次のタグが付いている新しい回答:

1

この記事の質問に付いたコメントが当てはまるのでは? つまりConfigurationManager/Configurationは.NET Standardの一部では無いので、共通化を目指すのならば使ってはいけないということでしょう。 Is ConfigurationManager.AppSettings available in .NET Core 2.0? RE: It compiles fine when targeting .NET Standard 2.0 only - this cannot be correct, because ConfigurationManager is not part of .NET Standard (so far this is true up to v.2.1)...


0

おそらくですが、TemplateBindingとBindingの反映タイミングの違いによる現象かと思われます。ColumnDefinitionへの反映が遅れるため、ColumnDefinitionの初期値の「1*」で表示される時間があるように思えます。 解決策として思いつくのは バインドをTemplateBindingで統一する カスタムコントロールを UserControl で作り直し、ControlTemplateを使わない作りにする といったところでしょうか。


1

自己解決しました. WPFにおいてドキュメント系コントロールの操作はEditingCommandsクラスのメンバを用いて行えます. https://docs.microsoft.com/ja-jp/dotnet/api/system.windows.documents.editingcommands?view=netframework-4.8 今回の質問においては, <KeyBinding Command="EditingCommands.MoveDownByLine" Gesture="Alt+J" /> <KeyBinding Command="EditingCommands.MoveUpByLine" Gesture="Alt+K" /> <KeyBinding ...


0

スポーン管理するSpawnerオブジェクト 残機・スコア・ポーズ制御フラグetc.をまとめたGameSystemオブジェクト があると仮定します SpawnerがGameSystemオブジェクトを参照していれば良いのです。 スコアによってSpawnerの挙動が変わるコードはSpawner自身が持つべき挙動なので、 Spawner.Moveロジック(直接使っているならMonoBehaviour.Update)で GameSystem.Scoreをチェックして、条件を満たしたらスポーン制御パラメータを変更します。


1

VisualStudio2019であれば、コード上の関数名を右クリックして「すべての参照を検索(A)」で表示されます。 結果をテキストで保存したい場合は結果の表示されてるパネルのメニューバーの「リストビュー(L)」をクリックすれば一覧をコピーできるようになります。


0

エラーメッセージで、"no such table: __MigrationHistory"([直訳]__MigrationHistoryというテーブルは有りません)と言われているのですから、まずすべきことはデータベールの構成(どういう名前のテーブルがあるのか等)の確認です。 存在しないテーブルを参照しようとしている限り、「そんなテーブルは有りません!」という例外は出続けます。 必要なテーブルを作るか、(参照しようとしているテーブルの名前を間違えているなら)参照するするテーブルの名前を変えるかしてください。 どんなプログラムなのか等が質問に書かれていない状況で言えることは、このぐらいです。


0

エラーの意味は分からないのですが、FlatButton.xamlの<Border ...>と</Border>の間に<Border.Style>...</Border.Style>を定義しているのが問題なのでは? その部分の初期値は以下のように既にBackgroundは定義されているようです。 <Border Background="{TemplateBinding Background}" BorderBrush="{TemplateBinding BorderBrush}" BorderThickness="{TemplateBinding BorderThickness}"> </Border> ...


1

C#言語ではコンパイラはほとんど最適化を行わず、愚直にコード生成します。null代入のコードが書かれれば、 ldnull stloc.0 とそのままのコードになります。 その上でこの程度のコードにコストはほぼかからないでしょうし、JITによる最適化で、差異はほぼなくなると思います。 別の視点で、null代入すべきではありません。適切なスコープで変数を宣言・代入することで、変数の値が常に有効になるようにコードを記述し、nullになるタイミングを極力減らすべきです。 C#言語では変数を宣言しても値を代入するまでは参照できません。代入前に参照するコードはコンパイラーがエラーとして検出します。null代入するコーディング規約を定めてしまうと、これが有効に機能せず、コードが安全でなくなります。 当たり前ですが、...


2

C#言語にはextern aliasという機能があり、全く同名のアセンブリ・名前空間・クラスを区別して扱うことができます。 その上でVisual Studio上で参照している当該アセンブリのプロパティを表示するとAliases: globalという項目がありますがここがextern aliasの設定個所ですので、それぞれに別名を付けてあげてください。


2

無理です。 OrderBy()は正確にはソートを行うメソッドではありません。「enumerableされた際にソートされた結果を返す」オブジェクトを返すメソッドです。 そして、ThenBy()はOrderBy()の返すオブジェクトに対してソートルールを追加するだけの存在です。ThenBy()を何段連ねてもソートルールが更新されるだけであり、実際のソート処理はenumerableされた時です。 そのためソート済みの結果に対しては無力です。


0

これのどれか(2番目かな?)が使えるかもしれません。 using System.Text.Json.Serialization;を追加して以下のどれかを使ってみてください。 ただし微妙に使い勝手が違う可能性があります。 シリアル化からプロパティを除外する 既定では、すべてのパブリックプロパティがシリアル化されます。 一部のオプションが JSON 出力に表示されないようにするには、いくつかのオプションがあります。 ここでは、を除外する方法について説明します。 個々のプロパティ 個々のプロパティを無視するには、 [JsonIgnore]属性を使用します。 <以下コーディング例の一部> public class ...


1

::WriteFile( pipe, str.c_str(), ( str.length() + 1 ) * sizeof( wchar_t ), &result, nullptr ); ::DisconnectNamedPipe( pipe ); サーバー側のこのコード、相手が読み出す前に切断してしまっています。 C#版はpipe.Connect()によりサーバーの状態確認を行っています。この間にサーバー側が切断してしまうために読み出せなくなっていると考えられます。ちなみに何回か実行すると、読み出しに成功するときもあるようです。 C++版はCreateFile直後にノータイムでReadFileを行っているために読み出しに成功しているだけで、例えばSleep(1)を挟むだけで読み出しに失敗します。 ...


0

知恵袋の以下の回答で解決しました。 ara********さん | の右側の数字を xx として チャンク番号 = xx / 16 チャンク内のx座標 = xx % 16 でいいんじゃありませんか -- https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13221504048


1

「Shell IDList Array」とはクリップボードフォーマットのCFSTR_SHELLIDLISTのことで、ネイティブ形式のCIDA構造体を作る必要があり、CIDA構造体の中にはLPCITEMIDLISTをいろいろ納めなければならなかったりとで、かなり大変です。 とはいえ、SHCreateDataObjectという「Shell IDList Array」を含んだIDataObjectを作るAPIが用意されているので、頑張ればなんとかなります。また、LPCITEMIDLISTの方もいくつかAPIが用意されているので適切に組み合わせればなんとかなります。 また.NET FrameworkではネイティブのIDataObjectをラップしたIDataObjectが使用されていますが、継承関係にあると共に、...


0

クリップボードは正確にはOLE Clipboardといい、実体はコピー元が提供するIDataObjectを貼り付け先が読み取ることで実現されています。 .NET FrameworkではIDataObject(System.Runtime.InteropServices.ComTypes.IDataObject)そのままでは扱いづらいため、ランタイムがラップしたIDataObject(System.Windows.Forms.IDataObject)が使われます。 質問で挙げられたコードもあくまで自プロセス内でラップしたオブジェクトが対象となっています。また、先に触れたようにコピー元と貼り付け先とがIDataObjectを介したネゴシエーションですから、第三者が介入できませんし、やるべきでもありません。...


上位 50 件の最近の回答が含まれています