質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

2

super(MLP, self).__init__ について Python の組み込み関数 super() は引数を指定できます。正確性を犠牲にして簡単に説明すると、super(aa, bb) で「bb が属するクラス aa の親または兄弟クラス」のような意味になります。 今回の場合、super(MLP, self).__init__ は super().__init__ として想像されるものと同じ意味になります。引数を指定することで、self の属するクラス MLP のスーパークラスを表していると明示しています。これらの引数は Python 3 だと省略できるのですが、Python 2 だと省略できません。このためたとえば、Python 2 でも 3 ...


2

そのリポジトリの作者です。 become_yukarinライブラリの親ディレクトリにパスを通す必要があります。 以下詳細です。 ファイル構造は多分こうなっていると思います。 become_yukarin(親ディレクトリ) └become_yukarin(モジュールのディレクトリ)  └__init__.py  └他 └scripts  └色々 └他 親ディレクトリに対してパス(環境変数PATHではなく、PYTHONPATH)を通す必要があります。 https://docs.python.jp/3/using/cmdline.html#envvar-PYTHONPATH pythonは日本語のドキュメントがあります。なんだかんだ役に立つと思います。 https://docs.python.jp/3/...


2

短く言えば, 34 self.data = Variable(np.array(self.data,dtype=np.float32)) を 34 self.data = np.array(self.data,dtype=np.float32) とすればよいでしょう. 以下は詳細です. わかりにくかったので行をつけさせていただきました. 1 import numpy as np 2 import chainer 3 from PIL import Image 4 from chainer import cuda, Variable 5 6 class rrDataset(chainer.dataset.DatasetMixin): 7 ...


2

GeForce 930M自体はCUDAに対応しています。 CUDA Toolkitには特定のバージョンの開発者向けグラフィックスドライバーが同梱されていて、高速インストールすると勝手にそのドライバーがインストールされます。NVIDIAのグラフィックスドライバースイートには、CUDA/OpenCLドライバーも含まれています。おそらくCUDA Toolkit 7.5に同梱されているドライバーは、Windows 10とGeForce 930Mの組み合わせに対応したドライバーではないため、当該の警告メッセージが表示されてしまっているものと思われます。 CUDA Toolkit同梱のドライバーでないとCUDAアプリケーションを開発・実行できないということはまったくないので、CUDA ...


1

エラーを発生させている原因箇所がこちらで、sequential.pyのLinearクラスにおけるbiasを、biasというパラメータを受け取らないchainer.links.Linearに渡しているのが原因です。 そもそもの原因として、https://github.com/musyoku/improved-gan/ 自体のメンテナンスが2年近く前で停止しているので、当時は動いていたものの最新版のChainerでは動かない、のではないでしょうか。 修正方法として以下の2種類が考えられます。 https://github.com/musyoku/improved-gan/ 全体を最新版のChainerで動くように作り変える。 古いバージョンのChainerをインストールして、動くか確認する。


1

正解データとloss functionが与えられていないためにエラーが起きています. trainerを使わずに書くと for batch in train_iter: con = chainer.dataset.concat_examples(batch) # dataset[0], dataset[1], ...を一つのarrayに入れる con = chainer.Variable(con) # arrayをchainer.Variableに入れる pred = model(con)       #推測する loss = F.mean_absolute_error(pred, con) # 推測と正解データ(AEの場合入力そのもの)と比較する model....


1

ちょうどCUDA Cの第一章を読み終わったところなので答えられます。 アーキテクチャ、コンピュートケイパビリティに問題は無いです。 しかし、気になるのはウィキペディアの モバイル向けの統合型プロセッサでは、Keplerアーキテクチャを採用しているNVIDIA Tegra K1以降となる。実行には専用のデバイスドライバを必要とする。 詳しいGPUサポートの現状です。 以下からドライバーを手に入れて試してみるのはいかがですか? http://www.geforce.com/drivers 自分はラプトップではないので試すことはできませんが。ご参考までに


1

AnimeFaceDatasetクラスを見てみるとread_data_targetではなくload_data_targetと定義されていますので、これで動くと思います。 dataset.load_data_target()


1

CuDNNでConvolutionアルゴリズムを使用するときにテンポラリーでGPUメモリー=workspace sizeを確保するのですが、ここのサイズが不足している可能性が高いですね。 解決策:次のコードをプログラムに追加する。 ws_size = 256*1024*1024 chainer.cuda.set_max_workspace_size(ws_size) 参考URL https://github.com/chainer/chainer/issues/3922


1

https://github.com/chainer/chainer/blob/master/chainer/functions/noise/dropout.py 上記chainerのgithubソースコード上のdropout関数の引数であるratioは デフォルト値0.5なので、「残る」のが50%と捉えても、「棄てる」のが50%と捉えても 矛盾がないため、私もしばしばどちらの意味だったのか忘れてしまいますが…… 同ソースコード上のDropoutクラスのコンストラクタ引数にあたるdropout_ratioは、 名前からして、「棄てる割合」であると覚えると、覚えやすいです。 (そしてdropout関数のratioは、そのままDropoutクラスのdropout_ratioへと渡されます) 実際、...


1

「cuda インストール済」 RuntimeError: CUDA environment is not correctly set up (see https://github.com/chainer/chainer#installation).No module named 'cupy' [直訳] CUDA環境が正しくセットアップされていません。 https://github.com/chainer/chainer#installation を参照のこと。 'cupy'モジュールがありません。 残念ながらcupyがちゃんとインストールされていないようなので、下記URLの説明に従ってCUDAのセットアップとcupyのインストールをされては如何でしょうか。  https://github....


