次のタグが付いている話題の回答:

6

Python標準のrandomとnumpy.randomは、どちらも擬似乱数を生成するもので、乱数生成器としてメルセンヌツイスタ(Mersenne Twister)を使っています。メルセンヌツイスタは、高速に統計的には問題のない疑似乱数を作成することができます。ただし、線形漸化式によって生成されるため予測可能なので、セキュリティ目的で使用する場合は、secretsモジュールを使用することが推奨されています。 Python ドキュメント 9.6. random --- 擬似乱数を生成する Numpy Doc Random sampling (numpy.random) 標準のrandomもC言語で作成されているため処理速度の方も変わりません。NumpyやPandasのように配列を使う場合は、numpy....


5

多少の誤差を気にしないのであれば、ひとまず n 個のランダムな数を生成した後、正規化すれば良いです。 >>> import numpy as np >>> n = 7 >>> N = 3 >>> random_numbers = np.random.rand(n) >>> print(random_numbers) [ 0.61444461 0.44538832 0.80188737 0.57265561 0.05225624 0.07613083 0.55669533] >>> print(np.sum(random_numbers)) 3.11945832298 >>>...


4

Benchmarkerを使って試してみました。サイズ10000*7*7を10000回回した結果、 A*np.array([[B]]).T が一番早く15秒‌​ 次が内包表記の245秒(zipを使った場合が220秒) 最後が A * np.dstack(B).T で516秒でした。 とりあえず最も速かった A*numpy.array([[B]]) を使おうと思います。 ありがとうございました。


4

数値の小数点記号に,(カンマ)を使っている国もあります(参照 Wikipedia)。 Pandas のread_csvは小数点の,に対応していて、オプションでdecimal=','とすることで小数点記号が,の数値を読むことができます。今回のケースであれば、Pandas を使うと以下のように書けます。 import pandas as pd df = pd.read_csv('arena.txt', header=None, delim_whitespace=True, decimal=',')


4

SO英語版に同じ質問がありました。 import numpy as np n = 7 N = 3 answer = np.random.dirichlet(np.ones(n)) * N print("n =", answer.size) print("N =", answer.sum()) print(answer) 実行結果 n = 7 N = 3.0 [ 0.23253049 1.45542211 0.36459806 0.39199048 0.31374561 0.20020738 0.04150587] np.ones(n)に係数を掛けると乱数の分布を変えることもできるみたいです。詳しくは英語版をご覧ください。


4

こんな感じでどうでしょうか。for文は使わないようにしてみました。 import numpy as np N = 4 Z = np.zeros((N, N), dtype=int) Z += np.arange(N) Z = Z[np.eye(N, N) == 0].reshape(N, N - 1)


3

Python で計算する際に限らず数値計算一般において、逆行列を直接求めると誤差が大きくなることがあります。理論的には行列の条件数を使った解析ができ、一般に条件数が大きいと逆行列に含まれうる誤差が大きくなります。今回質問者さんが逆行列を求めたい行列の条件数は 10¹⁸ 程度とのことですが、これはとても大きいです。このため np.linalg.inv(A) で求めた逆行列に誤差が多く含まれても不思議ではありません。 そこで、数値計算を行っていて計算式の途中で逆行列が必要になった場合、それを陽には求めず LU 分解などを使って間接的に解だけ求めることがよく行われています。inv() ではなく solve() を使った方が精度が出るのはこのためです。しかし今回はそうではなく逆行列そのものが欲しいとのことですので、...


3

numpy.stdという、そのまま標準偏差を求めてくれる関数があります。 ちなみに不偏標準偏差を求めるときはddof=1にする必要があるようです。 追記(2017/10/04 22:19) axis(軸)を指定すれば、その軸に沿って標準偏差を計算してくれます。なので、配列の配列に対して、各配列の標準偏差を計算したいときは、axis=1と指定すればよいです。 >>> a = np.array([[31,19,1],[2,1,1]]) >>> np.std(a, axis=1) array([ 12.32882801, 0.47140452])


3

リンク先と同じ計算をするにはcross-correlateで計算します。 import numpy as np from scipy import signal a = np.array([ [1,2,3,4,5,6], [7,8,9,10,11,12], [13,14,15,16,17,18], [19,20,21,22,23,24], [25,26,27,28,29,30], [31,32,33,34,35,36] ]) f = np.array([ [0,1,0], [0,0,0], [0,0,0] ]) print a print f p = signal.correlate(a, f, 'same') ...


3

f3関数の戻り値がないことが原因で、値が割り当てられずnanになります。 関数の末尾に return answer を追加すると値が割り当てられます。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt def f3(x0, x1): r = 2*x0**2+x1**2 ans = r*np.exp(-r) return ans #この行を追加 xn = 9 x0 = np.linspace(-2,2,xn) x1 = np.linspace(-2,2,xn) y = np.zeros((len(x0),len(x1))) for i0 in range(xn): for i1 in range(xn): y[...


