次のタグが付いている新しい回答:

0

ソフトウェア開発をおこなう企業 であれば pipやapt,yumなどを始めとするパッケージ管理ソフトや、モジュール等の自動ダウンロード機能がある一部のソフト に対応するリポジトリサーバをイントラに持っていることも少なくないのではないでしょうか(一般的である、かどうかまではわかりませんが)。 例えばJFrog ArtifactoryやSonatype Nexus Repositoryはそのような目的を達成するためのプロダクトです。 (ミラー機能というのがあります) エンドユーザ(ソフトウェア開発者)とリポジトリサーバ間の通信がイントラネットワークで完結すれば 証明書関連のエラーが発生 するような仕組みを差し挟む必要がそもそも無くなるのではないでしょうか。


1

おおむね、774RRさんのコメントに同意です。そのうえで ピンポイントでコメント 個人的には、先行開発をメインにおこなう部署や会社では、新しいツールを導入するときに、Proxyとの格闘でかなり時間を費やしているんじゃないかな...とおもっています。 個人的には、先行開発が社内の通常ネットワークと同一LAN内で行われることに疑問があります。通常目的に応じてネットワークの役割を定義しそれぞれ別のルールで運用するなどやりそうですよね。それこそ一昔前の開発では開発LANとOALANは完全に独立させて、開発LANは一歩も外に出さないなんて普通にやってたことですよね。 で、この運用ルールとか、分割方針とか普通の会社が何年もかけて積み上げるノウハウなので、「ただでくれ」と言われても「はいこれで」とでないのが「普通」...


上位 50 件の最近の回答が含まれています