次のタグが付いている話題の回答:

2

短く言えば, 34 self.data = Variable(np.array(self.data,dtype=np.float32)) を 34 self.data = np.array(self.data,dtype=np.float32) とすればよいでしょう. 以下は詳細です. わかりにくかったので行をつけさせていただきました. 1 import numpy as np 2 import chainer 3 from PIL import Image 4 from chainer import cuda, Variable 5 6 class rrDataset(chainer.dataset.DatasetMixin): 7 ...


1

エラーを発生させている原因箇所がこちらで、sequential.pyのLinearクラスにおけるbiasを、biasというパラメータを受け取らないchainer.links.Linearに渡しているのが原因です。 そもそもの原因として、https://github.com/musyoku/improved-gan/ 自体のメンテナンスが2年近く前で停止しているので、当時は動いていたものの最新版のChainerでは動かない、のではないでしょうか。 修正方法として以下の2種類が考えられます。 https://github.com/musyoku/improved-gan/ 全体を最新版のChainerで動くように作り変える。 古いバージョンのChainerをインストールして、動くか確認する。


1

正解データとloss functionが与えられていないためにエラーが起きています. trainerを使わずに書くと for batch in train_iter: con = chainer.dataset.concat_examples(batch) # dataset[0], dataset[1], ...を一つのarrayに入れる con = chainer.Variable(con) # arrayをchainer.Variableに入れる pred = model(con)       #推測する loss = F.mean_absolute_error(pred, con) # 推測と正解データ(AEの場合入力そのもの)と比較する model....


1

https://github.com/chainer/chainer/blob/master/chainer/functions/noise/dropout.py 上記chainerのgithubソースコード上のdropout関数の引数であるratioは デフォルト値0.5なので、「残る」のが50%と捉えても、「棄てる」のが50%と捉えても 矛盾がないため、私もしばしばどちらの意味だったのか忘れてしまいますが…… 同ソースコード上のDropoutクラスのコンストラクタ引数にあたるdropout_ratioは、 名前からして、「棄てる割合」であると覚えると、覚えやすいです。 (そしてdropout関数のratioは、そのままDropoutクラスのdropout_ratioへと渡されます) 実際、...


1

短く言えば,chainer.gradを利用してください.(使用例はExample 3を参照ください.) 以下は詳細です. Q71.MSK氏の回答は誤っています.まず,通常,Variable.backward()後に,入力の勾配を取得することはできます. Example 1 import chainer from chainer import Variable from chainer import functions as F import numpy as np inp = Variable(np.array([1., 2., 3.])) intermediate = inp * 3 out = F.sum(intermediate) out.backward() print(inp.grad) ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります