質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

4

playerがランダムアクションする確率をexploration=0.1としているようですが,ここが最初から0.1という小さい値で固定されているのがおかしいと思います. 最初からepsilonが小さいとまだ学習していないモデルがたまたま取るアクションについてばかり経験が蓄積されてしまい,学習がうまく進みません. 最初の方は様々なアクションを試して経験を貯め,後の方は学習したモデルで収益を最大化するために,最初はexploration=1.0から始めて特定の値になるまで徐々に減らしていく(例えば,0.1になるまでアクションする度に0.00001ずつ減らしていく)という手法,いわゆるepsilon-greedyがDQNの実装ではよく用いられているようです(実装が簡単だし効果もあるので). 紹介されている「...


4

(5,5)を入力するのはサンプルで、本当にやりたいのは麻雀の手持ち14牌×種類数34であることは理解しました。 まずコードの方はご提示のコードで何が不都合なのでしょうか? エラーが出るのでしょうか?訓練が進まないのでしょうか? また、サンプルの例の方にしてもやはり学習データと答えの関連がないように思えます。 (5,5)に設定する場合は、例えばスートがなく数字が1~5しかないトランプでポーカーをした場合に何を捨てるかという問題にできますが、ご提示の例ですと [1,2,2,3,5]と持っていた場合2を捨てるのが正解 [1,3,3,4,5]と持っていた場合4を捨てるのが正解 と法則がないように思えます。(前者がストレート狙いで、後者がスリーカード狙い?...


4

optimizer = tf.train.AdamOptimizer(learning_rate=learning_rate) grad, var = optimizer.compute_gradients(cost) train_op = optimizer.apply_gradients([grad, var]) のようにすると grad として勾配を取り出すことができます。


3

tensorflowの変数は, いわゆる変数ではなくtensorflowのセッション中の操作を指し示すものです. まずxはsess.run(train_step, feed_dict={x: batch_xs, y_: batch_ys})のようにtensorflowのセッションにわたされた入力(この場合batch_xs)が代入される変数を表わしているので,セッッション外では値はありません.またyはx,W,bにたいする操作なので値はきまりません.bとWセッション内でbやWの値をわたす操作を表わしているため,セッションにこの操作を評価させれば以下のように表示できます. print sess.run(W) print sess.run(b)


2

tf.argmax()を使うことでそのtensorlの最大値が入っているindexを得ることができます。(例の答えの場合1が得られます) tf.equal()を使うことで要素が一致するindexにTrueが入ったtensorを得ることが出来ます。 tf.where()にてTrueとなるindexの位置を得ることが出来ます。 例の場合入力データをx 答えデータをy とすると tf.equal(tf.argmax(x,1),tf.argmax(y,0)) とすることで array([False, True, True, False, False] というtensorが得ることが出来。 tf.where(tf.equal(tf.argmax(x,1),tf.argmax(y,0))) とすることで ...


2

ここでいうバッチは、処理されるデータの「ひとまとまり」を指してます。バッチサイズ=データサイズ、です。コンピュータ用語での「バッチ」は処理のほうを指すのが一般的で、処理される方を指して言うのはあまり一般的な用法では無いと思います。 バッチは一般的な用語で、計算機分野以外でも使われます。「JCO臨界事故」(俗に「バケツでウラン」事故)でも、バケツ一杯分の原料やそれを処理することを1バッチ、と表現してました。そもそも辞書を見ると「パンや陶器など一焼き分、一窯分」なんて書いてあります。


2

https://www.tensorflow.org/api_docs/python/tf/nn/conv2d_transpose deconvolution直訳で逆畳み込み処理となり 乱暴な言い方をすると畳み込みの逆の操作を行います。 例えばご提示のページでNo padding, no stridesは4x4の画像を2x2に畳み込んでいますが No padding, no strides, transposedは上記の逆の操作、2x2を4x4に戻しているとイメージしていただければ良いと思います。 実際通常の畳み込みとtransposedの動作は元画像と結果画像が逆になっているのが見て取れるかと思います。 paddingの動作も上記逆の操作を満たすように付与されるものとなります。


2

W_conv1 = weight_variable([4, 1, 128, 256]) ですが、これはフィルターを指定している箇所で [filter_height * filter_width * in_channels, output_channels]になります。 なので、4*128pxで、見たところカラー画像なのでチャネルは3 W_conv1 = weight_variable([4, 128, 3, 32]) のようになるかと思います。 その他の部分もサイズの指定が間違っているっぽいです。 詳しくはtensorflowのドキュメントをどうぞ。 https://www.tensorflow.org/versions/r0.7/api_docs/python/nn.html#conv2d


2

git hubに投稿したissueにRandy Voetさんから下記回答メールきました。 これから、詳細確認予定ですが、なんとかなりそうです。 I had the same issue and fixed it by swapping prepare_dirs and setup_tensorflow in the _train and _demo functions of srez_main.py (sorry, no pull request yet for this). It seems that the creation of the FileWriter in setup_tensorflow causes a file to be created in the train folder, ...


