次のタグが付いている新しい回答:

2

例えばログインシェルが bash の場合、エディタ等で .bash_profile の末尾に以下の記述を追記してください。 参考: MacにSpring Tool Suiteを導入する export JAVA_HOME=/Library/Java/JavaVirtualMachines/openjdk-14.0.1.jdk/Contents/Home export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH


2

実際にどのようなファイルが容量を食っているのかを調べるのが早いです。システムデータが食っているといっても、その内訳で何が大きいデータになってしまっているのかには環境や条件によって異なります。本当に必要なデータなのかもしれませんし、キャッシュのように消せるデータなのかもしれません。 まず、「このMacについて」→「ストレージ」→「管理」で出てくる「ストレージの管理」では、サイズの大きなファイルを一覧することができます。 またサードパーティーのツールをインストールすることができるなら、いくつかツールが知られているので使ってみるのも良いでしょう。OmniDiskSweeper などいくつかのツールが知られています。こちらのリストを参考にしてください: https://apple.stackexchange.com/...


2

上記 locale コマンドのエラーメッセージで検索した所、こちらの記事が見つかりました https://askubuntu.com/questions/599808/cannot-set-lc-ctype-to-default-locale-no-such-file-or-directory 添付画像のように、iterm2 の、ロケール変数の自動設定をオフにして iterm2を再起動した所、locale コマンドの結果からエラーが消え、 ls nano vi いずれも日本語が正しく表示される用になりました


上位 50 件の最近の回答が含まれています