次のタグが付いている新しい回答:

3

cronolog はどうでしょうか。Debian, Ubuntu なら標準パッケージ。 foobar |cronolog /var/log/%Y/%m/%d/access.log のようにして使えます。


4

どうしてもeclipse上でstrcpy_sを実装したい場合無理やりコードを通す、関数を追加する方法など ありませんでしょうか?? 774RRさんも回答されていますが、strcpy_sはC言語仕様に載ってはいるもののオプショナルであり、現状ではMicrosoftのVisual Studioぐらいでしか提供されていません。 質問者さん以外の第三者としては「課題にてstrcpy_sを使用して文字列をコピーしなくてはならない」が実際にどのような記述で出題されているのかはわかりませんが、課題の内容をもう一度深く深く読み返すことをお勧めします。(strcpy_sを使用しなくてもよい、もしくはVisual Studioの利用が必須、等の条件が課されているのではと推測しています。) といいますのも、...


6

strcpy_s() はもともと Microsoft Visual C / C++ にて採用された新しい関数です。そのため MSVC 以外の処理系には strcpy_s() は実装されていないのが多いようです。 c11 つまり C の言語仕様書 ISO/IEC 9899:2011 では確かオプショナルで採用されたのですが gcc 開発グループはこの関数を gcc に(今は)実装しないことを決定している様子。 https://stackoverflow.com/questions/40045973/ https://stackoverflow.com/questions/36723946/ そのため gcc 開発グループが提供している libc では strcpy_s() は使えないです。つまり Ubuntu の ...


1

:terminal は引数で実行するコマンドを指定できます。無指定の場合は $SHELL が使われるので、通常はシェルが立ち上がります。 つまり以下のようなコマンドを実行すれば、現在のバッファを bash に渡して実行できます。% は現在バッファの名前に置き換えられて実行されます。 :terminal bash %


0

.git/ ディレクトリ以下には細かなサブディレクトリがあるので、個別の原因となるファイルを特定するよりは一括で権限を変更してしまう方が手っ取り早いかもしれません。 所有者とグループを変更 $ chown -R vagrant.vagrant .git 読み取り + 書き込み権限を追加 $ chmod -R ug+rw .git 参考: can't add file to git repository but can change / commit - Stack Overflow


2

pv プロセスの stdin と stdout に対して、read(2) も write(2) も呼び出されていません。 $ lsb_release -ir Distributor ID: Ubuntu Release: 20.04 $ uname -srm Linux 5.4.0-37-generic x86_64 $ pv --version pv 1.6.6 - Copyright 2015 Andrew Wood <andrew.wood@ivarch.com> $ cat /dev/urandom | pv -rf -t -i 2 >/dev/null 2>output & strace -p $! -e read,write : ...


1

">" と ">>" でシステムコールに違いがあるのは不可解です。 "cat hoge | pv > /dev/null" は、シェルが /dev/null を open する時に O_APPEND を付けるかどうかの違いしかなく、pv の処理には影響しないはずです。 実際手元の CentOS6.9 で試してみた限りでは、その違いしか見られませんでした。


0

snapd が起動していないように見えます。MX Linux の環境が手元に無いので試していませんが、systemctl start snapd.service (systemd の場合) や service snapd start (sysVinit の場合) などの方法でデーモンを起動させれば動かないでしょうか。


7

pvは> /dev/nullのときにnullデバイスにwriteしていません。 > /dev/nullと>> /dev/nullの差はこれが理由です。 調査に使用したpvのバージョンは以下です。 pv 1.6.6 - Copyright 2015 Andrew Wood andrew.wood@ivarch.com この現象の差は> /dev/nullと>> /dev/nullの性能差ではなさそうです。 pvの代わりにcatにを使ってtimeとstraceを実行してみましたが、有意な差は見受けられませんでした。 > /dev/nullと>> /dev/nullのわずかな差がpvで拡大しているように見えます。 Q....


0

自己解決しましたので、一応自己回答を残しておきます。 root以外のユーザーでsudoしてもできなかったのですが、下記のように rootユーザーでコンテナに入りなおしてから実行すれば、apt-getを更新することが出来ました。 $ docker exec -it -u root <container ID> bash root@<container name>:/$ apt-get update


2

tcsh 6.17.03 での bug fix です。 https://github.com/tcsh-org/tcsh/blob/48c44071d7c66ba4a7757376ff333d9e3bd820ba/Fixes#L227-L228 Error out when processing the last incomplete line instead of silently ignoring it (Anders Kaseorg)


0

Snappyでインストールするというのはどうでしょうか。 (日本語でよりわかりやすく解説しているサイトもあるかと思いますが)公式サイトが言うところの Each snap is a compressed SquashFS package (bearing a .snap extension), containing all the assets required by an application to run independently, including binaries, libraries, icons, etc. 辺りが希望にかなっていると思います。 インストール方法: sudo snap install ffmpeg ちなみに、Ubuntu18....


1

"環境を汚す" というのは標準以外のディレクトリへ独自にインストールすることだと思うので、パッケージ管理に従った方が "汚れない" と個人的には思います。 あくまでパッケージを利用したくないということであれば、以下の手順でインストールする形になると思います。 ダウンロード & インストール手順 公式サイトの " Get packages & executable files" で Linux を選択し、"Linux Static Builds" の下の リンク先 に移動。 注意書きでは "git master builds" がお勧めされてますが、ひとまず右側の "release&...


4

現在は、XDG Base Directory Specification に従って、環境変数 XDG_CONFIG_HOME が指定するディレクトリ(環境変数が設定されていない場合は $HOME/.config)の下に設定ファイルを置くのが標準的な慣習となっています。


3

伝統的にはマルチユーザーでの利用が前提なので、まずは各ユーザーのホームディレクトリ以下に置けばよくて、単一の設定ファイルで済むなら .APPNAMErc のようにいわゆるドットファイルで名前の末尾に rc を付けて設定ファイルと分かるようにしているケースが多いと思います。 設定ファイルが複数になるようであれば、ホームディレクトリ直下に .APPNAME/ の形式でディレクトリを作成しているケースもあります。


0

https://formulae.brew.sh/formula/icu4c icu4c C/C++ and Java libraries for Unicode and globalization http://site.icu-project.org/home /api/formula/icu4c.json (JSON API) Formula code on GitHub https://github.com/Homebrew/homebrew-core/blob/69cf71ca17a2d37a40336010376d82564287c121/Formula/icu4c.rb url "https://github.com/unicode-org/icu/releases/download/...


0

Aが起動する理由は、Bの Type= が simple に設定されているため、 unitB が起動された瞬間にサービスの開始 (startup) が成功したとみなされるからです。実際に起こっていることは以下のとおりです: unitB 正常にサービスが開始 unitA Bが開始したために開始 unitB サービス実行中に異常終了 あなたが書かれたような挙動を得るためには、サービスの開始が完了した時点を明示的に systemd に伝えるような Type= を unitB に指定する必要があります。 Type= による挙動の違いは systemd.service(5) のmanページに詳しく書かれていますが、この場合 forking か notify のどちらかになると思います。ただし、いずれを選んだにせよ、...


0

ログイン時のインタラクティブなやり取りは、古くはtclのexpect拡張というものがあって、 現在は、同等の機能が実現出来るperlやpythonなどの実装もあります。 (「expect」で検索してみてください) シェルスクリプトだとemptyというツールで実現出来ます。 しかし、今回の場合はexpectを使わなくても良さそうな気がします。 HTTPのやり取りをするのであればtelnetよりも、nc(netcat)などのほうがやりやすそうな気がします。 ncを使えば、コマンドラインでHTTP/1.1リクエストを送り結果を標準出力へ出力させることが可能です。 (HTTPプロトコルあまり詳しくないのでリクエストの仕方が間違えてたらすみません) $ echo -e "GET /index.html HTTP/1....


0

yum install を実行した時、既にインストール済みならメッセージが表示されるだけなので、敢えて事前に if 文でチェックする必要は無い気がします。 設定ファイル(/etc/ssh/sshd_config)の編集に Vim を使おうとしていますが、シェルスクリプトで処理するなら別のコマンドを使った方が簡単かと思います (Vimでバッチ処理をする方法もありますが)。 書き換えようとしている箇所はいずれもコメントアウトされた状態なので、かなり手抜きをすると例えば以下のような方法になるかと思います。 #!/bin/bash yum -y install openssh-server echo "PasswordAuthentication yes" >> /etc/ssh/...


3

比較演算子 != と 100 の間にスペースが無いのが原因じゃないでしょうか。 正しくは while [ $count != 100 ]


上位 50 件の最近の回答が含まれています