3

timeit (N=10000) で計測すると、mjyさんの回答を、以下のようにnp.zerosからnp.emptyに変更するのが一番早くなりました。260msぐらいで、他の回答より2倍以上早いです。今回のケースでは結果が全部置き換えられるのでnp.emptyを使って初期化しなくても問題ありません。 def by_np_slice2(N): nums = np.arange(0, N, dtype=np.int) result = np.empty((N, N-1), dtype=np.int) for i, a in enumerate(result): a[:i] = nums[:i] a[i:] = nums[i+1:] return ...


3

読み込んだファイルのパスをdfは保存していないので、最初にそれを変数に保存しておく必要があります。次のようなコードで、「sampleだけを抜き出して,"saveimage_"の後ろに追加している」ことを自動でできます。 from pathlib import Path import re in_file = './sample12345.csv' df = pd.read_csv(in_file, sep=',', encoding="UTF-8") # pathlibのstemを使ってパス要素の末尾から拡張子を除いたものを取得して、正規表現を使って後部にある数字を除外 p = Path(in_file) m = re.search(r'(.*\D)\d*$', p.stem) stem_name = m....


3

inputは文字列(str)を受け取っているので、整数(int)と比較するとすべてNGになります。 if int(input("関係性がある場合…以下略"))==1: という風に整数に変換すれば入力値にちゃんと反応するようになります。 もし配列(basic_matrix)の中身と比較したいのであれば、 print(basic_matrix ==1) 上記をfor文の外に書いてやれば配列の形のまま、合致するものをTrue、そうでないものをFalseで返します。↓ [[ True False False False False] [False True False False False] [False False True False False] [False False False ...


3

x_2 と y_2 のサイズが異なることが原因です( print(len(x_2), len(y_2)) と実行すると、それぞれ460, 0と表示されます)。おそらく、以下の部分で誤記しているようです。 if y[0] > y[1]: x_1.append(x[0]) y_1.append(x[1]) else: x_2.append(x[0]) x_2.append(x[1]) # <- y_2.append では?


3

1案ですが、numpy.einsumを使って以下のようにするのはどうでしょうか。 計算結果の形式がarrayのlistではなく、多次元のarrayにはなりますが。 (以下のコードのnew_dat0は元のコードのdat0をnp.array()で型変換したものと等しいはずです)。 def main(): start = t.time() x = np.array(xyz[:, :, 0]) y = np.array(xyz[:, :, 1]) z = np.array(xyz[:, :, 2]) cvec = vec[:, :] p0 = np.array([x.T, y.T, z.T]) p0 = [p0[:, i, :] for i in ...


2

csv ファイルは値がコンマで区切られているので、delimiter にコンマを指定すればいいです。 data1=np.genfromtxt('./ozon_sheet.csv', delimiter=',') 指定しないと空白やタブが区切りに使われるので、csv では思った通りに読み込んでくれません。 ちなみに、csv ファイルの最初の行がヘッダで、カラム名として使いたい場合は names を、単に読み飛ばしたい場合は skip_header を使います。 data1=np.genfromtxt('./ozon_sheet.csv', delimiter=',', names=True) data1=np.genfromtxt('./ozon_sheet.csv', delimiter=',', ...


2

mklありのnumpyをインストールする必要があるのではないでしょうか http://www.lfd.uci.edu/~gohlke/pythonlibs/#numpy


2

im_maskのshapeは(height,width)ですがmaskのshapeはRGB画像であれば(height,width,3)となるのでshapeがあっていないというエラーです。im_maskにチャンネル次元をもつように修正します。例えば以下のような感じです hight = im_bg.shape[0] width = im_bg.shape[1] channel = im_bg.shape[2] # 背景画像と同じサイズの配列生成 im_mask = np.zeros((hight, width, channel), np.uint8)


2

x が数のとき、numpy.exp(x) は e の x 乗を返します。 e は自然対数の底と呼ばれる数で、大体 2.7 くらいです。なのでたとえば、numpy.exp(0.3) を計算すると e0.3 ≒ 2.70.3 ≒ 1.3 くらいの数になります。 x が配列やリストのとき、numpy.exp(x) は x のそれぞれの要素に対して exp を計算し、結果を同じく配列やリストで返します。 ですから、numpy.exp(numpy.array([0.3, 2.9, 4.0])) は [ e0.3, e2.9, e4.0 ] を計算することになり、これを小数に直すと [ 1.3…, 18.1…, 54.5… ] になります。 より詳しくは、 numpy.exp のマニュアルをご覧ください。


2

他にもやり方がありそうですが、求めたい総和を乱数の範囲として、乱数をその範囲の上限と下限を除いたものの中から、n-2個出して、上限と下限を含むものに加えて小さい数から大きい数へソートした後、numpy.arrayに入っている小さい方から隣り合った項の差を加えていくと求めたい値が出るはずです。 import numpy as np, numpy.random // N = 3 総和を3とする、つまり以下では乱数が出る範囲を3とする. 以下では下限が0.0、上限が3.0。np.random.uniformは上限の値は出力しないはず。 // n = 6 要素の数を 6つとする。 values = numpy.array([0.0, N]); x = np.random.uniform(0.0, N,size= ...


2

jupyter notebook を使うとコードの実行時間を簡単に計ることができます。 numpyの配列を使った方が遥かに速いです。 n = 1000000 %timeit xs = [i for i in range(n)] 10 loops, best of 3: 70.3 ms per loop %timeit xs = [None] * n 100 loops, best of 3: 3.49 ms per loop import numpy as np %timeit a = np.arange(n) 1000 loops, best of 3: 1.08 ms per loop %timeit a = np.zeros(n) The slowest run took 5.87 times ...


2

コメントを頂いた通り、符号の判定で解決できる問題でした。 お手数をおかけしました。ありがとうございます。


2

a を辞書型に格納して検索した場合に上手くいかないのは、bを四捨五入すると最初の四捨五入と両方で切り上げ又は切り捨てになってしまって1回の四捨五入であるaと同じ数字にならないためです。例えば、0.0000014996は、aでは0.000001になりますが、bでは0.000001500になりそれを四捨五入すると0.000002になります。 こういうケースが発生するのは、bで小数点7桁以下が500になる場合です。そのケースだけ、切り捨てになる場合と切り上げになる場合の両方で辞書を検索してやれば、どちらかで検索が一致するはずです。それで次のような式で計算できます。 def func(a, b): delta = np.array([-0.0000000001, 0.0000000001]) ...


2

生Pythonではなく、Numpyを使うようにしてから、NumbaかCythonを使うようにすると30倍以上高速化します。途中までは、nekketsuuu♦さんの回答にある IPython での実装とほぼ同じだったので省略して、追加部分のみ書いておきます。 Numbaの方は事前コンパイルが必要でないので手軽に使えます。 import numba @numba.jit def search_numba(a, b): last = 0 result = np.full(len_b, -1) for i in range(len_b): for j in range(last, len_a): if a[j] == b[i]: ...


2

NumPy だけでやる場合、配列の要素に対して処理する際に last をグローバル変数として保持しておきながら高速に処理する方法を思い付けませんでした。numpy.vectorize や numpy.ufunc.reduce を使ってできないかと思ったのですが、上手く行きませんでした。また、NumPy 1.14.0 には「配列から、ある要素が含まれる最初のインデックスだけを出力する」という関数が未だに無いので、a がソートされていない場合は NumPy のみでは素早い実行ができなさそうです。 代わりに Cython を使って高速化することはできたので、参考までに IPython での実装を共有いたします。こちらの環境では生 Python での実装に比べ 4 倍ほど速く実行されました。 In [1]: ...


2

スライスを使う例です。 for ループを少しでも速くするために、ループ内で使う変数のスコープを出来るだけ小さくしています(つまり小さな関数の中に入れています)。 def by_np_slice(): nums = np.arange(0, N, dtype=np.int) result = np.zeros([N, N-1], dtype=np.int) for i, a in enumerate(result): a[:i] = nums[:i] a[i:] = nums[i+1:] return result 質問の出力例、 Z = [[1 2 3 ... N] 中略 [0 1 2 ... N-1]] は、 Z = [[1 2 3 ...


2

こっちのほうがちょっとだけ速そう mask = np.tile([False] + [True] * N, N) x = np.tile(np.arange(N), N) x = x[mask[:N*N]].reshape(N, N-1)


2

metropolis さまにご教授頂いたコードを参考に、問題の解決ができました。 ポイントとして、numpyのconcatenateを用いて配列を連結してからPDFを作成するということでした。 https://github.com/red-cheese/kl-divergence/blob/master/KLdiv.py


2

質問にあるエラーは、numpyが使用する数値演算ライブラリーがインストールされていないため発生しているように思われます。numpyをpipでインストールしたのであれば、libblas3, liblapack3, libc6をインストールしてみてください。 sudo apt-get install libblas3 liblapack3 libc6 もし、それでも同じエラーが出るのであれば、仮想環境を作成してインストールしてみてください。 sudo apt-get install python3.4-venv python3 -m venv env source env/bin/activate pip install numpy opencv-python


2

NumPy では Python の添え字記法を拡張して使えるようにしており、ある軸の要素を全部取りたいときは : を指定すれば取ることができます。 実行例: >>> import numpy as np >>> arr = np.zeros((72, 12, 10, 4501)) >>> arr.shape (72, 12, 10, 4501) >>> arr1 = arr[:, 5, :, :] # 試しに 5 番目の行を取ってきてみます >>> arr1.shape (72, 10, 4501) より詳しい使い方については、NumPy ドキュメントの Indexing に書かれています。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります