次のタグが付いている新しい回答:

0

Homebrewでインストールしたパッケージを削除したい、という質問でしたら、 brew uninstall パッケージ名 です。 削除する前に、 brew list でインストール済みのパッケージ一覧を確認すれば良いでしょう。


8

デーモンを 2つ起動するのではなく、Match で設定を変えるといいと思います。 Match LocalPort 5022 PermitRootLogin no PasswordAuthentication no AllowUsers someuser


1

なんらかのツールを入れてもいいのであれば、pecoを使うのはどうでしょう。 https://github.com/peco/peco にあるツールでファイル一覧から選択してRubyスクリプトが実行できるようになるはずです


1

コメントでのやり取りも踏まえて、真にやりたいことは「ifup 実行時に何らかのエラーがあった場合にそれを検知して受け取りたい」だろうという前提で回答してみます。 ifup コマンドに限らず、Linux コマンドは終了時に 終了ステータス と呼ばれるコマンド実行の成否を表す特殊変数 $? に値を設定するのが一般的です。 正常終了時: 0 異常終了時: 1 (またはコマンドやエラーの種類に応じて 0 以外の数値) ifup コマンドは (コメントでも指摘のある通り) 中身を覗くとシェルスクリプトになっており、動作を追っていくと別のスクリプトを順々に呼び出していますが、終了ステータスについては上記説明と同じ値を設定しているようなので、この値を元に判定すれば良さそうです。


0

btrfscue を使うことでマウントまで出来ました。 必要なツールは btrfscue, ddrescue, fusermount です。 まず、fusermountを使えるようにします。 root@agartha # ln -s /opt/bin/fusermount /bin/ root@agartha # つぎに、ddrescueでディスクボリュームをイメージファイルにします。 root@agartha # cd /share/Public/recovery root@agartha # /opt/sbin/ddrescue -r 1 -n --verbose /dev/md2 rescue.dd map GNU ddrescue 1.20 About to copy 15993 GBytes ...


1

プロセス間通信は、一般的なものから Qt 専用のもの、低レベルから高レベルまでいくつか選択肢がありますね。他のアプリがすべて Qt 製なら QRemoteObject が使いやすいかなと思います。 QTcp/UdpSocket QWebSocket QHttpServer QDBus* QRemoteObject QtMqtt*


上位 50 件の最近の回答が含まれています