次のタグが付いている話題の回答:

3

本家SOで似た症状に困っていたが解決した人がいました. https://stackoverflow.com/questions/25750961/tweepy-importerror-cannot-import-name-random この人によると,同じディレクトリ内にrandom.pyという名前のファイルを置いていて,それを意図せず代わりにimportしていたのが原因だったとのことでした. チェックしてみてください.


2

このデータの分析は、Kaggleの初心者向けの有名な課題「Titanic : Machine Learning from Disaster」のタイタニック号の乗客の生存予測とよく似ているので、タイタニック号のデータを使って、ロジスティック回帰分析を簡単にやってみると次のようになります。まず、データマイニングをします。Pclassは、船室の等級で1等、2等、3等があって1等が上級です。 import numpy as np import pandas as pd from sklearn.linear_model import LogisticRegression def load_file_train(): train_df = pd.read_csv("../input/train.csv") ...


2

このスクリプトは自分自身を import しようとしています。 sklearn という外部のライブラリから import する意図で、from sklearn と書かれていますが、自分のファイル名も sklearn.py なために自分を読み込んでしまうのです。 ファイル名を変更しましょう。 追記: モジュールがどこのファイルから import されているか確認するには、例えば以下のようにします。 import sklearn print(sklearn.__file__)


1

しばらく調べた結果、質問の主題である「特徴量として使えるデータを見つける方法」というのは次元数が少ない場合や各次元の特徴が分かっている場合は分類の目的に応じて人力で行い、次元数が非常に多い場合は特徴選択という手法が処理が用いられるようです。 特徴選択 - Wikipedia フィルター法:目的変数と各特徴量との情報ゲインなどの,特徴の良さの規準を使って選択する. ラッパー法:特徴量の部分集合を使って実際に学習アルゴリズムを適用し,交差確認法などで求めた汎化誤差を最小にする特徴量の部分集合を選択する. 特徴選択 - 機械学習の「朱鷺の杜Wiki」 また、「単位が異なるので単純に比較できない」という点については、同じ次元同士でクラスタリングを行う限り、問題が無いように思います。 ...


1

pca = PCA() pca.fit(imgAry) # この処理で内部に計算結果を格納してる模様 pca_res = pca.transform(imgAry) restoredImgAry = pca.inverse_transform(pca_res) でimgAryを少量の誤差で復元することが可能です。これは元の画像を224列のデータとみなして主成分分析を行い、特に次元数を圧縮していないものになります。 尚、どの程度まで次元を圧縮してよいのかについては計算後 pca.explained_variance_ratio_ で調べることができます。(いわゆる各主成分の寄与率に相当します。) 試しにn_components=5などと明示して計算後に sum(pca....


1

単純にscipyをインストールしていなかっただけでした。すいませんでした。


1

それぞれ base_estimator 基となる推定器 n_estimators 基となる推定器の数 max_samples 各推定器を訓練する時に用いるサンプル数 max_features 各推定器を訓練する時に用いる特徴量の数 になります。 ただし、max_samplesとmax_featuresは、intの場合とfloatの場合で意味が変わります。intで与えた場合は絶対数を、floatで与えた場合は全体に対する割合を指します。 より詳しい情報は公式ドキュメントをご覧ください。 また、上記理解が正しい場合、さらに以下の疑問があります。 max_samples=1のとき全体が抽出されるので、自動的に特徴量もmax_features=1になるような気がしており、...


1

NumPyとPandasの有効桁数の違いが原因だと思います。 のび太と学ぶ「機械学習」【第3話】完成:FX予測プログラム(線形回帰版) https://qiita.com/sugulu/items/5c1b03cd445f27fd3e28 はNumPyデータでregressionしていますが、こちらのコードはPandasで実行されています。 Linear Regressionは、擬似逆行列を計算するので、有効桁数の差で少し結果が異なるのだと思います。 それ以外には、実際に実行してチェックしてみましたが、オリジナルと違いはありませんでした。


1

1. について Pythonではimport <モジュール名>とすると、<モジュール名>.<モジュール内で定義された名前>という形でアクセスできるようになります。もし一番目のコードのようにモジュール名を省略したいのであれば、from <モジュール名> import <モジュール内で定義された名前>と書く必要があります。 2.について こちらは動かしてみたわけでもないので自信が無いですが、 挙げられたドキュメントの以下の記述 Notes All estimators should specify all the parameters that can be set at the class level in their init as ...


1

ファイル名をrandom.pyから他のものに変更してください。 エラーログを詳細に読むと、randomをimportしようとした所でライブラリのrandomではなく自分自身をimportしようとしています。 類似の質問: "Tweepy: ImportError: cannot import name Random" (本家StackOverflowより。「sklearn cannot import name」などでググっているとでてきました。) (註: この回答はコメント1、2を参考にした回答です。詳しくはメタポスト「コメントで解決済みとなった質問の事後処理」をご覧ください)


1

クラス比例を保ちながら分割するにはStratifiedShuffleSplitを使用して下さい。


1

学習データのベクトル化と、新しいデータのベクトル化は独立した操作なので、必ずしもfit_transform()を呼び出してからtransform()を呼びなさないといけないわけではありません。fit_transform()で作られたベクトルをディスクに保存しておけば、後からロードすることができます。 vectorizedの型はscipy.sparse.csr.csr_matrixなので.toarray()でnumpyの形式に変換してから保存すればいいと思います。復元はその逆の操作になります。 import numpy import scipy.sparse.csr # vectorizedはgithubの例にあるようにvectorizer.fit_transform(...)で得られたもの # 保存 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります