次のタグが付いている新しい回答:

1

Allocation IDはElastic IPアドレス (EIP) のIDです。Association IDは、EIPとリソース(この場合はNAT Gateway)とのリレーションのIDです。 EIPを作成するとAllocation IDが払い出されます。作成したEIPをリソースに関連付けると、Association IDが払い出されます。


0

計算処理量とネットワーク処理量とを比べて低い方がシステム全体の処理量である。 その為に、①と②を比べて低い方で比較しあっている。


0

L2スイッチにも MACアドレステーブルがあってできるものかと思っていたのですが... L2スイッチもMACアドレステーブルはあります。むしろ、L2スイッチは、MACアドレスに基づいてデーターの転送を行います。 ルーター再起動時でもクラスター間通信は継続することができるのでしょうか? 同じセグメントであれば、クラスター間で通信は可能だと思います。 一つ気になったのが、クラスターと言われる機器ですが、仮想Pアドレスなど割り振っていませんか?全て実IPアドレスですかね? これだけの環境では、詳細が分からないのですが、取り合えず、 一度、L2スイッチ、クラスター機器を再起動し、MACアドレステーブルを綺麗にしてみては いかがでしょうかね。


0

L3レベルの話であれば「ルータが落ちたらクラスタ間通信が死ぬ」ということはないので、もっと上のレイヤで何かが起きているんでしょう。L2スイッチをL3スイッチに変えたら改善するかもしれない(「ゲートウェイとの疎通がとれなくなると崩壊する」みたいなシステムなら)し、そうでないかもしれません。


1

WindowsとUbintuとでワークグループ名を一致させましょう。Windows側はシステムのプロパティ、Ubuntu側はsmb.confのworkgroup行です。 nslookupはDNSによる名前解決を行うツールです。そのためDNS以外名前解決手段の結果(例えばhosts)が含まれることはありません。pingはOSによる名前解決を行うため、DNS以外の名前解決も使用されます。


2

Ubuntu 側が固定IPアドレスの場合、手っ取り早くは Windows 側の hosts ファイルに Samba (Ubuntu) の IP アドレスを記載してしまう方法が考えられます。 (ファイルの編集には管理者権限が必要) C:\Windows\System32\drivers\etc\hsts 192.168.1.xxx UBUNTU もしくは DHCP 環境の場合には、Ubuntu 側で avahi-daemon を動作させておくことで、IP アドレスの割当状況に関わらず (他のクライアントから) "サーバ名.local" の形式でアクセスすることが可能です。 $ sudo apt install avahi-daemon $ sudo systemctl start ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています