次のタグが付いている話題の回答:

5

質問にあるテキストをコピーして、ファイルに保存し od -x foo.txt してみてください。 半濁音部分が合成文字になっていると思います。おそらく Mac OS X で作成されたテキストかと思います。 合成文字の無い utf-8 で保存すると正しく検索できると思います。


5

RubyのcloneとdupとActiveRecordのcloneとdupは別物なのでしょうか? 同じものです。Method#owner でメソッドが定義されたクラスが得られますが、下記のいずれも true になります。 Piyo.new.method(:clone).owner == Object.method(:clone).owner` Piyo.new.method(:dup).owner == Object.method(:dup).owner` ただし、clone の場合は initialize_clone、dup の場合は initialize_dup メソッドが呼ばれます (参考: initialize_clone, initialize_dup and initialize_copy ...


4

似たようなモデル構造のプロジェクトがあったので、実際に動かしながら試してみました。 回答からまず書くと、たぶんこんな感じでいけるんじゃないかと思います。 scope :sorted, -> { joins("LEFT OUTER JOIN scores ON scores.scorable_id = players.id AND scores.scorable_type = 'Player'") .group("players.id") .order("COALESCE(SUM(scores.value), 0) DESC") } scorable というのはこちらの想像で付けた名前です。ここは実際のカラムの名前に変更してください。 ちなみにクラス定義でいうと、...


4

半角カナの「ズ」は「ス」と「゙」の2文字なので「ズ」にはマッチしないのではないかと思います。 「フクダ」は「フクダ」が「フクタ」にマッチし、後ろの「゙」はワイルドカードの「%」にマッチしているのだと思います。 なお、LIKE ではなく = だと「スズキ」と「スズキ」はマッチします。 LIKE は1文字ずつマッチングを行いますが、= は正規化してマッチングするためのようです。 http://mysql.gr.jp/mysqlml/mysql/msg/15636 が参考になるかも知れません。 (半角カナが全角に変換されてしまってるのでちょっとわかりにくいですが、心の目で読んでください)


4

(これかなというのを見つけてしまいましたので自己回答です...) save, save!, destroyのコールバック群はトランザクション内で処理されるからです ActiveRecordのコールバックの順番・コールバック内のロールバック処理 - Hack Your Design! ドキュメントにはこう書いてある The entire callback chain of a save, save!, or destroy call runs within a transaction. That includes after_* hooks. If everything goes fine a COMMIT is executed once the chain has been completed. ...


3

調べてみたところ、 alias_attribute メソッドを使うと良いようです。(使ったことはありませんが) class Movie < ActiveRecord::Base alias_attribute :created_at, :created end https://stackoverflow.com/questions/1162079/how-to-override-activerecords-default-attribute-column-associations ですが、created_at は特別なカラムなので、上の方法ではうまくいかないかもしれません。 下記のページにはいろいろとハック方法が載っています。 https://stackoverflow.com/...


3

rankingモデルのranking_posts属性の名前なので、activerecord.modelsではなくactiverecord.attributes以下に設定を書くとよいと思います。以下のような感じです。 ja: activerecord: attributes: ranking: ranking_posts: すべてのランキング記事 http://railsguides.jp/i18n.html の4.6あたりです。


3

こちらの回答が参考になるかもしれません。 https://stackoverflow.com/a/26777669/1058763 MySQLの場合 => FIELD関数を使う > ids = [11,31,29] => [11, 31, 29] > User.where(id: ids).order("field(id, #{ids.join(',')})") こちらも参考になりそうです。 Rails - MySQL+ActiveRecordで、与えられた配列順にorderしたい時 - Qiita PostgreSQLの場合 => CASE WHENを動的に生成してorderに渡す def self.order_by_ids(ids) order_by = ["case"] ...


