次のタグが付いている新しい回答:

2

(情報が不足しているので、的はずれな回答の可能性があります) try { } catch で捕まえられるのは、これらで囲んだブロックが始まってから終了するまでに実行されたコードで発生した例外です。このブロック内で定義されただけで実行されていない関数での例外は対象外です。 function foo() { // この関数からの例外は下記catchで捕まえられる } try { foo(); document.addEventListener(‘load’, function(e) { // この関数はcatchまでに実行されないので、 // 例外は下記catchで捕まえられない }); } catch (e) { // … } ログ目的であれば、error ...


1

リンク先のページの問題ですので、原則的にはリンク元のページからは制御できません。 例外として、「リンク元とリンク先が同一オリジン」かつ「<iframe>やwindow.open()など、リンククリック後もリンク元ページが残っていてリンク先のwindowオブジェクトが入手可能」な場合はリンク元のページのコードでなんとか調整できる可能性があります。


3

GitHubで公開したJavaScriptのコードには、constructor(...values) { という記述があります。このうち...の部分は何を示すのでしょうか? Rest parameters です。 「派生クラスの既定のコンストラクタ」とは何を意味するのかよく分かりません。 「基本クラスを継承したクラス(派生クラス)のコンストラクタ」を指します。 つまり、継承をしたうえでコンストラクタを用意していない場合、以下のようなコンストラクタが自動で用意されるということになります[1]。 constructor(...args) { super(...args); } 14.6.13 Runtime Semantics: ClassDefinitionEvaluation[1] ...


0

今まであったjavascriptのコードの大枠にtry catchをしてもcatchされません。 ただ、エラーが出ているコードにtry catchするとcatchしてくれます。 何かやりかた間違えているのでしょうか? 正しいです! try catchは、予期せぬエラーや例外が発生した時に、「例外が起きたので、プログラムを停止します」と放棄するのではなく、何らかの善後策(発生したエラーや例外の詳細を示す等(デバッグに役立つ)、何らかの対処(使っていたファイルを全てクローズしてデータが失われることを防ぐ等))を行う仕組みですから。


1

StackExchange アプリで画像をアップロードできなかったので代わりに各ステップを詳しく書きます。 WebAborn.user.js をダウンロードして開きます。(ダウンロード一覧 about:downloads でファイル名をタップすると、Android に入っているテキストビューワかなんかがそのファイルを開くはずです。) 全部選択してコピーします。 Android 版 Firefox に Tampermoney をインストールし、 Firefox の右上 ︙ から Tampermonkey を選び Tampermonkey 画面を出し、 新規スクリプト作成を選びます。 テキストエリアにすでに一部書かれているのを消して、2でコピーしたものを貼り付けて全て置き換えます。 その画面で7行目の // ==...


1

jqueryプラグインのRemodalのようですね。 登録フォームに <div class="remodal" ...> のような要素があるはずなので、それを <div class="remodal" data-remodal-options="closeOnOutsideClick: false" ...> にします。


1

onchange() を呼ぶのはなぜうまくいかないか onchange プロパティに入っているのは、その要素の onchange プロパティに代入された関数か onchange 属性に書かれたコードだけです。その要素に addEventListener() で登録された関数や、先祖要素で capturing/bubbling phase で待っているリスナは onchange プロパティから参照できません。 対処: change イベントを自分で発火する。 document.getElementById("hoge").value = "huga"; document.getElementById("hoge").dispatchEvent(new Event('change', {bubbles: ...


1

質問文に貼られたコードで時刻の取得は出来ているように思います。 書籍のサポートサイト でサンプルファイルが配布されていたので中身を見比べてみましたが、スタイルが書き換わらないのはcssへのパスが間違っているからではないでしょうか? 書籍ではcss/style.cssの様にサブフォルダを作成してその中に実際のスタイルシートが置かれていますが、 <link rel="stylesheet" href="css/style.css"> あなたの書いたHTMLでは、同じ階層にあるファイルを指定しています。 <link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css">


3

※ 質問者さんが Google Chrome や Opera などのブラウザを使用していることを前提に回答をします。 Google Chrome や Opera などのブラウザでは、ローカルファイルへの Ajax によるリクエストはデフォルトでブロックされます。 Issue 37586 - chromium - An open-source project to help move the web forward. - Monorail Issue 47416 - chromium - An open-source project to help move the web forward. - Monorail 一方 Firefox では、特定の状況でのみファイルの読み込みが許可されます。 ...


1

document.writeではなく通常のDOM操作関数を使えば期待通りの動作となります。たとえばinsertAdjacentHTMLを使う場合は次のようになります。 <head> <script> // head 要素内に link 要素を追加 document.head.insertAdjacentHTML('beforeend', '<link rel="stylesheet" href="reset.css">') </script> <link rel="stylesheet" href="hokano-css.css"> <script src="other-script....


0

followRedirects: true ではなく、リダイレクトを一つ一つ自分で処理しないと無理かもね。 CRSFトークンなんて、Cookieに織り込んである運用がほとんどでしょう。 curlのコマンドにしたって、例にあげてるのは、Cookieオプション付いてないし。


1

ソースマップを出力していない場合、頑張ってどうにかするしかありません。 エラーが発生しており、その原因を特定したい状況の場合、エラーが発生したファイル名、行番号、列番号から、だいたいの位置を把握し、エラー内容と併せて周辺の処理を読みます。 エラーは発生しておらず、どのように実装しているのかを知りたい機能がある場合、バインドされているイベントリスナーから、当該処理のおおよその位置を特定し、周辺処理を読みます。 また、圧縮されたコードには、メソッド名やプロパティ名などが残っていることが多いので、メソッドやプロパティの名称に使用されていそうな単語や、コード内で使用されていそうな属性名や属性値などで、コード内検索を行なうことでも、関連する処理の位置が特定可能な場合があります。 ある程度読み慣れれば、...


0

javscriptの見た目を改善するツール、beautifierという名前のものがネット上に多数あるので、使ってみてはいかがでしょうか。 例えばhttps://beautifier.io/など。 「js beautify」で検索してトップに出てきたものです。 圧縮されたjsを貼り付けるときれいな構文・インデントを持ったスタイルに変換してくれなす。


0

ブラウザのURLからアクセスすると、ytm.am => ytm.lt にリダイレクトしていますが、fetchだとリダイレクトの前にCORSエラーになって落ちています。 .lt宛にリクエストすると問題ないようですがどうでしょうか。 _callApi = () => { return fetch('https://yts.lt/api/v2/list_movies.json?sort_by=download_count') .then(res => res.json()) .then(json => json.data.movies) .catch(err => console.log(err)); }


0

C言語、C++をご存じでしたらC#の参照渡しはポインターと考えればすっきりするかもしれません。


1

前提 「CSS で作りたい」とのことですが、質問文のリンク先のような動作をする手動のスクロールメニューは、現在使用可能な CSS の機能のみでは実現出来ません。JavaScript を使用する必要があります。 今回の回答では、 HTML, CSS に、以下のコードを使用します。 <div class="infinity-slide"> <div class="slide"> <img src="https://cdn.pixabay.com/photo/2018/04/28/22/03/dawn-3358468_1280.jpg" alt> <img src="https://cdn.pixabay.com/photo/2018/09/14/...


3

スタック・オーバーフローでの(書きかけな)フォームデータはブラウザや端末を変えても引き継がれるので、サーバー側でデータを保存しているのでしょう。 よくある「次回からログインIDの入力を省略」みたいなものは、Cookieを使ってクライアント側で保存する方法もあります。 不意にブラウザを閉じてしまった場合に備えて動的に保存するなら、Javascript(Jquery)等と組み合わせる必要があるかもしれません。 どんなデータを何処に保存したいかで実装方法も変わってくると思います。


1

import 文や export 文はファイルのトップレベル(一番外側)でのみ使うことができます。ご提示の例のように{ }で囲んだブロックの中で使うことはできません。import文やexport文は{ }の外側に出す必要があります。 import文やexport文を使用できるのは「モジュール」扱いで読み込まれたJavaScriptファイルの中だけです。JSファイルをモジュール扱いで読み込むには、index.html内のscript要素にtype="module"属性を追加します。 <script type="module" src="scripts/class_private.js"></script> ただ、以上の点を修正してもclass_private_lib.jsが変なようです(...


3

staticでプロパティ(メソッドではなく)を宣言する構文は、将来的にJavaScriptに追加される予定の構文です(static public fields)。ですから、現時点では正しい構文ではありませんが、将来的には正しい構文になります。 Chromeではこの新構文を先取りして利用可能にしているためすでに動作しますが、他のブラウザはまだ未対応のため動作しません(参考:compat table)。 実際に確かめてはいませんが、monacaで実行した場合はWebViewがChrome相当の場合のみ動作するため、新しいAndroidなら動作するが古いAndroidやiOSでは動作しないという挙動になると思われます。 これらの環境でもstaticプロパティ構文が動作するようにするためには、...


1

質問内容が「変数が定義済みか」なのか「プロパティが定義済みか」なのか、判断に迷うところですが、両方の観点から回答します。 TypeError if (typeof (data) !== 'undefined' && typeof (data.value) !== 'undefined') { console.log('defined:' + data.value); } こちらのコードは data === null の際に期待通りに動作しません。 var data = null; typeof (data.value) !== 'undefined'; // TypeError: Cannot read property 'value' of null ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています