次のタグが付いている新しい回答:

0

MSDNのサイトからダウンロードする際に 64ビット版をダウンロードすると失敗するのですが 32ビット版をダウンロードしたらインストールできました どちらもファイル名はx86と64に対応してるようなファイル名ですがバージョンが微妙に違うのでそのせいかも


1

getElementsByClassNameで指定できます。 DIM elements = IE.document.getElementsByClassName("hoge") elements.Item(0).click()


1

video.write()はスレッド内でも行うことができますが、スレッドを開始する前に camera1.release() camera2.release() video1.release() video2.release() cv2.destroyAllWindows() が行われてしまっており、カメラからの入力を読み取れていなかったために、再生不可能なファイルが生成されてしまっていたようです。 よって、この前にt_music.join()を入れることで解決しました。


0

ワンライナーが必須要件ならば下記のコードで実現できます。 Get-ChildItem -include *.xml -Recurse | sls 'Target String' | Get-Item | Out-GridView -Title 'ファイルを選択してください' -PassThru | Invoke-Item ワンライナー以外で選択肢を表示したい第三者に有益な回答と信じて、以下でPromptForChoiceやOut-GridViewを使う複数行のサンプルコードを提示します。 他にもfor文とWrite-Hostの組み合わせを使って自前で選択肢を表示する方法やSystem.Windows.Formsを使ってリストボックスを作成する方法などもあります。 ※エラー処理はしていません。 ※「開く」...


3

metropolisさんの回答を参考にsharpモジュールを使うことで解決しました。 const sharp = require('sharp') 中略 const image = await page.screenshot({ type: 'jpeg'}); await sharp(image).toFile('ss.jpg') ・puppeteerでjpgの生成、ファイルの保存 をしていたところを ・puppetterでjpgの生成、バッファーへ一旦格納 ・sharpでファイルの保存 としたらICC_PROFILEを含まない画像として保存できました。


2

puppeteerでscreenshotを作成した時点ではICC_PROFILEありで、それをjavascript上でICC_PROFILEなしのjpgに変換する rsms/node-imagemagick: Imagemagick module for NodeJS を使う方法があります。 Install $ npm i imagemagick Code Imagemagick の convert コマンドで convert ss.jpg +profile icc ... を実行すると ICC profile データを削除します。 const puppeteer = require('puppeteer'); const im = require('imagemagick'); (async () =&...


1

jpgには、ICC_PROFILEを含むjpgと、ICC_PROFILEを含まないjpgがある(ICC_PROFILEというのはメタデータで、jpgファイルに必須のものではない)という認識で合っているでしょうか? 認識は合っているでしょう。こんな記事があります。 4.2 Color profile - JPEG - Wikipedia Many JPEG files embed an ICC color profile (color space). Commonly used color profiles include sRGB and Adobe RGB. 「多くの」JPEGファイルには、となっているので必須では無いでしょう。 カラースペースの変換と一般的なマーカー - JPEG ...


1

半分解決したので自己回答。 下記リンクを参考にICC_PROFILEをICC_PROFILXに書き換え。 Windowsフォトビューアーでss.jpgが開けるようになりました。 https://www.pcreview.co.uk/threads/windows-photo-viewer-can%E2%80%99t-display-this-picture-because-there-might-not-be-enough-memory-available-on-your-computer.4075896/ 具体的な手順 ・Visual Studio CodeにHex Editorというプラグインをインストール ・Visual Studio Codeでss.jpgを右クリック > Open With > Hex ...


1

コメントに書いたように、秀丸エディタで、選択範囲から指定文字列を削除するマクロを作りたいの回答に書いた内容と、以下の辺の記事を基に: PowerShellメモ クリップボード操作 about_Regular_Expressions 正規表現での置換 正規表現言語 - クイック リファレンス Powershellでの高度な置換 PowerShellでこんな処理で出来るでしょう。 $iframe = Get-Clipboard -Format Text $value = $iframe -replace '<iframe src="https://www.google.com/maps/embed\?pb=(.*?)" .*?</iframe>', '$1' Set-...


1

web上からパッケージをダウンロードして、直接setup.pyを起動させる形ではどうでしょか。 ダウンロードurl(21年5月段階の最新版) https://pypi.python.org/pypi/virtualenvwrapper-powershell/12.7.8 ダウンロードしたファイルを解凍し、ディレクトリ内のsetup.pyをpowershall内で python setup.py install を行えばインストールできると思われます


上位 50 件の最近の回答が含まれています