3

残念ながらありません。ActiveRecordのバージョンによって、同じmethodでも型が変わった例さえあります。Rubyはduck typingなのであまり型を気にしない方が良いでしょう。型をcompilerが保証してくれない代わりにunit testを多めに書くのがruby流かと思います。


3

.human_attribute_name を利用してみてはいかがでしょうか? Shop.human_attribute_name(:id) Shop.human_attribute_name(:name) Shop.human_attribute_name(:tel)


3

has_many にscopeを付けられます。 has_many :comments, -> { order('created_at DESC') } として post = Post.find(1) puts post.comments.to_sql # SELECT "comments".* FROM "comments" WHERE "comments"."post_id" = 1 ORDER BY created_at DESC


2

PostクラスとCommentクラスがこんなふうに定義されてるとします。 class Post has_many :comments end class Comment belongs_to :post end 特定のPost1件と、それにひもづくCommentの一覧を表示する場合はこんなふうになります。 class PostController < ApplicationController def show @post = Post.find(params[:id]) end end こちらはViewです。(views/posts/show.html.erb) Title: <%= @post.title %> Body: <%= @post....


2

main_item と sub_item でクラスを分けます。別のモデルを作成しても良いのですが、単一テーブル継承 (STI) を利用すると扱いやすいでしょう。ここでは、Item を継承して Item::Main, Item::Sub を作ります。 分かりやすいように、以下の例では User, Item いずれにも name というプロパティがあることを前提に書いてあります。 STIのためにマイグレーションを作成します。 rails g migration AddTypeToItems type:string rake db:migrate type には所属するクラス名 ("Item::Main" または "Item::Sub" が入ります) モデルをいろいろいじります。 # app/models/...


2

データベースと ひもづいていない attribute をもつ方法として、virtual attribute というものがあります。 json の構造変更や項目を追加するなら、as_jsoon を再定義する方法があります。 参考情報: - railsのvirtual attributeのお話 - RailsでVirtual Attributes(仮想的な属性)をする - RAILSCAST – 016-VIRTUAL-ATTRIBUTES - Add Virtual attribute to active record object to output - Rails JSON Virtual Attributes - Build your own JSON presenters with POROs (...


2

return users.to_json to_json を呼ぶとき、:methods 引数を使って return users.to_json(methods: :hoge) とすると "hoge" が含まれたJSONが返ります。


2

手元のrails consoleで試す限り、 data.id のような形でもでidを取得できました。 irb(main):001:0> c = Company.create :name => 'hoge' => #<Company id: 4, name: "hoge", created_at: "2015-02-02 03:53:58", updated_at: "2015-02-02 03:53:58"> irb(main):002:0> c.id => 4 おそらくですが、どこかでバリデーションエラーが発生しているのではないでしょうか? # nameが必須の場合 irb(main):004:0> c = Company.create :name =&...


2

なんとなくINとOUTをこちらで予想してみました。 たぶんこういうことですよね? SQLを活用してこんな実装を考えてみました。 class Message < ActiveRecord::Base scope :headlines_for, ->(user) do where("messages.id IN (#{HEADLINES_SQL})", user_id: user.id).order(id: :desc) end HEADLINES_SQL = <<-SQL SELECT MAX(m2.id) AS id FROM (SELECT m.from_user_id AS other_user_id, m.id ...


2

remove_index is only reversible if given a :column option. と書かれている通りです。以下のようにカラムを明示すればロールバックできると思います。 remove_index :sites, column: :name, name: 'name_index'


2

「昨日作られたlikeで並び替える」のであれば、こんなコードはどうでしょうか? Post. joins(:likes). group('posts.id'). order("SUM(CASE WHEN likes.created_at BETWEEN '2015-04-07 00:00:00' AND '2015-04-07 23:59:59' THEN 1 ELSE 0 END) DESC"). limit(100) where句ではないので、おそらく日付の文字列は直接文字列として埋め込む必要があると思います。(もしくはDB上のシステム日付とDB関数をあれこれ駆使して「昨日の開始日時と終了日時」を作り出すとか) ...


2

ちょっと長いですが、こんな感じでどうでしょうか? TimeEntryActivity .joins("LEFT OUTER JOIN enumerations ON enumerations.type = 'TimeEntryActivity' AND enumerations.id = time_entries.activity_id") .group(:name) .order(:name) .pluck("enumerations.name, count(time_entries.id)") .to_h 件数が0件の場合も考慮して外部結合を使っています。 EDIT 上のSQLが間違っていましたので修正しました。 LEFT OUTER JOIN enumerations ...


