次のタグが付いている新しい回答:

1

ざっくりとした概要のみを回答しますので、詳細はキーワードを頼りにご自身で調べて頂くか 別途質問を行ってみてください。 固定IPを割り当てる 個人で契約している回線の場合、大抵は動的IPアドレスが割り当てられており、ルータの再起動等のタイミングでIPアドレスが変わってしまいます。 プロバイダが用意している「固定IPのサービスを利用する」 eo 固定アドレスサービス、ドメイン取得サービス もしくは「ダイナミックDNS」で固定のドメイン名でアクセスできるようにする方法が考えられます。 DDNS(ダイナミックDNS)とは - IT用語辞典 e-Words ルータでローカルIPにポートマッピングを行う ルータのWAN側アドレスに対するアクセスを、LAN内のプライベートアドレスに通すために「ポートマッピング」...


0

自宅の回線は何でしょうか。光回線などのグローバルIPからアクセスできる回線でないとそもそも無理な話となります。 光回線でも、マンションタイプなどは、大本でルータが挟まるため、外部からのアクセスができません サーバマシンのSSH設定はきちんと行えてるでしょうか。 LAN内から、ローカルIPで接続して確認する必要があります あなたんちのルータの設定で、ポートフォワーディング設定を行う必要があります と以上の条件、設定、を満たした上で、あなたんちのグローバルIPで、ポートフォワーディングしたポート番号でアクセスできるようになる、はずです


1

今回は以下の手順で設定変更を行うことができました。 変更手順 変更したいアダプタ eno1 に割り当てられたMACアドレスを確認しておく (ether に続く文字列)。 # ifconfig eno1 eno1: flags=4163<UP,BROADCAST,RUNNING,MULTICAST> mtu 1500 ... ether xx:xx:xx:xx:xx:xx txqueuelen 1000 (Ethernet) 設定ファイルをリネーム # cd /etc/sysconfig/network-scripts/ # mv ifcfg-eno1 ifcfg-eth0 ifcfg-eth0 をエディタで開き、DEVICE= の名前を eth0 に変更。...


2

解決したので、自己回答させていただきます。 下記のリンクの回答者とほぼ同様の方法です。 https://stackoverflow.com/questions/10675386/running-vnc-fullscreen-with-multiple-monitors 私の実行環境 ビュアー:TigerVNC Viewr 64-bit v1.10.1 クライアント:Windows10 Pro サーバー:Ubuntu 18.04.3 LTS Tiger viewrを起動します F8 を押します Options を選びます Screens タブを選びます Enable full screen mode over all monitors にチェックを入れます OK を押します F8 をもう一度押します ...


1

apacheの設定ファイル、httpd.confのドキュメントルートの設定で指定されているディレクトリ以下に、表示したいファイルは保存されていますか?おそらくエラーメッセージの通り、その場所に閲覧したいファイルがないものと思います。


0

2台のディスプレイをA,Bとした時、A:windows、B:ubuntuとしたいということでしたら、BでVNCクライアントをフルスクリーンで表示すればよいです。 A,Bともにubuntuとしたいということでしたら、vncクライアントにそういう機能があればできるということになろうかと思います。 手元に環境がないので確認できませんが、ultravncでは、ultravnc.iniのsecondary=0をsecondary=1に変更すればできたように記憶しています。


0

PAM の書式に従って改行すると、以下のようになると思います。 auth required pam_faillock.so preauth audit silent deny=5 unlock_time=900 auth [success=1 default=bad] pam_unix.so auth [default=die] pam_faillock.so authfail audit deny=5 unlock_time=900 auth sufficient pam_faillock.so authsucc audit deny=5 unlock_time=900 auth の順番に意味を持ちますので、ファイルの後ろに追記してはダメです。 auth ... pam_unix.so 行を置き換えよ、...


0

うまくいったlocalhostでは、Proxy(160.16.x.x:1080)経由でwww.google.comにアクセスしています。 うまくいかなかったWindows10でも、このプロキシ経由でアクセスしようとしていて、Time outしています。 Windows10の環境に合ったプロキシを指定するか、プロキシを使っていないのであれば--proxyオプションを外す必要があります。 --proxy socks5://160.16.x.x:1080


1

回答  bashなど、declareが使えるshであれば、比較的簡単に変数をファイルに退避し、復元することができます。環境変数とsh変数も区別されます。 環境変数の退避 HELLO='Hello, world!' declare -p HELLO > hello.env #変数をファイルに退避 環境変数の復元 unset HELLO source hello.env #ファイルから変数を復元 printf "%s\n" "${HELLO}" 復元結果 Hello, world!


0

変数が多くないのであれば、まさにhello="Hello world."を実行しておけば、大抵.bash_historyに履歴が残るので、再接続後にカーソル上キーで履歴を辿って再実行するか、historyコマンドで履歴を確認して、!<履歴番号>で、目的は達成できそうですがどうでしょうか? 参考:覚えておくと案外役に立つbashのhistory機能の使い方いろいろ


4

1行でまとめて実行するか、 $ BASH_ENV=~/.bash_aliases bash -O expand_aliases ~/bin/rootls.sh export で環境変数 BASH_ENV を設定してから実行してみてください。 $ export BASH_ENV=~/.bash_aliases $ bash -O expand_aliases ~/bin/rootls.sh export を付けず単に BASH_ENV=~/.bash_aliases を実行しただけでは、コマンド実行後に設定が残りません。 $ printenv BASH_ENV $ # 事前に何も設定されていないことを確認 $ BASH_ENV=~/....


1

read_serial() において、コマンド入力(Enterを押下するまで)を受けるためには下記のような、 while ループを実装し \n ないし \r\n をreadするまで文字列を蓄積するように変更が必要です。 while(1) { c = read(); if (c == '\n') { /* 文字列の終端に '\0' を追加する処理を入れます。 */ break; } /* 文字列にreadしたcを追加する処理をここにいれます */ } 基本的に read() は呼ばれたタイミングで保持しているBufferを返すので、コマンド入力などのプログラムを作成するためにはそのような対応が必要になります。


上位 50 件の最近の回答が含まれています