2

xの定義は IMG_PIXELS = IMG_SIZE * IMG_SIZE * COLOR_CHANNELS # 画像のサイズ*RGB x = tf.placeholder(tf.float32, shape=[None, IMG_PIXELS]) となっておりますので、feedで与えるべきデータは(?, 28*28*3)の形である必要があります。 batchをどのように取ってきているのかはご提示のコードからではわかりませんが、 ログから見るに色情報なしのデータ(28*28のみ)がflattenされたものを与えている物と思います。 "このコードに合わせるなら"28*28*3のflattenデータを与えなければ動作しません。 ただし、通常は色情報を含めてまであまりflattenしないと思います。 tf....


2

x = tf.Variable(0) y = tf.Variable([0] * 3) def fun(i): step = tf.assign_add(x, 1) assign = tf.assign(y[i], step) with tf.control_dependencies([assign]): return i + 1 with tf.Session() as sess: tf.global_variables_initializer().run() result = tf.while_loop(lambda i: i<3, fun, [0]) sess.run(result) print(y.eval()) ...


2

エラーの内容からすると、libhdf5-serial のライブラリーがないということなので、それをインストールしてみてください。 Ubuntuであれば、以下のコマンドでインストールできます。 sudo apt-get install libhdf5-serial-dev


2

質問については、以下のエラーが出ているので、 bunzip2: Can't open input file /Users/keisuke/anaconda3/pkgs/pandoc-1.19.2.1-ha5e8f32_1.tar.bz2: Permission denied. 次ののコマンドで該当ファイルの所有者とパーミッションを調べて、適正なものに修正してみてください。 ls -l ~/anaconda3/pkgs/pandoc-1.19.2.1-ha5e8f32_1.tar.bz2 また、以下のコマンドで解凍できるか確認してみてください。 bunzip2 ~/anaconda3/pkgs/pandoc-1.19.2.1-ha5e8f32_1.tar.bz2 質問の後半のpip install ...


2

放置する 出ているのはエラーではなく、「将来的には問題が起こります」というお知らせ(Warning) ですから、とりあえず無視してもかまいません。非推奨になっているだけで、動作しない訳ではありませんから。  そのうち、Tensolflowの新しいバージョンが提供されて、問題は解決するだろうと思います。 pandasをupgradeすることで解決したとの記事がありました。 TensorFlowをPython 3.6.4で入れてSyntaxErrorになった。 Warningが出るのが気になるなら、試してみてはどうでしょう。


2

TypeError: Tensors in list passed to 'values' of 'ConcatV2' Op have types [int32, int32, float32] that don't all match (直訳: 型のエラー ConcatV2' Op の値に渡されている list内のテンソルは、[int32, int32, float32]という型を持っている。 (テンソルの値は全部が同じ型でないといけないのに)型が一致していない!  というのが、エラーの内容です。  listを作っているところで、int32の値とfloat32の値を混用しているのがエラーの原因だ指摘されている訳ですから、そういう視点でコードを見直すと問題の箇所が見つけやすいだろうと思います。


2

変数がfeedされるというのは、「Tensorに値がセットされる」という意味でしょうか? 1と2で差があらわれる例を示していただいた方が、疑問点がわかりやすいです。 Tensorflowの動作としては、 0. 計算グラフが構築される 1. sess.runが実行される 2. placeholder xに値がセットされる 3. tf.addが計算される という順序になります。


2

コメント欄でobject detectionについて言及されていますが、 「画像の中に映るこの部分は犬だ」ではなく 「この画像は犬の画像だ」だけで良いのならばobject detectionは必要ありません。 このような問題の場合畳み込みニューラルネットワークを使用することになり TensorFlow上にチュートリアルが用意されています。 https://www.tensorflow.org/tutorials/ チュートリアルはMNISTと呼ばれる基本中の基本の画像分類問題になりますので、 犬,猫の様な複雑な画像の場合は精度は良くならないかと思います、 出来合いのモデルも用意されていますのでチュートリアルで理解を得たら以下を参照してみてください。 https://www.tensorflow.org/...


1

?の箇所が可変ということ以前に、 inputsはrank3で,wはrank2ですので?部分が固定値だとしてもmatmulは使用できないかと思います。 期待されている形がイメージ出来ていないので検討外れの回答かもしれませんが inputsのbatch毎にwとmatmulした結果を得たいということであれば、以下でどうでしょうか m = tf.map_fn(lambda x:tf.matmul(x,w), inputs)


1

validation_metricsを以下のように定義することで動作しました。 validation_metrics = { "accuracy": tf.contrib.learn.metric_spec.MetricSpec( metric_fn=tf.contrib.metrics.streaming_accuracy, prediction_key=tf.contrib.learn.prediction_key.PredictionKey. CLASSES), "precision": tf.contrib.learn.metric_spec.MetricSpec( ...