2

cancanについて、あまり詳しくありませんが、user_id==nilとなっているcollaborationを「全ユーザに対するcollaboration」と定義すれば、 can :manage, Post do |post| Collaboration.find_by(user: [user, nil], post: post).present? end で、上手くいくんじゃないでしょうか?


2

valid_password?メソッドを使ってください。 以下は実行例です。 user = User.find_by_email(params[:email]) user.valid_password?(params[:password]) 参考: https://stackoverflow.com/questions/4320921/how-verify-user-password-in-devise


2

「ネットで検索したらそれっぽい情報が見つかった」というレベルですが、こちらのページが参考になるかもしれません。 一度チェックしてみてください。 https://stackoverflow.com/questions/20701770/in-rails-how-to-eager-load-an-association-only-if-the-association-is-not-nil ちなみに、「activitiesを取得する時にパフォーマンス改善のために出来るだけまとめてSQLで取ってくる」というのは eager loading と呼ばれるテクニック(?)なので、"PublicActivity eager load"というキーワードで検索してみました。 ...


2

Railsの機能のカウンターキャッシュを使うと良いと思います。 # モデル作成 $ rails g model Author name articles_count:integer $ rails g model Article author:belongs_to # model class Author < ActiveRecord::Base has_many :articles end class Article < ActiveRecord::Base belongs_to :author, counter_cache: true end # controller @authors = Author.includes(:articles).all # view <% @...


2

僕ならこんな感じでやりますね。 User.where(created_at: "2015-07-01".in_time_zone.all_month) # SQL => SELECT "users".* FROM "users" WHERE ("users"."created_at" BETWEEN '2015-07-01 00:00:00.000000' AND '2015-07-31 23:59:59.999999') User.where(created_at: "2015-07-20".in_time_zone.all_day) # SQL => SELECT "users".* FROM "users" WHERE ("users"."created_at" BETWEEN '...


2

手元のRailsプロジェクトで調べてみるとこのように表示されました。 irb(main):009:0> Student.all.method(:each).source_location => ["/Users/jit/.rbenv/versions/2.2.3/lib/ruby/gems/2.2.0/gems/activerecord-4.2.4/lib/active_record/relation/delegation.rb", 46] GitHub上ではこちらのコードになります。 https://github.com/rails/rails/blob/v4.2.4/activerecord/lib/active_record/relation/delegation.rb#L46 ...


2

TL;DR こんな感じのミドルウェアを差し込むと取れると思います。 class QueryCacheProf def initialize(app) @app = app end def call(env) @app.call(env).tap do GC.start memsize_of_all_before_query_cache_cleared = ObjectSpace.memsize_of_all ActiveRecord::Base.connection.clear_query_cache GC.start memsize_of_query_cache = ...


2

Rubyにはインスタンス変数を自動的にキャッシュするような機能はありません。インスタンスが生成されると同時にインスタンス変数も初期化され、インスタンスが破棄されるときにインスタンス変数の内容も破棄されます。キャッシュはされないので、キャッシュの保持期間もありません。 あなたのコード例で言うと、Hogeクラスのインスタンス生成直後にhogeメソッドを呼べば、必ずHoge.allが呼ばれます。その後、同一のインスタンスに対してhogeメソッドを呼んでも(その途中で明示的に@hogeの内容をクリアしない限り)Hoge.allは呼ばれません。 RailsのActionクラスの場合、インスタンスはリクエスト処理ごとに生成されます。(同じActionクラスで処理されるリクエストが同時に届いた場合、...


2

SQL の CASE WHEN ... THEN ... END を使って order にべた書きするくらいしか解決策は無さそうです。 Company .where('ticker = ? OR name ilike ?', str, "%#{str}%") .order(%{ CASE WHEN ticker = #{Company.sanitize str} THEN 0 ELSE 1 END, 必要ならソート条件をここに追加 }) ※ Pagination するなら、別のソート条件 (id や name など) を付けた方が良いです。


2

なんかいろいろ build してますけど、 User has_many :microposts Micropost has_many :comments の既存データを表示するのなら以下のような感じでよいのでは? pages_controller.rb def index @microposts = current_user.microposts.includes(:comments) end index.html.erb <%= render partial: 'micropost', collection: @microposts %> _micropost.html.erb <%= micropost.id %> <%= render partial: '...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります