次のタグが付いている新しい回答:

0

まずはそのポケットWifiのDHCPの設定を見て、割当開始アドレスと、割当最大数から、そのネットワーク上でDHCPの配布外で通信可能なアドレスを割り出します そのうえで、LinuxのIP設定で、そのアドレスを設定します 注意すべきは、DHCPを使わない設定となるので、デフォルトゲートウェイやサブネットマスクの設定、DNS設定などをすべて手動で行う必要があります


1

こちら解決しました。 デバイスに入れていた、セキュリティソフトが邪魔をしていたみたいで無効に設定すると問題なくビルドできました。


1

ファイアウォールというネットワーク機器がありますが、自分はファイアウォールとはOS側で設定したりするものだと思っていました。どのポートをあけるとか。しかし、OS側でちゃんとファイアウォールの設定をする以外に、機器としても存在するのはなぜですか? ファイアウォール機器は、ルーターの親戚みたいなもので、パケットフィルタリング以外にも通信機器としての機能があります。また、フィルタリングするだけなら、Firewallは不要(ルーターで十分)なのですが、より管理しやすかったり、通知機能があったり、ベンダーのセキュリティ情報をダウンロードして最新の攻撃パターンをブロックしたりなどするために使用します。 また、機器の方でファイアウォールを使っていればOS側は仮にファイアウォールを無効にしていても大丈夫なのでしょうか。...


3

無効にしないと動作しないと言った特別な理由があり、別途セキュリティを確保できる状態である、といったことが限り、コンピューターのファイアウォール、いわゆるパーソナルファイアウォール(OSまたはサードパーティーが提供するそのコンピューター上のファイアウォール)は無効にすべきではありません。いいえ、もっとはっきり言います。セキュリティに関する専門家レベルの十分な知識と理解を持っていなければ、パーソナルファイアウォールを無効にしてはいけません。 また、一定以上の組織であれば、特にネットワーク管理者がイントラネット内の全てのコンピューター(この場合はネットワークプリンター等も含む)を一元管理できると行ったことがなければ、パーソナルファイアウォールだけに頼るのは非常に危険です。そのためにも、...


-2

普段は企業のネットワークにつないでいるPCを在宅勤務により自宅に持ち帰るケースは、PC個々のファイアウォールの設定は必須ですね。  企業で使う個々のPCは元々ファイアウォールの設定が義務づけられていたり、強制的に設定されているとは思いますが。  以上は質問に対する直接の回答ではありませんが、 機器の方でファイアウォールを使っていればOS側は仮にファイアウォールを無効にしていても大丈夫なのでしょうか。  ソフトウェアによるファイアウォールは無効にしないことをお奨めします。


2

ファイアウォールという機能・考え方は、ネットワークの(外側と内側の)境界に置く "防護壁" で、ソフトウェアでもハードウェアでも基本的には同じです。 ただし、会社や学校などネットワークの内側にクライアントが多数存在する場合、個々に設定を任せるのは漏れが発生したりする可能性があります。この様なケースではハードウェア型のファイアウォールを用いて、ネットワークの境界 = 出入り口の一箇所で管理した方が効率的だと考えられます。 過信は禁物ですが、より外側のファイアウォールで適切な設定がされていれば、OS上でのファイアウォールは無効にしても大丈夫なケースの方が多いでしょう。


2

その機器にルータ以外のDNSを設定しているのであれば、その機器はルータがDNSの機能を持つことを知らないので特に問題は起きません。 ルータも、その機器からDNSの問い合わせが来なくても何の問題もありません。


上位 50 件の最近の回答が含まれています