1

短く言えば,chainer.gradを利用してください.(使用例はExample 3を参照ください.) 以下は詳細です. Q71.MSK氏の回答は誤っています.まず,通常,Variable.backward()後に,入力の勾配を取得することはできます. Example 1 import chainer from chainer import Variable from chainer import functions as F import numpy as np inp = Variable(np.array([1., 2., 3.])) intermediate = inp * 3 out = F.sum(intermediate) out.backward() print(inp.grad) ...


1

chainer.config.train は Chainer バージョン 2 からの機能であり、今回これが見つからないとエラーが出ています。このため、Chainer のバージョンを確認してください。 現在インストールされているバージョンの確認は、Chainer を Anaconda 経由でインストールした場合 conda list | grep chainer で可能です。また、pip 経由でインストールした場合 pip show chainer で可能です。 Chainer のアップグレードは、Anaconda を使うのでしたら conda install -c anaconda chainer、素の pip を使うのでしたら pip install 'chainer>=2.0.0' で可能です。


1

一旦、リストに変換します。 import numpy as np A = np.array([ [[1, 2, 3], [1, 2, 3], [1, 2, 3]], [[1, 2], [1, 2], [1, 2], [1, 2]], [[1, 2, 3, 4], [1, 2, 3, 4]]]) ## Flatten X = sum(A.tolist(), []) ## Max size l = max(map(len, X)) ## Padding B = np.array(map(lambda x: x + [0]*(l-len(x)), X)) B => array([[1, 2, 3, 0], [1, 2, 3, 0], [1, 2, ...


1

こちらの実行の直前で生成したmean.npyというファイルが0バイトとなっており、生成し直したところエラーがなく実行し始めました。


1

http://docs.chainer.org/en/stable/reference/generated/chainer.links.Classifier.html#chainer-links-classifier https://github.com/chainer/chainer/blob/v3.1.0/chainer/links/model/classifier.py#L71 L.Classifierの初期化子に与えた第1引数がpredictor属性に格納されますから、質問のソースで言うとmodel = L.Classifier(CNN.Model())のCNN.Model()の部分ですね。 convolution_model.pyの中のModelで、あなたが定義した値が出ているだけですよ。 (...


1

r[0] とすると https://github.com/chainer/chainer/blob/master/chainer/functions/array/get_item.py#L67 が呼び出されます。 GetItemというFunctionNodeが作られて、そのapplyメソッドをrを引数にして呼んだものが返ってきます。 つまり、スライスという操作をする計算ノードを作って適用した結果を返せ、という操作なので元のVariableが持っているdataを共有していないのです。 書き換えたいなら r.data[0][1]=0.0 でしょう。 CPUで実行している分には書き換わっています。GPUの場合(つまりdataがcupy.ndarrayの場合)は分かりません。 ちょっと試してみた、...


1

こんにちは。 NChainを定義して、モデルを読み込むときに損失関数が組み込まれていないため、 Updaterがバックプロップ出来ないのではないでしょうか? 具体的な損失関数はわかりませんが、例えば、softmax cross entropyで分類する場合、 model = NChain() ではなく、 model = L.Classifier(NChain()) で解決すると思います。


1

Evaluatorの引数が間違っています。 可変の引数を取るものはちゃんと引数名を指定しないと意図しない変数を渡すことになります。 self.trainer.extend(extensions.Evaluator(self.testIter, self.model, device =self.gpu))


1

dis.py というファイルがローカルにあったことが原因だった。 dis.pyは標準モジュールでchainerが依存しており、この名前のファイルがローカルにあると本来読み込みたいものが読み込めなくなる模様。


1

まず、クラス分類問題であれば、購入した人と購入しなかった人のデータが必要です。 train_iter = iterators.SerialIterator(x_train, batch_size=100) に渡すx_trainはchainer.datasets.tuple_dataset.TupleDatasetを使いましょう。 L.Classifierは入力と出力のペアをiteratorから受け取る必要があります。


1

chainer.functions.concatを使って下さい。引数axisでどの次元でconcatするかを指定できます。以下のサンプルを参考にしてみて下さい。 In [2]: x1 = chainer.Variable(numpy.array([[1, 2], [3, 4]])) In [3]: x2 = chainer.Variable(numpy.array([[5, 6], [7, 8]])) In [4]: x1.data Out[4]: array([[1, 2], [3, 4]]) In [5]: x2.data Out[5]: array([[5, 6], [7, 8]]) In [6]: chainer.functions.concat([x1, x2],...


1

chainer.functions.batch_matmulを使います。 >>> print(a*x) [[ 10. 20. 30.] [ 400. 500. 600.] [ 7000. 8000. 9000.]] >>> print(sum(a*x)) [ 7410. 8520. 9630.] >>> print(F.batch_matmul(a, x, transb=True).data) [[[ 10. 20. 30.]] [[ 400. 500. 600.]] [[ 7000. 8000. 9000.]]] >>> print(sum(F....


1

そちらはConvolution2DではなくMLPConvolution2Dですので、拡張されています。 http://docs.chainer.org/en/stable/_modules/chainer/links/connection/mlp_convolution_2d.html wscaleは重みのランダムに初期値を決める際のパラメータです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります