次のタグが付いている新しい回答:

0

各actionで変数名を揃えている理由ですが、理由の1つとして各アクション間でviewテンプレートの共有が行われるからだと思います。 例えばメッセージの表示をするテンプレートはshow以外にもcreateやeditが成功した後に使われたりしますし、メッセージの編集フォームはcreate、editで使われます。 ここで、表示対象となるメッセージの変数がバラバラだと困ったことになります。 ということで、このような処理がある場合はaction間で変数を統一しておくことがあります。


3

bundle install 実行時のエラーメッセージに表示されているドメイン名が .rog となっていますが、正しくは .orgのはずです。 おそらく Gemfile の中にタイポがあるのでしょう。 Fetching source index from https://rubygems.rog/


1

自由な変数名を使って良いです。 チーム開発をする場合はMessageクラスの変数名に別の名前をつけると他に意味があるか考えてしまったりするので中身を説明する変数名をつけることが良い習慣とされています # 悪い例: 犬のクラスなのに猫? @cat = Dog.find(params[:id]) また今回例示頂いたような短い変数名は小さな関数の中では読み間違うことはほぼないため、利用して良いと思います(RailsだとViewで利用するので見かけよりでかかったりしますが) # Messageのインスタンス変数なので頭文字のm def show @m = Message.where(...) end なぜ@messageを使うかを書いてみます。 Railsは規約に従うことコード量を少なくシンプルな記述で書けます。...


2

brewでinstallできるRubyはkeg-onlyですので、PATHに自分で追加しないとダメですよ。


2

ファイルパスにスペースが混じっていることが原因かなとエラーメッセージから推測されます。 メッセージが /Users/shiotaka/Google で切れてるので。 /Users/shiotaka/Google ドライブ/genba_rails/taskleaf/vendor/bundle/ruby/2.5.0/gems/spring-2.1.1/lib/spring/client/run.rb:76:in `spawn': No such file or directory - /Users/shiotaka/Google (Errno::ENOENT)## Googleドライブではなくて、別の場所でサーバを起動してみるとどうでしょうか。


上位 50 件の最近の回答が含まれています