次のタグが付いている話題の回答:

5

文言「処理時間」をどう解釈するかで話は違ってきます。 1.ジョブ投入から終了までの経過時間(その間には CPU は遊んでいるかもしれない) QueryPerformanceCounter が面倒くさくなくてよいでしょう。 GetTickCount が返す値もこっち。 2.ジョブ投入から終了までに CPU が実際に稼動している時間 cuda の処理は主に3つの段階から構成されていて - ホストメモリ->GPU へのデータ転送時間 - GPGPU の計算時間 - GPU->ホストメモリへのデータ転送時間 この間ほとんど CPU は稼動していません (DMAC ががんばってくれているわけで) 。 測定してもあまりうれしくない気がします。 clock はこっちですが解像度があまり高くないので ...


4

1次元のデータの分割方法です. 1次元配列を分割する例で示します. 長さNの配列aをMブロックに分割するとき m番目のブロックの要素が, a[i+N/M*m]で指定されるのがブロック分割, a[N/M*i+m]なのがサイクリック分割です. ここでiはどちらも0~N/M-1をとります.また簡単のためにNはMでわりきれると仮定しています. 図がわかりやすいのでのせます [0,0,0,0,0,1,1,1,1,1,2,2,2,2,2,3,3,3,3,3,4,4,4,4,4] //ブロック [0,1,2,3,4,0,1,2,3,4,0,1,2,3,4,0,1,2,3,4,0,1,2,3,4] //サイクリック N=30,M=6の場合をのせました. 上がブロック分割,下がサイクリック分割です....


4

nvccはCUDAのカーネルコード(GPU用デバイスコード)をコンパイルし、CPU用ホストコードとの連結部分(ディスパッチャー)を自動生成するための特殊なコンパイラーです。nvcc単独では意味をなしません。 CPU用ホストコードは、nvccが寄生するホストコンパイラーに渡されてコンパイルされます。Windows環境では通例ホストコンパイラーとしてVisual C++ (cl.exe) が使われます。 ホスト環境は何を使っていますか?(Visual Studioのバージョンはいくつですか?) 本来#include_nextはGCC固有のプリプロセッサなので、おそらくnvccとホストコンパイラーの連携が正しく構成されていないことが原因です。 しかし、そもそもnvccを使いたい理由は何ですか? 見たところ、...


3

質問をするときは最低限のマナーとして、まず環境に関する情報を詳しく書くようにしてください。 OS、デバイスドライバー、IDE、SDK、ライブラリなどのバージョン、ハードウェアの型番など、提示すべき情報は多岐に渡ります。 技術系メーリングリストで質問するときのパターン・ランゲージ また、現象を再現することのできる実際のコードを可能な限り提示するべきです。回答者はエスパーではありません。 OpenCVのCascade Classifierは、CPUバージョンは改良・改善が続けられているものの、GPUバージョン(CUDA実装)は同等のメンテがなされずに実装が乖離しているらしいです。おそらく現時点での最新版OpenCV 3.4.1でも状況は同じものと思われます。 Different results of ...


3

データ(通常、2次元以上の配列)を複数の計算機(複数のプロセス、複数のスレッド等の場合もある)で処理する際、データをいくつかの塊に分けて、個々の計算機がそれらを並列に処理していくのがデータ並列処理です。  ブロック分割とサイクリック分割は、塊に分ける方法の種類です。  ブロック分割は、一定の大きさの領域(ブロック)に分けていく方法です。  サイクリック分割は、1行(もしくは1列)の領域に分けていく方法です。  例として、1024x1024画素の画像を処理する場合を考えましょう。 [ブロック分割]  32x32画素をブロックとすると、元の画像は32x32個(1024個)のブロックに分けられます。 この1024個のデータブロックを個々の計算機に割り当てて並列に処理をしてゆきます。 [サイクリック分割]  ...


3

古いCMake(v3.9)を使っていて同じ現象に遭遇したことがあります。質問回答時点で最新のCMake v3.10.2を使うと問題が改善されました。


2

GeForce 930M自体はCUDAに対応しています。 CUDA Toolkitには特定のバージョンの開発者向けグラフィックスドライバーが同梱されていて、高速インストールすると勝手にそのドライバーがインストールされます。NVIDIAのグラフィックスドライバースイートには、CUDA/OpenCLドライバーも含まれています。おそらくCUDA Toolkit 7.5に同梱されているドライバーは、Windows 10とGeForce 930Mの組み合わせに対応したドライバーではないため、当該の警告メッセージが表示されてしまっているものと思われます。 CUDA Toolkit同梱のドライバーでないとCUDAアプリケーションを開発・実行できないということはまったくないので、CUDA ...


1

厳密なことを省いて概要だけを説明しますと、MatAdd<<<numBlocks, threadsPerBlock>>>(A, B, C);で渡されている、 numBlocks, threadsPerBlock分、スレッドが生成されます。この場合、N個のスレッドが生成されます。 N個のスレッドがそれぞれ、カーネルコードであるMatAdd()を実行します。つまり、 MatAdd()がN個のスレッドで個別に処理されています。 このカーネルには、スレッド固有の情報がCUDAによって付与されています。 blockDim.xはX軸のスレッドブロック数、 blockIdx.xは今実行されているスレッドのX軸のスレッドブロックのインデックス値、thread....


1

dpkg -lと実行するとシステムにインストールされているパッケージの一覧が表示されるので、cudnnをキーワードにgrepをかけてみましょう。一覧の中にパッケージのバージョンも一緒に表示されるはずです。 $ dpkg -l | grep "cudnn" インストールされているパッケージ名を確認できたら、今度はdpkg -L <Package Name>でパッケージによってインストールされたファイルの一覧を確認できます。 $ dpkg -L <Package Name>


1

公式で配布しているバイナリはGPU対応していません。CUDA対応させたいなら自前でビルドするしかないです。 下のサイトが参考になると思います。 https://jamesbowley.co.uk/build-compile-opencv-3-4-in-windows-with-cuda-9-0-and-intel-mkl-tbb/


1

CUDAを使わない方向で話が進んでいそうなので必要ないかもしれませんが、 warning C4819: ファイルは、現在のコード ページ (932) で表示できない文字を含んでいます。データの損失を防ぐために、ファイルを Unicode 形式で保存してくださ い。 cubickさんはソースコードの保存し直しを、syghさんは/wd 4819による警告の抑止を提示されていますが、Visual C++ 2015で追加された/source-charset (Set Source Character Set)オプションを設定することをお勧めします。Visual C++ではUnicode対応のため文字コードの解析が必要です(L""文字列はソースコードのバイト列そのままでなくUnicodeへ変換します)。...


1

CUDA9.1は最新のVisualStudio2017ではコンパイルできません。15.4までなので、VisualStudio2017のバージョンを確認しましょう。 15.45のインストーラーはもしかしたらもうダウンロードできないかもしれません。 VisualStudio2015なら対応していますので、14.45のインストーラーが見つけられなかったらあきらめてVisualStudio2015をを使ってください。 コンパイルエラーはヘッダーファイルのコメントにCP932で表示できない文字が入っているのが原因ですので、コメントを削除するなりUNICODEで保存しなおしたり英語環境でコンパイルすれば良いでしょう。


1

dis.py というファイルがローカルにあったことが原因だった。 dis.pyは標準モジュールでchainerが依存しており、この名前のファイルがローカルにあると本来読み込みたいものが読み込めなくなる模様。


1

ちょうどCUDA Cの第一章を読み終わったところなので答えられます。 アーキテクチャ、コンピュートケイパビリティに問題は無いです。 しかし、気になるのはウィキペディアの モバイル向けの統合型プロセッサでは、Keplerアーキテクチャを採用しているNVIDIA Tegra K1以降となる。実行には専用のデバイスドライバを必要とする。 詳しいGPUサポートの現状です。 以下からドライバーを手に入れて試してみるのはいかがですか? http://www.geforce.com/drivers 自分はラプトップではないので試すことはできませんが。ご参考までに


1

AnimeFaceDatasetクラスを見てみるとread_data_targetではなくload_data_targetと定義されていますので、これで動くと思います。 dataset.load_data_target()


1

質問者です。 皆様のご協力で、解決しました! 今後僕のような人の為に変更点を書かせて下さい。 float *v=NULL;  →  float2 *v; このようにすることで v の構造体を作成することができる。 for(i=0; i<n*n*2; i++) v[i] = (float)(i % (n-1)); //データの初期化 //↓ に変更 for(j=0; j<n; j++){for(i=0;i<n;i++){v[j*n+i] = make_cuComplex(data[j][i], jdata[j][i])}}; //データの代入 こうすることでvの構造体(x,y)に値を簡単に代入することができる。 また、取る容量をn*...


1

英語版stackoverflowで検索してみると 結構いろいろ出てきます ね。 あまりに基本的なことなので書くのも躊躇われるのですが、 nvidia のグラフィックチップ/カードが搭載された PC 上で実行していますか? またそのドライバが正しくインストールされているでしょうか? 念のため確認してみてください。 (参考: Nvcuda.dll missing?)


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります