次のタグが付いている新しい回答:

1

winbindd(8) は動作していますか? (動いているようだけど念の為) wbinfo --WINS-by-name julia で winbindd に julia の名前解決を依頼したとき、どのような応答が得られますか? IP アドレス 10.10.10.200 のホストがブロードキャスト宛の名前解決要求に応答していますが、応答によると JULIA<20> の IP アドレスは 192.168.222.1 と答えているように見えます。この IP アドレスに心当たりはありませんか? mDNS でも resolv.conf(5) で search local とでも書いておけば .local 付けずに済むと思うのですが、それでは駄目なのでしょうか?


5

シェバンを解釈するのはexecveのようです。 シバン (Unix)出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)の補足を参照のこと /bin/bash ./hoge.shではexecveを呼び出されず、-xが効いていません。 straceで調べてみましたがやはり、execveでhoge.shになり替わっていませんでした。 /bin/bash ./hoge.shはhoge.shを単なるデータとして読み込んでいるようです。 hoge.sh #!/bin/ls -l echo hello をbashに渡すと、helloと出力されますが、./hoge.shだとls -lが実行されます。


1

中間サーバーを踏み台にして ssh 転送したいという意味であれば、多段 scp が使えます。 たとえば ProxyCommand を使うと次のように書けます。 scp -r -o "ProxyCommand ssh -i ~/.ssh/key ユーザー@踏み台 -W %h:%p" /path/to/file ユーザー@送信先:/path/to/file また、ProxyJump を使って書くこともできます。 参考: How to scp with a second remote host


0

libiconvの共有オブジェクトが存在しないようなので、condaでlibiconvを入れたらどうでしょうか。 conda install -c conda-forge libiconv Ref: https://stackoverflow.com/questions/41775441/chef-installing-uwsgi-libiconv-so-2-no-such-file-or-directory


0

今どきピュア ftp は他の方法でセキュリティが担保されている場合に限定して使うべきで、普通は rsync なり scp なり 使うべきというのは皆様の書いている通りっす。 さらに追加するとシェルスクリプトを記述する場合は bourne-shell つまり sh あるいは dash で書くべきです。最近の Linux に限定するなら bash の拡張文法を使ってもかまわないでしょうが csh で書くのはダメダメです。 有害な csh プログラミング とか Wikipedia の cshell の批判の節とか参照。


0

cronでcshスクリプトを起動・実行し、サーバAからサーバBにファイルを転送することは可能です。 質問された方の環境が不明なので、杞憂かもしれませんが、 cshスクリプトのシェバン(スクリプトの先頭に記述するコメント)が #だけの場合、cronがcshスクリプトを実行するときにエラーとなる場合があります。 cronのデーモンがコマンドを実行するとき、スクリプトがcshで書かれているかを判断できません。シェバンをみて起動するシェルを決めます。 古い環境では、#だけの行があると、そのスプリプトはcshで書かれていると判断されますが、最近の環境では#!/bin/csh(※)と書いておかないとcshのスクリプトだと判断してもらえない可能性が高いです。※cshが/binに配置されているかは環境によります。 ...


1

kebabu_wrapさんの回答の発展形です。 手元では-hとか--dateなどの引数を使うのでそれらを無視するようにしました。 touch () { for arg in "$@"; do case "$arg" in -d|-r|-t) next="skip"; continue ;; -*) continue ;; *) test "$next" = "skip" && { unset next; continue; } ;; esac mkdir --parent "$(dirname "$arg")" done ...


0

Oracle等がある場合、shmemは結構使います(SGAとして)。tmpfsとしてみれば確かにキャッシュとなりますが、 インスタンスがいる限り常に使用されている領域と考えれば、dtstatの方が実体を表していると思えますが、如何でしょうか?


1

以下にすれば複数のパスに対応できます。 dirtouch test/{a,b}.txtでも使える。 dirtouch() { for i in "$@" do mkdir -p $(dirname "$i") touch "$i" done } (アカウントの信用度が低いので別コメントとして回答)


1

シェルを問わず、Linux コマンドが使えるのであれば scp コマンドや rsync コマンドが使えます。 scp 〈送るファイルのパス〉 serverB:〈送る先のパス〉 rsync -chavzP 〈送るファイルのパス〉 serverB:〈送る先のパス〉


4

Cシェルそのものにサーバ間でのファイル転送機能はないので、やりたいことを実現するには rsync や scp コマンドが良いのかなと思います。 参考: rsync コマンド - ファイルやディレクトリを同期する scp コマンド - リモートマシンとの間でファイルをコピーする これらを cron のジョブとして登録すれば日次実行が可能です。


1

サイトというのがWebサイト(もしくはWebページ)を指しているのであれば、クライアントからの要求に応じてブラウザに表示するページを随時返すのが Webサーバ です。 Webサーバのプロセスを稼働させておけばそれ自身が "窓口" となって適切な処理を行ってくれるので、「サイトやページを常時開いておく」という表現はあまり正しくありません。 (用意したページをお店の看板の様に出しっぱなしにしているわけではなく、注文があったらそのページだけを出前で届けてあげるイメージ)


2

pingの送信先が同一セグメントにある場合、送信元マシンでarpリクエストのタイムアウトが先に検出されるため、送信エラーになる可能性があります。(※3秒だとこの可能性が高いと予想します) #この場合、ICMP ECHO Requestパケットは送出されないはずです。 また、pingの送信先が異なるセグメントにある場合でも、NW装置が「Destination Host Unreachable」等のICMPエラーを返してきても、pingの応答タイムアウト前にエラー判定されると思います。 詳しく調べるのであれば、パケットキャプチャして、ICMP ECHO Requestが創出されているか、エラーが返ってきてないか調べるのがよいと思います。


1

コンピュータサイエンスでは Dynamic software updating 動的アップデート と言ってて手法とかが研究されていますが、製品でそう標榜しているのは無いみたいですね。 「再起動せず」も英語だと rebootless update で見つかりました。 高可用性システムの文脈では全体的にはサービスを止めないアップグレードを in-service upgrades と言うようです。 live もよく使われるほか、hot patching, zero downtime upgrades や(設定を適用するときとかに)on the fly というキーワードも使われるようです。


上位 50 件の最近の回答が含まれています