values. しかし問題となっているソースコードを見ると img = tf.convert_to_tensor(img) # TensorShape([992, 622, 4]) ...


1

対象ファイルをダウンロードし、ローカル環境にて編集した後にサイドアップロードするとよいのではないでしょうか。 少し具体的に書くと Colaboratory 上でインストールしたパッケージを !pip show <package-name> にてインストール先を確認し、対象ファイルのPATHを調べた後に from google.colab import files files.download(<対象ファイルのPATH>) を行いローカル環境に一度ダウンロードをして編集を行います その後、 files.upload() にて編集後のファイルをカレントディレクトリにアップロードし、 !cp <対象ファイル> <対象ファイルのPATH> ...


1

アクセス先URLのhttp://b.hatena.ne.jp/search/text?safe=on&q=Python&users=50をブラウザで開いてソースを確認してみてください。 指定したCSSセレクタの.pager-nextが見つからなければそこで処理を終了するようなプログラムになっているので、書いた通りにプログラムが動いているに過ぎません。 ちなみに、pager-nextで検索すると以下の通りヒットします。 HTML/CSS (ブラウザの開発者ツールで確認) 実際のブラウザ上での表示結果


1

次のページへ遷移するために CSS セレクタを使って次のページのリンクを取得しているのですが、参考になさっているブログ記事が書かれたときとはページの構造が変わっており、そのままのセレクタでは動作しなくなっています。 このため、browser.find_elements_by_css_selector を使っている 2 箇所を修正しないと上手く動作しません。ブラウザの「検証」機能等を使ってスクレイピング元のサイトを解析し、新しいセレクタに更新してください。 なお、デバッグ時に何回もスクレイピングする際にはその間の時間を充分に長くとって、サーバーに負荷をかけないようにご注意ください。


1

問題点1 macabのインポートは、小文字ではなくパスカル形式の文字になります。 import MeCab 問題点2 mecab-python3のver0.8のパッケージに問題があったようです。 ・ https://github.com/SamuraiT/mecab-python3/issues/11 PyPIの方は、ver0.7になっています(戻した可能性が大)。 https://pypi.org/project/mecab-python3/ swigのインストールは不要で、従来の方法でインストールできると思います。 !apt-get install libmecab-dev mecab mecab-ipadic-utf8 !pip install mecab-python3


1

英語版に関連した質問と回答があります。 Google Colaboratory: misleading information about its GPU (only 5% RAM available to some users) 要約すると、GPUのRAMが500MBしかもらえない場合が多いということです。そのため、リソース不足のメッセージが出たものと思われます。 対応としては、GPUのRAMが500MBでも動作するようにブログラムを修正するぐらいしかなさそうです。 英語版の質問にあった次のコードを使って最初にGPUのメモリーを確認しておくと便利だと思います。この回答を書く前に試してみたらGPUのRAM11GBをすべて使える状態でした。 # memory footprint support ...


1

Colaboratory の公式サンプル "External data: Drive, Sheets, and Cloud Storage" が参考になります。 Google Drive を使わずにローカルからファイルをアップロードする場合、以下のを実行するとファイル選択ダイアログから複数ファイルをアップロードすることができます。 from google.colab import files uploaded = files.upload() アップロードしたファイルたちは同時に Colaboratory のカレントディレクトリに保存されるので、後はローカルと同様に扱うことができます。 アップロードされたファイルの一覧が確認したければ、!ls すれば良いです。 ただしこの方法でアップロードすると、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります