次のタグが付いている新しい回答:

2

考えられる限りの0からnまで(含まないパターンと含むパターン)の配列を作るメソッドを用意し、ベンチマークを取る(公平にするために要素数が同じとし、含むパターンは初めから-1した数を渡すようにする)ようにしてみました。 integer_sequence.rb # frozen_string_literal: true module IntegerSequence module_function # from 0 to n exclude n def arr_new_itself(n) Array.new(n, &:itself) end def arr_new_block(n) Array.new(n) { |i| i } end def ...


1

恐ろしいことに、ここでRubyの質問をすると、ruby-jpというslackに転送される仕組みになっていたのです。 そこでRubyのコミッターの@n0kadaさんからベンチマークと回答頂きました。ips=instruction/secondsなので数値が大きいほうが速いとのことです。to_aの方がちょっと速いということになりそうです。 $ ruby -rbenchmark/ips -e 'Benchmark.ips{|x|x.report("splat") {[*1..100]}; x.report("to_a") {(1..100).to_a}}' Warming up -------------------------------------- splat 44....


1

元のGemfile.lockではmysql2のバージョンが0.3.16になっていますが、エラーメッセージでは0.3.10が使われてるようです。rakeのバージョンも10.3.2のはずが12.3.3が呼び出されていますし。 恐らくいろいろ試してる時にbundle updateしてGemfile.lockを更新してしまったのではないかと思います。 但し依存関係の問題でTzinfo-dataはGemfileからコメントアウトしました。 と書かれていますが、具体的にどのような問題があったのでしょうか? ...


1

1: from C:/Ruby26-x64/lib/ruby/2.6.0/fiddle.rb:47:in `new' の先はネイティブのC言語コードになっています。newの実体はrb_fiddle_handle_initializeで、その中で ptr = dlopen(clib, cflag); dlopenを呼んています。Windowsにはdlopenはありませんが、fiddle.hで # define dlopen(name,flag) ((void*)LoadLibrary(name)) フラグを全て無視してWindows APIのLoadLibrary呼び出しとなります。 LoadLibraryがDLLを検索する順序はDynamic-Link Library Search ...


1

コメントありがとうございます。 自己解決しました。英語版のstackoverflowで、dllが他のdllに依存しており、そのために読み込めないのではないか、DLLを読み込む前にSetDllDirectory()を呼んでgr/binのディレクトリを指定してはどうかと言われました。 require 'fiddle/import' require 'fiddle/types' module WinAPI extend Fiddle::Importer dlload 'kernel32.dll' include Fiddle::Win32Types extern 'int SetDllDirectory(LPCSTR)' end WinAPI.SetDllDirectory(File....


2

このエラーは、「Gemfile内ではjquery-railsのバージョン3.0.4を指定しているけど、activeadmin gemはjquery-railsのバージョン4.2以上5.0未満を指定(~> 4.2のことです)しているから、その両方を満たすバージョンがありません」と言っています。 次のようなGemfileで同じようなエラーを再現できます。 source 'https://rubygems.org' gem 'jquery-rails', '= 3.0.4' gem 'activeadmin', '= 2.4.0' $ bundle install Fetching gem metadata from https://rubygems.org/.............. ...


1

Epsilon を取り扱う場合、絶対値と比較するのではなく、相対誤差に変換してから計算することをお勧めします。 というのも、浮動小数点数の誤差は、絶対値ではなく、有効桁数的な、その数値のスケールに対する相対値でもって規定されるからです。 なので: a = 0.027 b = 0.027000000000000003 p (((a - b) / a).abs < 10 * Float::EPSILON) が個人的にはおすすめです。ここで出てきた 10 はどれぐらいの浮動小数演算による誤差を許容するかの係数で、必要に応じて調整します。一般的に、浮動小数演算を繰り返すほど、誤差は大きくなる可能性があります。


1

NArrayなら require 'numo/narray' arr = Numo::Int32[1, 5, 39, 43, 22, 51] arr[arr < 35] # => Numo::Int32(view)#shape=[3] # [1, 5, 22] ですね。


8

状況に依りますが,以下のようにBigDecimalを使い,そもそも誤差が生まれないようにするという手もあります. require 'bigdecimal' puts 0.1 + 0.2 == 0.3 #=> false puts BigDecimal('0.1') + BigDecimal('0.2') == BigDecimal('0.3') #=> true これは,お金のような無限の精度を持った数を扱うような場合にはよく使われる方法です. BigDecimalを使うべきでない場合(科学計算等)には,以下のようにします. a = 0.027 b = 0.027000000000000003 puts (a - b).abs < 1e-10 #=> true


1

仮に有効数字を揃えて比較したいという場合であれば、以下の方法があるかもしれません。 a = 0.027 b = 0.027000000000000003 a.round(16) == b.round(16) # 丸める位は適当です。 # => true 浮動小数点演算に誤差が生じてしまうのはある程度仕方ない部分もあると思うので、それを発生させない工夫も必要かもしれません。 参考: https://doruby.jp/users/note/entries/1 これは手っ取り早い解決方法なので、より正確を期すなら他の方の回答も参考してみるといいと思います。(ど、どなたか…。) (追記) BigDecimal と Float::EPSILON を使えば、以下のようにも比較できそうです。 (...


2

プログラムの都合上、ソート済みのものについて高速に処理したいということであれば、 二分探索のメソッドがあるので、それで閾値のindexを取得すれば以下のように記述できます。 index = arr_s.bsearch_index { |x| x >= threshold } arr_s.slice(0, index || arr_s.size) reject などを使えば、ソート済みの配列でなくても要素の選別ができます。 FYI: https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/method/Array/i/bsearch.html


2

arr_s.reject { |x| x >= threshold } または arr_s.take_while { |x| x < threshold }


3

SQLがsyntax errorになっているのは、ALLがSQLiteのSQLの予約語だからじゃないかと思います。 他のRDBMSでも予約語だと思います。 (UNION ALLのため https://www.sqlite.org/lang_keywords.html where("`all` > 0") のようにクオートが必要なんじゃないかと思います。 コマンドラインからはこのように確認できます。 $ sqlite3 SQLite version 3.24.0 2018-06-04 14:10:15 Enter ".help" for usage hints. Connected to a transient in-memory database. Use ".open FILENAME" to ...


1

反映されないです。反映されるとしたら、例えば rails の development モードなどがそうですが、ファイルが変更されたら自動的にそれを読み込み直してロジックに反映するような機構をフレームワーク側がサポートしている場合に限ります。


上位 50 件の最近の回答が含まれています