次のタグが付いている新しい回答:

1

エラーメッセージに内容は書かれていて、@cubick さんがコメントされている通り、作業している場所C:\Program Files\nodejs\node_modules\npmからnpm installを実行した中で、C:\Program Files\nodejs\node_modules\npm\node_modules\.stagingフォルダを作成しようとした際に、WindowsOSから、その場所にフォルダを作成する権限が無いというエラーが通知されて処理が終了しています。 対策としては、コメントで紹介したものを含むこれらの記事を参照して、以下のようになると思われます。 Node.js プロジェクト の 作成 npm よく使うコマンドまとめ npm の基本的な使い方 あなたがnpm ...


0

アクセス先の URL が "HTTPS" ではなく http:// の場合、最新のブラウザでは「保護されていないサイト」と見なされ安全のためにブロックされるケースがあります。 リスクを理解した上でブラウザの警告画面から該当のサイトに進むか (一般的にはお勧めしません)、 Netlify の場合には SSL 化する方法があるようです。 参考: Netlifyで公開しているサイトをSSL化する方法 Netlify管理画面での設定 Netlify にログインし、「Domain management」から「HTTPS」をクリックします。 HTTPSの「Verify DNS configuration」をクリックします。


2

要件で次第ですが、通常ジョブスケジューラを使うこともできます。 製品であれば、JP1、JobCenter フリーであれば、Jenkinsなんかでも代替は可能です。管理したい対象が多くなったり、エラー発生時にアラーム鳴らすとかしたい場合に威力を発揮します。あとは複数ジョブの成否や実行待ちなどが必要な場合も便利に使えます。 単純に定期実行したいのであれば、cronやtaskスケジューラ使うこともできます。 どちらにしても要件次第です。


2

Node.js を実行する Linux サーバーが手元にあるのであれば、cron を使って定期実行するのが古典的です。JavaScript に限らず使われる手法です。 ※ Windows サーバーの場合 cmd.exe における cron 的なコマンドとして Schtasks.exe が知られているようです。私は使ったことがありませんが補足まで。 ※ Function as a Service (FaaS) である AWS Lambda や Cloud Functions を使い実行なさっている場合は、それぞれ CloudWatch Events や Cloud Scheduler を使って実現できます。


上位 50 件の最近の回答が含まれています