次のタグが付いている新しい回答:

0

remark-html-katexを使用する事で上手く動作しました。


0

{}が必要なのは、ReactElement 内でJavaScript(TypeScript)コードを記述する場合です。 function Topics() が返す値が ReactElement[] の場合、そもそも {} が不要ですので、以下の様に書いてください。 .map() に渡すアロー関数で値を返してください key prop を設定してください リストと key – React#Key export default function Topics({ topicList }: { topicList: string[] }) { return topicList.map(topic => (<span key={topic}>{topic}</span>)); } ...


1

@oriri さんの回答の追加情報として。 ngはAngularが自身用のディレクティブを示す接頭辞として予約しているそうですね。 Directive custom prefix Don't prefix a directive name with ng because that prefix is reserved for Angular and using it could cause bugs that are difficult to diagnose. NgForOf DIRECTIVE


1

AngularJS / Miscellaneous/ FAQ によると Why is this project called "AngularJS"? Why is the namespace called "ng"? Because HTML has angular brackets and "ng" sounds like "AngularJS". Angular を表してるそうです


0

読み込みたいファイルtoken.ts //exportと忘れていた。 export const accessToken = "token"; 読み込みたいファイル側で // {}で囲むのを忘れていた。 import { accessToken } from '../token'


0

Promiseに関する質問かと思いますので、本質的でない remarkjs(?) などの処理を除外して考えると以下の様になるかと思います。 type Article = { name: string sha: string size: number url: string html_url: string git_url: string download_url: string type: string }; type Content = { name: string path: string sha: string size: number url: string html_url: string git_url: string ...


0

これが「できた」/「可能」と言えるか分かりませんが Playground で試すと, let o: object = 'hello' だとエラーになり, let o: object = 'hello' as Object で通ります。 このあたりの動作がよくわからないので, 適当な部分が含まれています type json_string = string & { toObj: (s:json_string) => any } let o: object = 'hello' as Object let s: string = 'abc' let js: json_string = 'abc' as json_string // Type Assertionなしだとエラー s = js o = ...


0

自己RESです.解決しました. TypeScript 側の変更事項 以下のコードを記述. import "bootpag"; webpack.config.js の変更事項 bootpagの記述を追加 // Excludes dependencies from the output bundles. The created bundle // relies on that dependency to be present in the consumer's environment. externals: { jquery: 'jquery', jqueryui: 'jquery.ui', buildparam: '...


0

1. TypeScriptを使用しているプロジェクトで、型Aliasを複数のファイルで使用したい場合 型Aliasはexport可能ですので、exportして再利用してください。 Article.ts export type Article = { ... } Foo.ts import { Article } from "./Article"; const article: Article = ... 2. あなたがJavaScriptライブラリを開発中で、そのライブラリの為の型定義ファイルを同梱して提供したい場合 参照されているリンクのタイトルにも書かれていますが、module(.d.tsファイル)はJavaScriptライブラリをTypeScriptで利用するためのものです。 ...


0

自分なりに書いてみた。 Article という型定義を書いてそれが配列になっているというイメージで書きました。 これで型定義自体は出来たと思います。 type Article = { name: string; sha: string; size: number; url: string; html_url: string; git_url: string; download_url: string; type: string; _links: { self: string; git: string; html: string; } }; const zennArticles: Article[] = await fetch("...


0

関数の型 - TypeScript Deep Dive 日本語版#関数の宣言 https://typescript-jp.gitbook.io/deep-dive/type-system/functions#no 関数の型は (引数の型) => 戻り値の型 のように書くので、今回のような引数がなくvoidを返すような関数の型は () => void になります。 // 鷹 const Falcon : { name: string; fly: () => void; } = { name: '鷹', fly: function(): void { console.log(this.name + 'が大空を飛びました'); } }; ...


0

JavaScriptはもともとプロトタイプベースのオブジェクト指向言語です (現在は classキーワードも使用可能 … 使ったことはないけど, 微妙に異なるらしい) それに対し Javaなどの言語は, クラスベースのオブジェクト指向言語です 参考(Wikipedia): プロトタイプベース クラスベース プロトタイプチェーンを利用するには以下のように行います // 利用するときは new 演算子を使う // プロパティーを持つ function Graph() { this.vertexes = []; this.edges = []; } // メソッドを定義する (後から追加することも可能) // (辞書形式で)複数指定可能 Graph.prototype = { addVertex: ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています