次のタグが付いている新しい回答:

0

自己解決しました。 $query['meta_query'][] = ['key' => 'end_date', 'value' => array( $date_time, '2999-12-31 00:00' ), 'compare' => 'BETWEEN', 'type' => 'DATE']; 指定された日付〜2999-12-31 00:00のBETWEENを取ることで、解決しました。


0

”公開サイト側”がインストールしているwordpressのルートなら、(見当はずれならごめんなさい) 見ている内容が違うような。 テーマのindex.php先頭に以下のコードを入れるとログインしているユーザ情報が表示されると思います。 if (is_user_logged_in()){ print_r(wp_get_current_user()); exit; } 追伸、require $_SERVER['DOCUMENT_ROOT'].'/wp-config.php'; とかでwordpressディレクトリ外でget_posts関数などを呼び出している場合は、ユーザ情報は読み出せません。 add_action( 'wp_login', 'hoge_login', 10, 2 ); ...


0

WordPress プラグインは原則 GPLv2またはそれ以降をプラグインのライセンスとする 必要があります ことが推奨されています。(ex参照) Apache License 2.0はGPLv3と互換性があるので、GPLv3のプラグインコードに同梱してそのSDKを再頒布することは問題ないでしょう。 (とはいえ、ライセンスのガイドラインにもあるようにApache Licenseをプラグインに採用することは問題ないはずですね……) (派生物ではありますが、)プラグインの主体自体はSDKではなく自身で作成された部分となるはずなのでLICENSEファイルやヘッダーにはプラグインのライセンスを記載するべきでしょう。 もし、SDKのコード内にコメントなどでもとのライセンスが明記されている場合、...


上位 50 件の最近の回答が含まれています