次のタグが付いている話題の回答:

4

調べた結果、Jupyter notebookでは明示的に印刷時に白黒になるように設定されているようです。 python - Printing iPython Notebook preview in color? - Stack Overflow Color printing should be an option (or should be the default?) · Issue #840 · jupyter/notebook そして、2つの解決策があります。 HTMLとして出力して、 @media print の中の !important;color:#000 という部分を削除し、それをブラウザで開き直して印刷する プリンタ設定のモノクロ化する部分を無理やり削除する方法になります。 ...


3

Docker は「ふたつのコンテナイメージを足す」ことはできません。「あるコンテナイメージを元に追記していく」という直感の方が合っています。 Jupyter Notebook は前提として Python がインストールされていないと動きません。このため、設計としては: Python 2 イメージの上に Jupyter Notebook をインストールしたイメージ Python 3 イメージの上に Jupyter Notebook をインストールしたイメージ のふたつを用意して使い分ける形が素朴に思いつきます。 また、Jupyter Notebook は Python 2 kernel と Python 3 kernel を同居させることもできるので、用意したい環境がさほど複雑でないなら、 Python ...


3

Jupyter notebookでは不可能ですが、後継であるJupyterlabでは可能なようです。 Using tabs in Jupyter notebook cells · Issue #10423 · ipython/ipython Using tabs in Jupyter notebook cells (re-open #10423) · Issue #10994 · ipython/ipython jupyterlab allows you to choose whether indent is done with space or tab.


3

ファイル名を data1.txt から data100.txt まで繰り返すには、str.format() 関数が使えます。たとえば変数 i が 1 から 100 まで繰り返すとき、'data{}.txt'.format(i) と書くと data1.txt から data100.txt までを繰り返せます。 また、読み込んだ 100 個のファイルデータをそれぞれ格納するには、長さが 100 のリストを作る方が良いでしょう。data1 から data100 までの 100 個の変数を作るのではなく、data という変数を作り data[0] から data[99] までで参照できるようにしよう、ということです。 これらを踏まえ、たとえば下のように書けます。 data = [None] * 100 for i ...


3

英語版に同じような質問があります。 Keep Jupyter notebook running after closing browser tab それによると、ブラウザーを閉じても計算は続けるけど、出力先が無くなってしまうので結果が出力されないためだそうです。 最も簡単な解決方法は、%%captureというセルマジックを使って、stdout, stderr, IPython のdisplay() callsをキャプチャーすることだそうです。 %%capture output # 以下に時間のかかるコードを書く そうすると出力はすべてoutputという変数に保存されるので、再接続後に次のコマンドですべての出力が表示できるそうです。 output.show()


3

完全な名前で IPython.display と書いた時これはモジュール、つまりIPythonという名前のパッケージに束縛されているdisplayという名前のモジュールを指します。 完全な名前で IPython.display.display と書いた時これは関数、つまりIPython.displayという名前のモジュールに束縛されているdisplayという名前の関数を指します。 from IPython import displayと書いたあと、displayという名前はIPython.displayというモジュールを指します。だから display(...) と呼び出すことはできません。 from IPython.display import displayと書いたあと、...


2

jupyter notebookを使用している場合、出力先はipythonになります。 import sys, io sys.stdout 上のコードを実行すると <ipykernel.iostream.OutStream at 0xXXXXXXXXXXXX> というようになります。 jupyter notebookへの出力でコード変換をするとすれば、下のようなコードになると思うのですが sys.stdout = ipykernel.iostream.OutStream(encoding='utf-8') 以下のようなエラーになってしまいます。 -----------------------------------------------------------------------...


2

例えばここのHP http://pythonhow.com/data-analysis-with-python-pandas/ 上に置いてある。http://pythonhow.com/wp-content/uploads/2016/01/Income.csvをダウンロードして、デスクトップに保存して、次のコマンドをjupyter notebookで打ち込むと import os os.path.isfile('/Users/user/Desktop/Income.csv') もし、Trueと出ればそこのディレクトリに保存されてあるので、次のコマンドを打ち込めば、 import pandas as pd df1=pd.read_csv('C:/Users/user/Desktop/Income.csv') ...


2

Jupyter Notebookは、変数以外にもキャッシュしているものがあります。出力(Out)は間違いなくキャッシュしています。変数を出力した場合、その変数をキャシュしていると思われ、サイズの大きなものを出力した場合はそれがキャッシュに残ってしまうので、メモリ不足になりやすいと思われます。 例をあげると、Jupyter Notebookでは、memory_profilerというパッケージを使うとメモリの消費量を測定できます。memory_profilerをインストールできていない場合は、まずインストールしておきます。 pip install memory_profiler 次のようなコードを実行させると、メモリーは回収できます。 %load_ext memory_profiler import ...


