次のタグが付いている新しい回答:

1

質問記事の参照先では、こちらのSearchOptionパラメータ指定で取得できます。 EnumerateFileSystemEntries(String, String, SearchOption) 指定されたパスにあるディレクトリのうち、検索パターンに一致するファイル名およびディレクトリ名の列挙可能なコレクションを返します。オプションでサブディレクトリを検索対象にすることができます。 質問のソースで言えば以下の行のように変更すれば良いでしょう。 IEnumerable<string> files = System.IO.Directory.EnumerateFileSystemEntries(FilePath, "", SearchOption.AllDirectories)...


1

表示内容をクリアする処理そのものはprivate int Syouritu(int rate, ref string grades)の中で各MessageBox.Show(...)の後に行っていますね。 MessageBox.Show(... + ... array_match_result = new int[0]; label2.Text = ""; label3.Text = ""; label4.Text = ""; lblResult.Text = ""; WinRate.Text = ""; picYou.Image = null; picCPU.Image = null; ...


0

Physics.Raycast() で得られる hit にはレイとの接触点のワールド座標 hit.point が含まれているので、これを活用します。 接触点の奥行きのまま移動させるための値を求めます。 private float depth; depth = Camera.main.transform.InverseTransformPoint(hit.point).z; 接触点をそのままつまめるよう、対象オブジェクトからの相対位置ベクトルを求めます。 private Vector3 offset; offset = hit.point - this.transform.point; 移動させる時にこれらの値を反映させます。 Vector3 mousePos = Input.mousePosition;...


1

JSONには型情報がないため、配列の先頭要素がディクショナリ(JSONオブジェクト)型であるかのテスト・型変換が必要です。as演算子を使用すると型変換を試み、成功すればその値が、失敗すればnullが得られる仕組みになっています。 var array0 = parsedJson[0] as JObject; JObjectにtest1のキーが存在するかはJObject.TryGetValueメソッドが用意されています。存在すればその値が、存在しない場合はnullが返されます。 JToken test1Token; array0.TryGetValue("test1", out test1Token) これらを組み合わせたコード全体は var array0 = parsedJson[0] ...


0

ありがとうございました。単純なDecimalではなく、メンバーにDecimalがあった場合どうなるのかわかりませんでしたが、明確に答えてくださり助かりました。 匿名型で受け取りたいのでジェネリックでダミー引数を受け取ってデシリアライズするコードで確かめました。 using Microsoft.CodeAnalysis.CSharp.Scripting; using System; using System.Diagnostics; using Microsoft.CodeAnalysis.Scripting; using System.IO; namespace シリアライズテスト { public class Program { const String ファイル名 = @"...


0

こちらのテストプログラムが参考になるでしょう。 Utf8Json/tests/Utf8Json.Tests/DecimalTest.cs var d = decimal.MaxValue; var bin = JsonSerializer.Serialize(d); JsonSerializer.Deserialize<decimal>(bin).Is(d); デシリアライズの時に明示的にタイプを指定する必要があると思われます。 質問のソースで言えば以下の行になるでしょう。 var output = Utf8Json.JsonSerializer.Deserialize<Object>(f); <Object>ではなく<decimal>を指定します。 var ...


0

複数のコライダーに分けるか、被っている体積を自分で計算して条件分岐する等でしょうか。


0

実行時引数にクラス名を指定して起動する 実行時引数にクラス名を指定して起動する、ということを実現するコードを書いてみました。 対象のクラスにClassMainという名前のメソッドを実装しておけばクラス名から呼び出せる仕組みです。 using System; using System.Linq; namespace SampleApp { class Program { static void Main(string[] args) { CallClassMain(args); } static void CallClassMain(string[] args) { ...


2

そこで質問なのですが、簡単なプログラムをいくつも作って単体で動かす練習をしたい場合に、現在の環境ではメインメソッドを備えたクラスを複数作ることが許されません。 VSCodeは知りませんが、Visual Studioなら、コンパイル対象のファイル以外をソリューションエクスプローラーから右クリックして「プロジェクトから除外」しておくだけで済みます。 戻す場合は、除外したファイルが非表示になっているなら「全てのファイルを表示を選択」アイコンを選択し、ファイルを選択して右クリックして「プロジェクトに含める」で戻せます。 もしくは、プロジェクトのプロパティでスタートアップオブジェクトを指定すれば、切り替えは可能です。 ただ、Main含む1ソースだけで済むならいいのですが、参照するアセンブリが違ったり、...


2

出来ると言えば出来るでしょう。 以下のエラーが発生していると思われますが、Visual Studioでも同じことをすれば同じようにエラーとなります。 コンパイラ エラー CS0017 プログラム 'output file name' に、複数のエントリ ポイントが定義されています。 エントリ ポイントを含む型を指定するために、/main を使用してコンパイルします。 プログラムには、 Main メソッドを 1 つのみ指定できます。 このエラーを解決するには、コード内のすべての Main メソッドを削除するか、または -main コンパイラオプションを使用して、使用する main メソッドを指定します。 しかし説明にある通り、-main コンパイラオプションを使用して明示的に指定すればビルド出来ます。 -...


0

とりあえず達成する方法をみつけたので回答として報告しておきます。 A1. A2により調査した結果、結論としては、今回の環境ではAero2.NormalColor.xamlでした。 A2. いくつかの方法を試しました。 手動でテーマを適用して、既定と同じ見た目のものが今のテーマである、と考えて、Aero,Aero2,AeroLite,Classic,Luna,Royaleを全通り試しました。 App.xamlに次のような記述を追加してアプリを起動します(参考): <Application.Resources> <ResourceDictionary Source="/PresentationFramework.<ThemeAssembly>;component/...


0

オブジェクトの「前方」は基本的にはZ軸方向のため、シリンダーをその方向に回転させる必要がある シリンダーの中心が回転の中心になるため、その位置を変更する必要がある これを解決する方法の1つに、空のゲームオブジェクトを階層に挿入して座標系を補正する方法があります。実装例として以下に2パターンを例示します。 A から B の方向を指すようにマーカーを表示する場合 + CylinderRoot ... 空のゲームオブジェクト + Cylinder ... Position(0,0,2) Rotation(90,0,0) 対象の方向を向く命令はTransformにLookAt()という簡易的な命令があるのでそれを使います。 // at CylinderRoot public Transform A; ...


0

横の指定個数をcolumnsとして何処かから指定して、以下のような感じで途中の処理を改造すれば出来ると思われます。 //でコメントした部分が追加・変更した点です。 ビルドも動作確認もしていないので、試してみてください。 List<int> rowwidths = new List<int>(); // ここから int rows = (images.Count + (columns - 1)) / columns; // 2次元に配置するための前処理 int curcol = 0; // int py = 0; ...


1

話を聞く限り典型的リソースリーク(によってハードフォールトが増えている)症状に思えます。 SQL 文ってことはデータベースへの接続がある=アンマネージリソースがあるってことで、その辺のアンマネージリソースの Dispose() が漏れているのではないかと疑います。 Dispose() 漏れは適切に using することで防げますので 実行時間とともにリソース量が増えているか否かをチェック(増えていたらリーク) リークしていることが確認できたならソースチェック using を必要とするところで正しく使っているか using だと機能が不足するところでは try / catch / finally が適切に使われているか 適切=握り潰しちゃうのは論外 あたりから調査を始めるでしょうね、オイラなら。 ...


0

コルーチンでは yield return null; で中断し次のフレームから再開となります。 提示されているコードではwhile文を抜けたあとに yield return null; しているため、whileの処理が同じフレームで処理されることになり一瞬で処理が終わります。なので、yield return null; はwhile文の中に記述するのが正しいと思います。 提示されたコードは複数点を通過して移動することを意図しているようですので、それを踏まえたコードを例示します。 IEnumerator Move() { foreach (Transform childobject in _pointParent) { var start = this.transform.position; ...


0

LINQの知識・経験があるわけでは無く、検索結果からの推測ですが。 この辺の記事を参考にすると、//結果用のDataTable作成以後は以下のように書き直しになるのでは? (結果テーブルの列が品番(Barcode?)なのか品名なのか曖昧ですが) 前回 @sayuri さん紹介記事の中の最初の 例 LINQでの内部結合・外部結合 の 内部結合の方法 内部結合の実行 左外部結合の実行 var query = from csv in csvDT join db in oracleDT on csv.Barcode equals db.Barcode select new { Barcode = db.Barcode, // 品名なら最後の行に Name = ...


0

CimSession.SubscribeAsyncを用いれば実現できると思います: var session = CimSession.Create(null); session.SubscribeAsync( "ROOT\\CIMV2", "WQL", "SELECT * FROM Win32_VolumeChangeEvent WHERE EventType = 2 or EventType = 3" ).Subscribe(e => { string driveName = e.Instance.CimInstanceProperties["DriveName"].Value as string; ...


2

みなさんありがとうございます。 複数アカウントを追加していくことはできました。 GoogleからOAuth2で使用するjsonをダウンロードする際にはもちろんGoogleアカウントが必要ですが、私はそのアカウントでダウンロードしたJsonファイルではそのアカウントでしか使用できないと勘違いしていました。 credential = await GoogleWebAuthorizationBroker.AuthorizeAsync( GoogleClientSecrets.Load(stream).Secrets, Scopes, "user", ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています