次のタグが付いている新しい回答:

0

強引な方法ですが、source_location と eval を使って処理しています。前提として、対象のソースコードファイルには一つのクラス定義のみが記述されていて、インスタンスメソッド以外の宣言・定義は無視されます(出力されません)。 TestClass.rb class TestClass def z "z" end def y "y" end def x "x" end def b "b" end def a "a" end def h if true puts "h" end end def w; "w" end end sort_method.rb ...


1

拡張機能の"Ruby"(発行者名がPeng Lvとなっているもの)をインストールして有効にすると、意図する動作になるのではないでしょうか。 ("Ctrl + Shift + X"で拡張機能タブが開くので、そこでRubyと検索すれば出てきます) 上記のsettings.jsonを反映させた状態でこの拡張機能を有効にすると、 html.erbファイルがerbファイルと認識されました(右下に表示される言語モードが"erb"になりました)。 その状態で"cmd + /"を行うと、下記のようにコメントアウトされました。 <%# text %>


0

以下の問題がありそうです。 config/initializers/devise.rb の "s" が抜けている Deviseを使用する場合の設定と、使用しない場合の設定が混在している 公式のREADMEのDeviseの項 に、以下の記載があります。 First define your application id and secret in config/initializers/devise.rb. Do not use the snippet mentioned in the Usage section. (中略) NOTE: If you are using this gem with devise with above snippet in config/initializers/...


0

heroku buildpacks:set https://github.com/bundler/heroku-buildpack-bundler2 してみるとどうでしょうか?


0

result = `curl -X GET https://api.gnavi.co.jp/RestSearchAPI/v3/?keyid=78d2d49f3aa8747a6cc03da01cf41bdd&category_s=RSFST08008&category_s=RSFST08009&#{place}`#ここでぐるなびAPIを叩く#{place} 外部コマンドに不備があります。 & を \\& に変更すれば動くのではないでしょうか?


0

Rubyの標準ライブラリのメソッドには レシーバのオブジェクトのコピーに何らかの操作を加えた結果を返すもの レシーバのオブジェクト自体を変更するもの があり、前者を「非破壊的」メソッド、後者を「破壊的」メソッドと言います。同様の処理をする非破壊的メソッドと破壊的メソッドがある場合、破壊的メソッドの方のメソッド名に"!"をつけるのが慣習となっています。 (あくまで同機能のメソッドがある場合でしかも慣習なので、一般的に「"!"がついていれば破壊的メソッド」ではないことに注意してください) slice/slice!もこのパターンで、前者は配列をスライスした結果を返し(元のオブジェクトはそのまま)、後者は呼び出したオブジェクト自体を変更します。 ...


5

slice(1, 3) のようにコールすると、第一引数のインデックスから第二引数の文字数の部分文字列を返します。 つまり、 1, 3 の場合は2(0始まりなので1+1)文字目から3文字を取り出すことになります。 https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/class/Array.html#I_SLICE slice!(1, 3) のようにコールすると、第一引数のインデックスから第二引数の文字数の部分文字列をレシーバーから削除します。 そして、戻り値は slice と違ってレシーバー(削除済みの配列)ではなく、削除した要素が返されます。 https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/class/Array.html#I_SLICE--21 つまり、...


1

自分はずっと、 pry-byebug を利用していたのですが、これと、 pry-stack_explorer は非互換だそうです。 https://github.com/deivid-rodriguez/pry-byebug#alternatives gem ファイルの依存関係に、 pry-byebug と pry-stack_explorer の両方をいれていると、どうやら、 up/down の挙動がおかしくなる模様です。 pry-stack_explorer を削除した結果、動作は安定するようになりました。


上位 50 件の最近の回答が含まれています