1

tensorflowのprintデバッグは、このスライドが参考になると思います。 具体的には、session.runの引数に重みWのテンソルを指定して出力を得る、という手順です。 mnist = input_data.read_data_sets(FLAGS.data_dir, one_hot=True) x = tf.placeholder(tf.float32, [None, 784]) W = tf.Variable(tf.zeros([784, 10])) b = tf.Variable(tf.zeros([10])) y = tf.matmul(x, W) + b cross_entropy = tf.reduce_mean( tf.nn....


1

バッチ(Batch)は、計算機処理の用語です。 計算機で処理をするやり方は、大きく分けて次の2種類になります。 a) データを揃えておいて一気にプログラム処理をする b) オペレータがプログラムからの出力に応じて、データなどを入力しながら処理をすすめる バッチ(バッチ処理)はa)のやり方です。 b)のほうはインタラクティブ処理とかリアルタイム処理とか呼ばれます。 Windows等で一連のコマンドを実行するためのファイルの拡張子は".bat"ですが、Batchに由来します。 == 質問のコードに出てくる batchは、複数のデータに対して同じ処理を一気に行う事を意味すると推測されます。 batch_size=len(x_vals_test) は、...


1

mnistのデータセットは下記のようなnumpy形式になっていますので、お持ちのデータも 同じように[データ数, 画像幅x画像高さ]と[データ数, one hot vector]として まとめれば実行できると思います。 mnistではデータ数が55000 画像幅x画像高さが784(28x28なので)、 one hot vectorが10(0から9までの10クラス分類なので)となってます。 In [1]: from tensorflow.examples.tutorials.mnist import input_data In [2]: mnist = input_data.read_data_sets('MNIST_data', one_hot=True) Extracting MNIST_data/...


1

PILはもうメンテナンスされていない(からバージョンが合わずエラーになる)ので、フォークライブラリのPillowをインストールしましょう。 pip install Pillow https://pypi.python.org/pypi/Pillow/4.2.1


1

解決したようなのでコメントより転記します。 単純にtensorflowがインストールされていない、または仮想環境で読み取れないときに質問のエラーが出ます。 pytho‌​nコンソールではなく通常のコンソールでp‌​ip install tensorflowを実行すると正しく動作する可能性があります。


1

train_dataのみで学習と精度の上昇具合を繰り返している状態ですと、 train_data内でのデータに関してはもしかしたら100%の精度を保てるかもしれませんが、 実際にはtrain_data以外のデータでも学習されたモデルで精度が確保される状態にする必要があります。 ここで質問者様がおっしゃられている「バリデーションを行うべき」とは 「学習に使用したデータ以外でaccuracyを見てみるべき」という意味かと認識しました。 そちらに関してはすでに下記のコードでtrain_dataとは別のデータを使い精度を出していることである意味実現できていますし # コストと精度を出力 train_loss, train_acc = sess.run([loss, ...


1

「うまくいかない」の内容がわからないです。エラー? それ以外? 例えば from (クラスを定義したファイル) import SingleCNN, mnist cnn = SingleCNN(16, 1024) cnn.saver.restore(cnn.sess, "(モデルを保存したディレクトリ)/model.ckpt") print('Accuracy: %f' % (cnn.sess.run(cnn.accuracy, feed_dict={cnn.x: mnist.test.images, cnn.t: mnist.test.labels}))) としたら 最後に保存したモデルの Accuracy が出ることは確認できました。 インデントが妙なところは直しましたが。 (...


1

マルチポスト先の記事を拝見致しました。 https://teratail.com/questions/80320 t‌​ensorboad --logdir=/path/to/log /path/to/logはそのまま打つのではなくあなたの環境のログ保存位置を指定する必要があります。 つまり os.path.dirname("__file__")ですのでscript実行位置の下のlogフォルダです。


1

shuffle_batch()関数にて実現できます。 https://www.tensorflow.org/api_docs/python/tf/train/shuffle_batch 使用方法は以下に記載があります。 https://www.tensorflow.org/programmers_guide/reading_data example_batch, label_batch = tf.train.shuffle_batch( [example, label], batch_size=batch_size, capacity=capacity, min_after_dequeue=min_after_dequeue)


1

下記にてログにも出していただいていますが (176, 4, 4, 512) #print(train_data.shape)の値 入力の数(bottleneck_features_train.npyから読み込まれたtrain_data)が176なのに対し、ラベルの数(train_labels)が180個を期待しているようです。 入力の数とラベルの数をあわせるようにお願いします。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります