次のタグが付いている新しい回答:

1

はい、その場合は常に夏時間終了前の時刻になります。 引用された部分の最後に “tlocal must be interpreted with the time zone adjustment before the transition.” とあり、the time zone adjustment before the transitionとは変化が発生する前(夏時間が終了する前)のオフセットを指していると考えられます。 また、その直後のNOTEに夏時間終了時の具体例が書かれています。 1:30 AM on November 5, 2017 in America/New_York is repeated twice (fall backward), but it must be interpreted ...


0

ソース おそらくやりたいことは下記で実現可能かと思います。 function hoge(arg) { const promise = Promise.resolve(); promise .then(func1(arg)) .then((res) => { func2(res) }); } function func1(a) { return function() { return new Promise(function (resolve, reject) { // 引数 a を受け取って返り値 b を求める resolve(a + "B"); ...


3

これではないですかね。(太字は引用者) 単項加算 (+) - JavaScript | MDN 単項加算演算子はオペランドの前に置かれてオペランドを評価しますが、数値ではない値を数値に変換しようとします。 単項負値 (-) も数値ではない値を変換できますが、単項加算は数値に対して何も操作しないため最速であり、なんらかの値を数値に変換するための好ましい方法です。 整数や浮動小数点数の文字表現に加えて、文字列ではない値 true、false、null も変換できます。10 進数および 16 進数 (接頭辞 "0x") 表記の整数をサポートします。負の数もサポートします (ただし 16 進数表記を除く)。個々の値を解釈できない場合は、 NaN に評価されます。


1

userFunc.bind(null, "a") とします。 実際はuserFuncの第二引数として(本来は第一引数だった)イベントオブジェクトが渡りますが、無視して大丈夫です。 function userFunc(param) { console.log(param); // "a" } document.getElementById("hoge").onchange = userFunc.bind(null, "a"); <input type=checkbox id="hoge">


1

属性セレクタで絞り込んでから、それらの要素の name, id 属性を map メソッドで得ることで、そのような動作が実現出来ます。 const attrs = (attr, value) => $(`input[type="text"][${attr}^="${value}"]`) .map((i, e) => $(e).attr(`${attr}`)) .toArray(); const nameAry = attrs("name", "hoge_"); const idAry = attrs("id", "piyo_"); console.log(nameAry); //=> Array(3) [ "hoge_1", "hoge_2", "hoge_3"...


0

maxCount = 0をlet maxCount = 0に変更してみてはいかがでしょうか。maxWeaponも同様です。 参考記事はJavaScriptで書かれているので本来ローカル変数としてvarをつけて(Vueの場合はlet)宣言するべきところを、何もつけないでグローバル変数として宣言してもエラーがでない場合がありますが、Nuxtの場合は1度コンパイルしてJavaScriptを生成するためエラーがでたのではないかと思います。 続編ではその部分修正されていますね。 https://qiita.com/Sinhalite/items/b294629f8f6edab4e657


3

つまり実現されたいことは以下のようなコードでしょうか? React.FC<>を使わない場合 const Child = (props: { toggle: boolean, setToggle: (value: boolean) => void }) => { const { toggle, setToggle } = props; return ( <> <input type="checkbox" onClick={() => setToggle(!toggle)} /> </> ); }; React.FC<>を使った場合 const Child: React.FC<{ ...


0

messageListの周りに余計な{ }があるのが原因です。 {messages.length === 0 ? <p>メッセージがありません</p> : { messageList } } このような箇所が2箇所ありますが、messageListの周りの{ }を取り除いて次のようにするとエラーが消えると思います。 {messages.length === 0 ? <p>メッセージがありません</p> : messageList } JSX内では{ }は任意の式を埋め込むための構文であり、...


0

英語版で 類似の質問 があり、その中の一つとしてPHP向けの ColorExtractor (GitHub) が紹介されています。 Detect main colors in an image with PHP Epoc さんの回答: use League\ColorExtractor\Palette; $palette = Palette::fromFilename('some/image.png'); $topEightColors = $palette->getMostUsedColors(8);


0

wikidot は JavaScript が使えるので、質問文で参照されている Q&A のように API エンドポイントを用意することで実現できそうです。 ※HTML block の中に <script> タグを入れることができます https://www.wikidot.com/doc-wiki-syntax:html-blocks http://community.wikidot.com/forum/t-464691/is-there-a-way-to-include-a-runnable-piece-of-javascript


1

こんにちは、はじめまして。 基本的には用途によるかと思います。 とはいえブラウザ上やnode.jsでの実行に関しては末尾最適化を除けば 2020年では問題ないようですし、学習するのはES6で差し支えないと思います。 https://kangax.github.io/compat-table/es6/ ただし、お勤めの場合はご周囲にあわせたほうが良いと思います。 ES5よりももっと古い仕様で記述されたコードにも現場やインターネットでは遭遇しますので、 将来的には過去のソースも理解できるようにしたほうがよいと思います。 追記 : コメントでいただきましたが、ES5のみサポートとなるIE11のシェアはまだ日本国内では12%あるそうです(世界では3%)。フロントエンド開発の現場では、ES5を考慮したコーディング、...


0

いいことなのか分からないのですが、英語版でも質問し、一応の解決を見ました。 https://stackoverflow.com/questions/60146774/gas-htmlservice-getuseragent-returns-null-when-using-v8?noredirect=1#comment106391217_60146774 要旨としては、V8はGASのHtmlService.getUserAgent()をまだ使えないようだ、代わりにクライアントサイドのJavaScriptでNavigatorインターフェイスを使えば使える、というものでした。 https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/Navigator ...


3

2020/2/11 現在、この記事を参考に isNode を実装してみたがうまくいかなかった。 前提としてブラウザー側には webpack を使っている。 webpack を使った環境においては process も require も undefined ではない。 代わりに process.title の値を判断材料にしてみた。 const isNode = (process.title !== 'browser'); isNode の実装方法を調べてここにたどり着く人が他にもいると思うので参考にメモ残しておきます。 前提 Windows 10 Home Edition 上の Ubuntu(WSL) Node.js v12.15.0 webpack 4.41.5 babel 7.8.4 ...


3

コメントをいただき、ありがとうございます。 自己回答の形でまとめさせていただきます。 質問のコードを以下のように改めて実行しました。 function doGet (e) { var parm = e.parameters; var foo = {}; foo.v = 'B'; foo.w = 'B'; for (var key in parm) { foo[key] = parm[key]; } for (var key in foo) { Logger.log('foo[' + key + ']:' + foo[key] + ' typeof(foo[key]):' + typeof(foo[key])); } Logger.log('foo.v:【' +...


2

現状の CSS ではテキストノードの任意の箇所を選択出来ません。JavaScript で動的に要素を追加し、そこに装飾を追加しておく必要があります。たとえば、 Node.childNodes プロパティで子ノードを取得し、その中で条件に合致するノードを Node.replaceChild メソッドを用いて装飾を適用した要素と入れ替える、という方法があります。 今回は文書構造を変更出来ないという前提がありますが、本来であれば予め適切な要素によるマークアップを行っておくほうが JavaScript によってテキストノードを操作する負担が存在しない分だけ、楽になると思います。 const p = document.querySelector("p"); for (const node of p....


0

部分回答になりますが、クッキーに関しては 有効期限を現在時刻より過去の値に設定 すれば削除されます。


1

async fetch("/", headers{ "Clear-Site-Data": "*" }) このような感じでしたいのですが。。。 とのことですが,当該のヘッダーはMDNの上のほうにもあるようにリクエストヘッダーではなくレスポンスヘッダー,すなわちサーバー側で指定するものです.当然ながらリクエストヘッダーにそれを指定したところで機能しません. もし,動的にヘッダーを指定できないサーバー環境を利用している場合であれば別の手段を講じる必要があるかもしれません.


0

<>にkeyを指定したら解決しました。ありがとうございました!


0

https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/JavaScript/Reference/Template_literals#Tagged_templates 解決しました。テンプレートに対して、それを埋め込んで文字列にする前に、関数に引き渡す機能がある、 tagged template の機能が利用されている様子です。 tagged template の実例としては、 function myTaggedLiteral(strings, value, value2) { console.log(strings); console.log(value); console.log(value2); } let someText = '...


上位 50 件の最近の回答が含まれています