次のタグが付いている新しい回答:

0

プログラムに割り当て可能なメモリ量、という理解でよいと思います。 割り当て可能なメモリ、にはファイルキャッシュで利用されているメモリ等も含まれています。 詳しくは 【RHEL】linuxメモリのfreeとmeminfoの関係を図解し利用率の計算方法を説明してみる にまとめられている記事を参照すると理解しやすいと思います。


1

自分でチェックせずに、サーバーサイドにインストールしたウイルス対策ソフトに任せてしまうとか。有名な 45.1.zip であれば今どきのアンチウィルスソフトはみな検出してくれるようです。 より新しい非再帰構造 zipbomb であっても https://security.srad.jp/story/19/07/16/1351248/ によれば unzip 自体も対応済みとか。記事が書かれた当時に対策ソフトの対応まだでも、今頃はきっと対応済み(であろうことを強く期待する)


3

unzipコマンドの-lや-Zオプションを使えば、アーカイブを展開せずに中身のファイル一覧や展開後のファイルサイズを確認することができます。 身構えてチェックする必要はありますが、不必要にファイルサイズが大きかったり、ZIPの中にZIPが入れ子になっているようなケースは確認できるのかなと。


1

容量の小さいループバックデバイスを作って、その中に解凍するようにしたらいいのでは。 正常なら解凍ファイルを所定の位置に移せばいいし、爆弾なら解凍プロセスがエラーになるので分かるはずです。


2

CentOS 7 標準の Apache 2.4 のパッケージ httpd に含まれる /etc/httpd/conf.modules.d/00-base.conf で最初から mod_rewrite をロードする設定が記述されています。こんな↓内容の行。 LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so この設定ファイルは Apache httpd の設定ファイル /etc/httpd/conf/httpd.conf で読み込むようになっています。こんな↓内容の行。 Include conf.modules.d/*.conf 現在の設定でどのようなモジュールが有効になっているかは、次のように httpd コマンドで確認できます。 # httpd -t -...


上位 50 件の最近の回答が含まれています