次のタグが付いている新しい回答:

0

STS上でSpring Bootを実行しようとしたときの事象かと察します。 ~/.bash_profile の設定が有効になるのは bash から起動した(つまりターミナルから起動した)アプリケーションだけです。 おそらく、DockなどからSTSを起動しているのではないでしょうか。 採れる選択肢は3種類あるかなと思います。 ターミナルからSTSを起動する Dockから起動した場合も有効になるような環境変数の設定方法を実施する この2種類の方法については、私は手元にMacを持っているので回答できません… (環境変数の設定方法については、MacOS X のバージョンによって異なっているかも知れないので、質問文にOSのバージョンを明記した方が良いかと考えます) 3つめの選択肢は、...


1

該当の製品はかなり古いもののようで (2015年~16年頃)、対応 OS も Windows XP や Vista 止まりで 公式サイト 上では検索しても見つからず、既にラインナップやサポートから外れているようです。 そもそも想定しているような開発者向けの利用方法がサポートされているのかをまずは確認すべきではないでしょうか? (恐らくは製品のユーティリティ経由での利用しか対応していないような気がします)


0

これまでは.bash_profileにPATHが記入されていましたが、Catalinaの場合.zshrcにPATHが記入されています。そちらのPATHがクリアになっていないのかもしれません。.bash_profileのPATHをクリアにしたのと同様の方法で.zshrcもクリアにしてみてください。


0

CRONで実行する場合、ログイン時の設定は読み込まれません。 今回のケースはgdateのパスが通っていなかったようです。 CRONで実行するコマンドやCRONで実行されるスクリプト内で起動するコマンドを完全パス名で記述すると、パスが通っていないコマンドでも実行できます。 コマンドによっては環境変数によって挙動が変わるものもあるので、起動するスクリプトで明示的に設定を読み込む必要があるかもしれません。


上位 50 件の最近の回答が含まれています