次のタグが付いている新しい回答:

1

コマンドプロンプトから実行しようとしていませんか?Windows の場合、基本的には Git Bash から git コマンドを使用することになります。 スタートメニュー -> Git -> Git Bash


0

VirtualBox を閉じる際に、Power Shell で vagrant suspend を忘れ(、exit す)るとこのようになります。


1

Console Runnerが用意されているので、適切なコマンドラインで起動すればいいと思います。


2

Virtualboxではheadlessモードが存在して画面上は起動していなくて裏で起動する設定ができます。 https://qiita.com/byuu/items/840e4cee6babcf5b720b コメントを見るとVagrantを利用しているようですが、デフォルトでHeadlessモードがOnになっており、裏でサーバが起動します。 https://www.vagrantup.com/docs/providers/virtualbox/configuration またSSHにおけるexitはあくまでログアウトを実行するコマンドで仮想マシン自体は起動したままです。 マシンをシャットダウンするためには sudo shutdown -h now を実行するか ホスト側(...


1

Windows環境の場合、;で区切るとのことで、PATH_SEPARATOR定数で連結したところ、パスが通りました。 下記、修正内容を記載します。 //config.inc $path = USER_PATH . '/lib/Classes;'. USER_PATH . '/lib;' . USER_PATH . '/lib/Classes/PEAR;'; set_include_path(get_include_path() . PATH_SEPARATOR . $path);


2

Windows付属のPowerShellの場合、Unicodeで動作するので文字コードを気にすることなく正規表現を使うことができます。 $files = Get-ChildItem . foreach ($f in $files) { $rename = $f.Name -replace 'のコピー', '' if ($f.Name -ne $rename) { Rename-Item $f $rename } } このサンプルではわかりづらいですが、もちろん、-replaceは正規表現置換を行います。


0

直接の回答にはなりませんが、ターミナルエミュレータの ConEmu を使用して PowerShell を起動した場合には、問題なく貼り付けができました。 (私は試していませんが) 他にも Windows Terminal 辺りを使用しても結果が変わるかもしれません。


2

[角括弧]は正規表現で使用されるメタ文字なので、-Pathまたは省略時のパスとして使用すると通常の文字列として解釈されません。 そのため、角括弧を通常の文字列として扱いたい場合は-Pathの代わりに-LiteralPathを使います。 またはバッククォートを使うことで、エスケープすることができます。 下記のいずれかの記述で削除できるはずですのでお試しください。 Remove-Item -LiteralPath "[日本] 東京 大阪" Remove-Item -Path '`[日本`] 東京 大阪' Remove-Item -Path "``[日本``] 東京 大阪"


0

再配布DLLの組み込みとは具体的にどのような方法でしょうか。教えていただけないでしょうか? 作成方法ですが、プロジェクトのプロパティページを開いて、「構成プロパティ」-「詳細」で表示される設定値の「詳細プロパティ」内にある「MFCの使用」と言う項目を「スタティックライブラリでMFCを使用する」に設定してビルドしてやることにより、MFCのライブラリを含めて、全て実行に必要なものが実行ファイル(*.exe)の中に埋め込めます。 ですので、再配布用のDLLをインストールせずとも実行ファイル単体で動作させることができるようになります。 この方法であればアプリを実行する端末には作成した32bitと64bitの実行ファイル(*.exe)のみ配置するだけで動作が可能です。...


0

私自身はコメントしたように「その要望自体を止めた方が良い」という意見ですが、顧客要望/業務命令とかでそうも言っていられない場合もあるでしょうから、思考実験として。 意見の基は @774RR さんコメントのような情報や、「Visual C++ ファイルの再配布 の 個々の再頒布可能ファイルをインストールする に出来ますとはありますが、サービス上の理由から、このインストール場所は使用しないことをお勧めします。」とも書かれている内容などです。 一番作業量が少ないのは @sayuri さんのコメントのように、32bitプログラムだけを動作させることでしょう。 64bitWindowsであってもWOW64の仕組みで32bitプログラムは動作します。 プログラムやデータのメンテナンス等も1つで済ませられるでしょう。 ...


1

環境変数とダイナミックリンクライブラリの間には特別な関連はありません。 DLLとして実装されている処理の中で環境変数を扱うことは、 exeとして実装されている処理の中で環境変数を扱うことと同義です。 なので質問者さんが理解したいのはWindowsとLinuxの環境変数の違いかと思います。 環境変数は基本的にはプロセス単位にその値が決まるものですが、 Windowsの場合は、その値をマシン内、同じユーザ内で共有することも可能です。 Linuxの場合は、原則プロセス間で値を共有することはできません。


2

何がわからないのかオイラにわからないので一般論です 共有ライブラリが共有するのは共有できる(=書き変わらない)ところだけ、すなわち「コード」です (x86 で言えば CS に関連するところ) 「データ」は共有されません。スレッドごとにスタックが作られるのと同様、プロセスごとにデータ領域は別に作られます (そのデータが EXE 由来であろうと DLL/so 由来であろうと) 。 ----shared.c---- int global_variable; // データはプロセスごとに違うものが作られる void set_func(int val) { global_variable=val; } // コードは共有される static データもデータのうちなのでプロセスごとに別々に作られる状況に違いはありません。...


上位 50 件の最近の回答が含まれています