2

Jupyterでテキストファイルを作成する方法 Jupyter には Notebook(ipynb形式)ではないテキストファイルを作成・編集する方法もあるようです。書籍はこれを前提としているかも知れないので、既にある回答 の補足とします。 新規にNotebookではないファイルを作成する際は、Notebook: ではなく Other: から Text File を選択します。 上のようにテキストファイルを作成するか、既存のテキストファイルをクリックすると編集画面に移ります。Notebook を開いた際とは画面構成が異なるので、区別できると思います。 (操作方法やスクリーンショットはJupyter 4.4.0 のものです)


2

これをstrdict.pyとjupyter notebookのファイルに保存して、 ここが違っています。 Jupyter Notebook上で作れるのは、ipynb形式のファイルです。 strdict.py を作るにはJupyter Notebook以外のテキストエディタ等を使って作ってみて下さい。 もうすこし詳しく書くと、Jupyter Notebookの保存形式 ipynb の中身はjsonフォーマットです。これをPythonのimport文で読み込もうとすると、PythonがPythonの文法としてjsonフォーマットを解釈しようとします。Pythonの文法や組み込み変数に null は存在しないので、 NameError: name 'null' is not defined ...


2

Docker コンテナ内部で起動している Jupyter Notebook へローカルマシンからポート経由でアクセスしようとしている場合、コンテナ内部のポートとローカルマシンのポートを繋ぐことが必要です。 たとえば Jupyter 公式が配布している jupyter/scipy-notebook イメージでは起動時に -p オプションを使って以下のような起動の仕方をすると書かれています。 docker run -p 8888:8888 jupyter/scipy-notebook:2c80cf3537ca 質問者さんが自作なさっているイメージがどのようなものか分かりませんが、少なくともポートは公開するようにしておかないとコンテナ内部へポート経由でアクセスすることはできないはずです。


2

jupyter notebookの拡張機能であるTable of Contentsは、最近の修正でそのように変更されたと思われます。 歯車のボタン(ToC Settings)をクリックするとダイアログの中にn(number headings)とr(ToC cell)のボタンの機能が含まれています。ページ毎に設定できるようなったので、以前のように頻繁にクリックすることはないだろうという判断だと思います。


2

エラーメッセージ「No such file or directory: 'C:/Clustering2/human_origin/img_136'」 [直訳] 'C:/Clustering2/human_origin/img_136'というファイルもしくはディレクトリはありません という内容ですから、「用意した画像に問題がある」のではなく、「用意した画像のファイルに問題(ファイル名が違っている、違うディレクトリに置いている等々)がある」と考えてください。 nekketsuuu氏がコメントしているように、質問のコード中には、"C:/Clustering/"で始まるファイルパスしか書かれていないのですから、'C:/Clustering2/human_origin/img_136'に関したエラーが発生するのは変です。...


2

公式ドキュメントによると、以下のコードをブラウザのJavascriptコンソールで実行するとインデント幅を変更できるようです。 var cell = Jupyter.notebook.get_selected_cell(); var config = cell.config; var patch = { CodeCell:{ cm_config:{indentUnit:4} } } config.update(patch)


2

Code ソースコードを記載する部分です。 Markdown ソースコードではない一般の文章を記載する部分で、Markdown記法が利用可能です。 Raw NBConvert Markdown ではない 文章を記載する部分のようです。ドキュメントでの言及を見つけられませんでした。NBSphinx関連に記載があるかもしれません。 Heading ヘッダー(見出し)です。 https://jupyter-notebook.readthedocs.io/en/stable/examples/Notebook/Working%20With%20Markdown%20Cells.html


2

タブごとの印刷機能については、現在Issueとして上がっているもののまだ実装されていないようです。 Make any tab printable by itself · Issue #822 · jupyterlab/jupyterlab Handle printing of documents in browser · Issue #1314 · jupyterlab/jupyterlab このため、ノートブック部分以外(メニューバーなどのUI)が含まれる形式で印刷していただくか、一旦PDFなどの形式にエクスポートして印刷する必要があります。


2

jupyter notebookでは、はじめにホームディレクトリが開かれている状態ですが、 そこで新しいPythonファイルを作成していました… (jupyter notebookの)ホームディレクトリから、./matplotlib/matplotlibrcを開き、そこで新しくPythonファイルを開きます。 そして、まず pip install japanize-matplotlib でパッケージをインストールします。 次に import matplotlib.pyplot as plt import japanize_matplotlib と打ったところ、フォントファミリーが、IPAexGothicになってくれました! 試しに、 import matplotlib as mpl print(...


2

ご質問ですが、「Rを使えるjupyter notebooksインスタンスを動かしたい」という理解でよろしければ、環境構築でつまづくことの多いWindows環境での手動ビルドではなく、「dockerコンテナ」を利用する事を強くオススメします。 docker for windows をインストールしたら、 ターミナルから docker run -p 8888:8888 jupyter/datascience-notebook と打って少し待ちます。 pull / build / run が終わると、 http://127.0.0.1:8888/?token=XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX のようなログイン用URLが表示されます。google chromeでそのアドレスを開いて下さい。(...


1

Bの4番目に12を入れているので、それ以降はAとBの値が全く違うものになっています。 A =[ B = [ 9.43 8.99 5.04 5 8.86 8 2.48 12 5.27 2.3 5.21 5.2 7.95 4.89 1.96 8.14 1.53 2 3.13] 1.2 2.86]


1

Unix系ならば環境変数のJUPYTER_CONFIG_DIRに参照先のディレクトリパスを記述すれば良いようです。 記述は ver 4.1 のドキュメントのようですが、最新でも変わっていなければ使えるでしょう。 jupyter_notebook_config.pyの読み込み先を変更する Common Directories and File Locations Configuration files Config files are stored by default in the ~/.jupyter directory. JUPYTER_CONFIG_DIR Set this environment variable to use a particular directory, ...


1

octave_kernel のサンプル notebook によると、%plot --format png のようにして出力形式を指定できるようです。以下は小さい動作例です。 %plot --format png plot([]) 私の環境ではこれで svg / png / jpeg を切り替えることができました (Windows 10 + Jupyter 4.4.0 + octave_kernel 0.28.4 + Octave 4.4.1)。


1

Ijulia ではなくIJuliaでした。。。


1

Jupyter notebook の設定に、 MappingKernelManager.cull_idle_timeout (一定時間活動していないカーネルを落とす) というオプションがあります。 参照 https://jupyter-notebook.readthedocs.io/en/stable/config.html jupyter notebook --generate-config このコマンドでできた ~/.jupyter フォルダ内の jupyter_notebook_config.py の該当欄のコメントアウトを消して、適当な値 (秒) を入れて再起動します。


1

Windows版のAnacondaをインストールする時にPATHを追加する設定にすると、C:\ProgramData\Anaconda3, C:\ProgramData\Anaconda3\Scripts 以外に以下のディレクトリーがPATHに設定されます。(ディレクトリ名は全ユーザーの場合の既定のフォルダー名にしています。それ以外の場合は適宜読み替えてください) C:\ProgramData\Anaconda3\Library\mingw-w64\bin C:\ProgramData\Anaconda3\Library\usr\bin C:\ProgramData\Anaconda3\Library\bin 調べてみると、Anaconda Navigator, Spyder ...


1

連続してデータを作成するような処理を書くならイテレータ・ジェネレータは覚えておいたほうがお得です。 from pathlib import Path def readfiles(): for i in range(1, 101): yield Path('file/data{}.txt'.format(i)).read_text() data = list(readfiles()) 読み込み処理は中でやってるのは open() して read() してるのと同じです。 読み込んだデータを直接変更しないなら list() ではなく tuple() で。


1

Jupyter notebookにアクセスできれば、任意のコードが実行できるので、トークンベース認証によるアクセス制限がかかっています。通常はJupyter notebookの起動時にトークンが自動的にブラウザーに送られて問題なく起動します。今回のエラーは、何らかの理由でトークンの処理に問題が発生したものと思われます。 https://jupyter-notebook.readthedocs.io/en/stable/security.html 当面の対応については、メッセージの中にトークンが表示されているので、それを使ってログインします。以下は成功した場合のメッセージですが、エラーの場合もエラーメッセージの上にトークンが表示されていると思います。 Copy/paste this URL into ...


1

ちなみに実際のファイルはこれです。 http://ch02/usagov_bitly_data2012-03-16-1331923249.txt  URLから、データはネットワーク上にあり、そこにアクセスするプロトコールはHTTPであることが分ります。  だとすればBeautiful Soupなどwebスクレイピングのためのツールを使うのが良いと思います。 拡張子が.txtですから、テキストファイルなのでHTMLのパーザなどは使わなくて済むと思います。 ”ch02”だけでは、サーバが特定できません。 ”ja.stackoverflow.com”とか"whitehouse.gov"のように、ちゃんとしたホスト名を使ってください。


1

自分も同じ症状がでましたが、Safariではなく別のブラウザのVivaldiから開くと問題が起こりませんでした。MacOS Sierra 10.12.6です。


1

日本語入力の半角モードだとダメでABCならうまくいきました。 ちなみに「ABC」は「システム環境設定」/「キーボード」/「入力ソース」の画面の「+」ボタンから追加できます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります