次のタグが付いている新しい回答:

2

このサイトで移行元/移行先の版数を指定して調べられるようです。 FROM .NET FRAMEWORK VERSIONとTO .NET FRAMEWORK VERSIONの両方をドロップダウンリストボックスで指定できます。4.8はまだ日本語化が追い付いていないようですが。 .NET Framework 4.0 から 4.5.2 への移行に関するランタイム変更 それぞれ、結構な量の記述があります。 該当するものがあれば、動作しないとか、動作が違うとか、あるでしょう。


0

おそらく、深夜勤務時間の計算がやりたいのだと思われます。 VBでのこんな記事がありますので、参考にしてください。 VB2013での時間帯判定で困っています 上記を参考に、C#で作ってみたのが以下になります。 出退勤の情報には、時刻だけではなく、日付も必要になります。 using System; using System.Collections.Generic; namespace ConsoleApp1 { class Program { static void Main(string[] args) { DateTime workStart = DateTime.Parse("2019-06-21 19:00"); DateTime workEnd = ...


0

実際にやりたいのは質問タイトルとは逆に、ほぼ透明なアプリケーションウィンドウをTopmost(最前面)に配置し、他のアプリケーションが動作している内容が透過で見える状態にして、その上でInkCanvasを表示・操作するという形ではないでしょうか? Microsoft EdgeのWebノート機能のようなものをデスクトップ画面全体に対して行いたいのでは? Microsoft Edge でサイトにメモを追加する / Web に書き込む Webノートの使い方(ノートの作成・保存) そうした機能を実現するサンプルを作った記事が以下にあります。 デスクトップ画面にコメントなどの落書きを書き込むアプリを作りました。, CodePlexサイト,GitHubサイト 一応、用途としては、...


2

例えば、WNetAddConnection2の前にpingを打ってみるとか? まあpingを打ちあっても問題ない環境構築・設定を済ませている必要はあるでしょうが。 他には、WNetAddConnection2を行うだけの単機能の.exeを作成して子プロセスとして起動し、 それがタイムアウトと決めた時間内に終了してこない場合に、強制終了させるとか。 あるいは同一プロセス内でもTask.Runとかasync/awaitにすれば、同等のことが出来るのかもしれませんが。 ping系はこんな記事があります。 C#でPingしてみよう ネットワーク経由で「いる/いない」を確認する5つの方法 Windowsの「ping」コマンドでネットワークトラブルの原因を調査する (1/2) (2/2)は会員登録(無料)が必要 ...


3

Visual Studio 2019ではコードのクリーンアップが強化されています。 コードのスタイル設定にまとめられていますが、[オプション] ダイアログで詳細な書式設定が可能です。この機能自体はインテリセンスで変更が提案されるまでとなります。 その上で、コード スタイルの適用を実行すると、選択した書式設定について一括して適用されます。 両機能を組み合わせることでif文の書式も統一することができます。


2

ちなみに「AStyle Extension」は今 2種類あります。 まあ使っているVisualStudioの版数に合わせて検索されるでしょうから、迷わないと思いますが。 AStyle Extension : VS2010-VS2015,AVR Studio5,Atmel Studio6-7 AStyle Extension 2017 : VS2017 VS2019用の拡張機能にはまだ掲載されていないようです。VS2017用をダウンロードして入れてみるか、単独で動作するコマンドを外部ツールとして自分で組み込むかすれば出来るでしょう。 で、ご要望の使い方に相当するオプションは以下の2つの組み合わせになるでしょう。 ただし、2つ目の--add-bracesは、上記Extensionの中では --add-...


1

Visual Studio のバージョンによっては、ifに点線で下線が引かれます。カーソルを合わせると、右端に電球アイコンが出るので、クリックして「波かっこを追加します」。 あるいは、拡張機能の「AStyle Extension」を追加。


0

C言語、C++をご存じでしたらC#の参照渡しはポインターと考えればすっきりするかもしれません。


3

国際化を考慮した際に常にShift_JISが求められているのか、それとも利用者のデフォルト言語が求められているのかを判断する必要があります。 後者の場合、Encoding.Defaultを使用すべきです。 その上で、Encodingクラスのページにはshift_jisとあるためそれが妥当な選択肢と思われます。


1

一応XMLとして有効な範囲で編集された場合は、ご質問のようにデフォルト値になるでしょう。 プログラム・初期configはVisualStudioのIDEで、プロジェクトのプロパティの「設定」タブで定義し、PropertiesのSettings.Settings(Settings.Designer.cs)およびapp.configに格納され、ビルドして正常に動作し、*.exe.configだけ編集するものとします。 例としては以下のようになります。 Settings.Designer.cs [global::System.Configuration.ApplicationScopedSettingAttribute()] [global::System.Diagnostics....


1

それ以前の問題として、app.configがXMLとして不正な状態(閉じタグが一致しない、ファイルが空など)な場合に例外が投げられます。 ですので、質問のような個別のパターンに対応するのではなく、根本的なエラー対策が必要です。


7

明確な答えではありませんが、ソースコード冒頭に // This class represents a mutable string. It is convenient for situations in // which it is desirable to modify a string, perhaps by removing, replacing, or // inserting characters, without creating a new String subsequent to // each modification. と書かれています。つまり、不変型であるStringの代わりとしてstring builder; 高速に文字列を構築することを目的としたクラスだからだと思います。 「...


1

直接の回答はkunifさんが書かれている通りです。 しかし、.NET Frameworkクラスライブラリでは、そもそものライブラリ設計として、不正な値を返すことはせず、例外を投げるようにしています。そのためString.Splitに限らずクラスライブラリ全体として、戻り値がnullとなっている可能性や配列内にnullが混ざっている可能性は設計としてありません。 この点をもう一歩進めて、現在プレビュー版のC# 8.0ではnullが生成されない・nullが返されないことを前提としたnull許容参照型が導入されます。この機能を有効化した場合、型は次のように表現されます。 string[] 配列自体はnullになり得ないし、各要素もnullになり得ない string[]? 配列自体はnullになり得るが、...


2

仕様とか解説は以下になります。 String.Split Method / StringSplitOptions Enum / 方法: String.Split を使用して文字列を解析する (C# ガイド) string[]自体がnullで返ることは無いですが、要素数が 0 のstring配列が返ることがあります。 string[n]の値もnullで返ることは無いですが、空文字列(string.emptyとか""であらわされる)で返ることはあります。 いずれもStringSplitOptions の有無や値と、区切り文字が連続しているか、に係わってきます。 StringSplitOptions の指定が無いか値が None で、元の文字列が空文字列や区切り文字のみの文字列とか、...


0

c/c++ の mem***() は「メモリ上の物理的配置」を強く意識しないと使えない代物です。他言語はこの辺を故意に隠ぺいしている関係で c 独特のものといってもいいでしょう。元コードを c# に移植する際においては memcpy() 部分は元コードを参考にせず OOPer さんの示した「元コードが何をやっているか」を理解した上で書き直すのが手早いっす。元コードの memcpy 部分の詳しい解説は c# で何をしなければならないかの理解の邪魔になるので省略。 「何をするコード」なのか - 三角波の1周期分を [data[0]...data[period]) の半開区間に格納しています。 - それを複写すれば「複数周期」になるわけですよね。 ってことは、やらなきゃならないことは data ...


0

コメントありがとうございます。 tokenを渡す場合のヘッダー設定を以下に直して動きました。 request.Headers.Authorization = new System.Net.Http.Headers.AuthenticationHeaderValue("Authorization", "Bearer" + token); すいません。基本が分かっていなく、ご迷惑おかけしました。


1

直接の回答ではないのですが、「三角波の再生」とご質問に明示されたので、正しいC++側のコードを示しておきたいと思います。 サンプルに16-bit符号付整数を使う場合。 int period = 64; // <- 1周期分の要素数 int seconds = 100; // <- データの秒数 int frequency = 440; // <- 再生音の周波数(Hz) int cycles = seconds * frequency; short *data = new short[cycles * period]; // <- `short *`なら`new short[...]` //1周期分(`period`個の要素)に三角波データを埋める int period4 = ...


2

元のソースコードが間違っています。 short *data = new float[cycles * period]; この部分、float型配列でメモリ確保を行っているにもかかわらず、short*として扱っています。このため、コンパイラーはfloat実数ではなくshort整数と見なしてコード生成してしまいます。 その結果、 memcpy(data + a * period * 2, data, period * 2); も、short整数としてアドレス計算してしまうことになります。またmemcpyの第3引数は(扱うポインターのデータ型に依らず)コピーを行うバイト数を指定することになります。period * 2とのことですが、これはsizeof(short) == 2を想定したコードでしょうか? ...


0

レジストリのHKEY_CURRENT_USER\AppEvents\Schemes\Apps下に保存されているようです。ただし、明確に言及されたドキュメントは見つけられなかったため、今後も継続して利用可能かの保証はありません。


上位 50 件の最近の回答が含まれています