次のタグが付いている新しい回答:

0

Area.near("tokyo").joins(shop: :accounts) はクエリ見る限りあってると思われます。 恐らく検索されるAreaから関連するshopとaccountデータがないのだと推測されます left_joins を試してください。 Area.near("tokyo").left_joins(shop: :accounts)


0

search_form_for のフォームヘルパーがformタグを出力するので外側で囲うタグを削除して試してみてください。 <%= search_form_for @q, url: search_path, class: "form-inline" do |f| %> <%= f.label :title, "近くのお店を調べてみる" %> <%= f.search_field :title, class: "form-control", placeholder: "please name" %> <%= f.submit "検索", class: "...


0

回答いただき、ありがとうございます。 回答をもとにコードを修正した所、緯度、経度の値を取得し、無事DBに保存することができました。 app/models/scraping.rb class Scraping < ApplicationRecord require 'open-uri' require 'nokogiri' def self.spot_scrape base_url = 'https://loconavi.jp/' features_url = 'features/hananomeisho' url = "#{base_url}#{features_url}" # google mapsの正規表現、緯度経度をキャプチャする ...


1

以下は String#scan を使う方法です。 doc.css('.main-left-layout').each do |node| coord = node.css('a').each {|m| coord = m['href'].scan(/http:\/\/maps\.google\.com\/\?q=([\d.]+),([\d.]+)/) if coord.any? break {:lat => coord[0][0], :lng => coord[0][1]} end } p coord # DBに取得したデータを保存 : end ## p coord の出力結果 {:lat=>"34....


2

正規表現を利用した方法を紹介します。 記述してある node.at_css('#information p > a')[1]["href"] ではうまくnodeがとれなかったので範囲内のaタグのリンク先を見て探すようにしました base_url = "https://loconavi.jp/" features_url = "features/hananomeisho" url = "#{base_url}#{features_url}" # google mapsの正規表現、緯度経度をキャプチャする maps_regexp = /\Ahttp:\/\/maps\.google\.com\/\?q=(.+),(.+)\z/ #...


1

Sorcery::Generators::Helpers module は Sorcery::Generators::InstallGenerator class で include される形で利用されており、かつその形でしか使われていません。この InstallGenerator class は Rails::Generators::Base class を継承しています。そして Rails::Generators::Base はインスタンスメソッド options を持っているため、ここに options が定義されています。 Rails::Generators::Base に options がある所以は以下から分かります。 https://railsguides.jp/generators.html#...


1

jQueryの質問になるかと思いますが書いてみました $.ajaxをfetchに変更していますが、内容とは関係ないので気にしないでください https://codesandbox.io/s/ja-stackoverflow-78393-rn484 やることは以下のステップになると思います 補完リストのクリックイベントを受け取る クリックしたアイテムの情報をinputに代入する 補完リストを削除する 1.のコード $(".spot_search_result").on("click", ".list-group-item", function (event) { // 省略 }) jQueryの on メソッドを使ってlist-group-...


1

app/javascript/chk_waittime/index.jsを下記のように window.onload = function() {} で囲うことで解決しました。 javascriptが読み込まれるタイミングが原因のようです。 変更前 document.getElementById('post_waittime').onclick = function(){ alert('index.js'); }; 変更後 window.onload = function() { document.getElementById('post_waittime').onclick = function(){ alert('index.js'); }; }; ...


1

[]= が bf_set() で Array でも指定できます 0.bf_set(3,5,[1,0,1,1,0]) #=> 176 それだけだと寂しいので、適当に書き足しました。 高速なアルゴリズムより単純でコンパクトさを重視して実装しました。(つまり手抜き) # bf_??? Bit Field ... # Ruby 互換性メモ # 一行メソッド定義は Ruby 3.0.0 以降 # Integer#bit_length は Runy 2.1.0 以降 class Integer def bf_set( start, width, value ) # bf_set(start, width, value) -> Integer; bf_set(start, width, [...


1

とあるslackによると class Integer def bitset(start, width, value) mask = ~(~0 << width) (self & ~(mask << start)) | ((value & mask) << start) end end


0

tweet = Tweet.create User.transaction do user = User.create! user.likes.create!(tweet_id: tweet.id) end のようにすればバリデーションにひっかからずに作成することが可能です。ここでのポイントはtransactionメソッドで、これにより別々にモデルを作成・保存してもどちらかが保存に失敗すればUserとLikeはどちらも保存されません。これで実質的な「同時保存」の条件は満たしていると思われます。 また、transaction内部でcreate!を使っているのは、このメソッドが保存失敗時に例外を発生させそれがトランザクションを巻き戻させるためです。...


1

事前にnilかどうかチェックして、nilならnextする・・・という対応はいかがでしょうか? doc.css('.main-left-layout').each do | node | sleep 1 # データが取得できなかった場合は次のループに行く if node.at_css('.block') == nil \ || node.css('.spot-info > .t-cell')[1] == nil \ || node.css('.spot-info > .t-row > .t-cell')[1] == nil \ || node.at_css('.text') == nil then next end # ...


0

良く考えないでanyenv を導入した事が原因のようです。 私の軽率なミスのようです。


1

冗長というのは、次の行の href = doc.css('.flower-spot')[0]["href"] [0] の部分が 0, 1, 2 と異なるだけで、他はまったく同じ処理が3回繰り返されているということだと思います。 times を使うと、 3.times do |i| # i の値が 0, 1, 2 と変化して繰り返す end のように書けるので、次のようにループにすることができます。 3.times do |i| html = URI.open(url).read doc = Nokogiri::HTML.parse(html) href = doc.css('.flower-spot')[i]["href"] #...


1

こちらでどうでしょう? # json.buider json.array! @category_history do |ch| json.category ch[0] json.amount ch[1] end jbuilderはREADMEに豊富なサンプルが書いてあるので迷ったら眺めてみるとよいです https://github.com/rails/jbuilder


上位 50 件の最近の回答が含まれています