次のタグが付いている新しい回答:

1

質問の使われ方例とはちょっと違うようですが、zshが起源らしいです。 記事のタイトルでは「再帰globパターン」、記事中の英文では「recursive directory search」、そして記事からリンクされているzshのマニュアルでは「Recursive Globbing」となっています。 再帰globパターン **/ の元祖は zsh なのか、調べてみた 最初は ..../ だった! Zsh-2.1 で ****/ に変わった Zsh-2.2 で **/ になった 時に、1992/05/14。 ここまでの経緯を見るに、zsh が元祖ではないか?と私には見えました。 zshのマニュアル 14.8.6 Recursive Globbing 以下のQ&A記事もタイトルは「recursive ...


0

*, ?, [a-z] といったファイルやディレクトリの名前のパターン記法はシェルの「パス名展開」(pathname expansion) あるいは「ファイル名展開」(filename expansion)、そして C 関数のパス名のパターンマッチ (glob(3)) が由来だと思います。正規表現ではありません。 パス名展開やパス名のパターンマッチにもいくつかの方言や拡張が存在し、その中でも「/ も含むあらゆる文字列に一致」する ** は rsync(1) が由来ではないかと思っています。(根拠や出典などは知らないです)


0

ディレクトリを再帰的に表現したいときなどに ** という表記が、なんの説明もなく、あたかも当然のように使われるのですが、この記法はなんでしょうか? 正規表現ではなさそうですし。  私は「antのファイルセットの指定時に使えるワイルドカード」の応用だと思います。※**の表現を初めて見たのがantだったからというのが理由ですが。  正規表現の*は単独では使われませんので、正規表現とは別物と考えた方がよいでしょう。  単独の*はグロブ(glob)のワイルドカードが由来だと思います。**はその拡張ではないでしょうか(推測です)。  *は/を含まない任意の文字列、**は/を含むという説明を見たことがあります。  ファイルのパスの区切り文字が/のとき、**はディレクトリをまたがってマッチするので、...


4

<1>(Client_Send.txt)の最終行に「空行」がないため、ApacheでHTTPリクエストの送信が完了していないと見なされ、Apacheが一定時間後にタイムアウト判定しているのではないでしょうか? #HTTPでは、空行を以ってHTTPヘッダとリクエストボディを分割する仕様です。 なお、空行を含めて、改行は「CR+LF」(\r\n)である必要があります。合わせて注意してください。


上位 50 件の最近の回答が含まれています