次のタグが付いている話題の回答:

2

remove_index is only reversible if given a :column option. と書かれている通りです。以下のようにカラムを明示すればロールバックできると思います。 remove_index :sites, column: :name, name: 'name_index'


2

特にRailsとして規約は無いと思うので基本的に自由だと思います。 僕だったらこうするかな、という例を載せておきます。 # lib/tasks/cron.rake namespace :cron do task :foo, [:column] => :environment do |task, args| Cron::FooRunner.new(task).run end task :bar, [:column] => :environment do |task, args| Cron::BarRunner.new(task).run end task :hoge, [:column] => :environment do |task, args| ...


1

元のGemfile.lockではmysql2のバージョンが0.3.16になっていますが、エラーメッセージでは0.3.10が使われてるようです。rakeのバージョンも10.3.2のはずが12.3.3が呼び出されていますし。 恐らくいろいろ試してる時にbundle updateしてGemfile.lockを更新してしまったのではないかと思います。 但し依存関係の問題でTzinfo-dataはGemfileからコメントアウトしました。 と書かれていますが、具体的にどのような問題があったのでしょうか? ...


1

(コメントより) rbenv のものではなく、 Mac に付属の ruby を利用して実行されていたのが原因でした。 rbenv の設定を見直し、 bundle install などを行った結果、問題は解消しました。


1

もし、お使いのOSがubuntuでしたら、cronの開始時と終了時がデフォルトで/var/log/auth.log に記録されます。このPIDに+1したプロセスの実行記録が syslog に残っているはずですので、それと付き合わせれば、タスクの実行時間が分かるかと思います。ただ、auth.log と syslog のPIDが必ず+1であると保証されているかどうかについては、資料を見つけられませんでした。 /var/log/auth.log May 4 00:00:00 server_name CRON[9520]: pam_unix(cron:session): session opened for user user_name May 4 00:00:08 server_name CRON[9520]:...


1

Refinementsを使うとレキシカルスコープのメソッドを定義できます。 トップレベルのmainオブジェクトのsingleton_classをrefineする無名モジュールを作りusingするとそのファイルの中からしか呼び出せないメソッドが定義できます。 Rakeタスクごとにファイルを分割すると、特定のRakeタスクのファイル内でのみ使える同じ名前のメソッドを定義できます。 # lib/tasks/task1.rake top_level = self using Module.new { refine(top_level.singleton_class) do def foo p "task1" end end } namespace :task1 do ...


1

rakeファイル内に定義したメソッドはトップレベルコンテキスト(=selfがmainオブジェクト)で定義されます。 ちょっと格好悪いですが、以下のようにmoduleで包んでincludeしてやれば、当該rakeからしか呼び出せなくなります。 namespace :task1 do task :do_something => :environment do include Task1 foo end end module Task1 def foo p "task1" end end その他にも、外部ファイルにメソッドを定義してrequireするなど、やりようはあると思います。少なくとも、プロダクトコードと関係のないメソッドをモデル側に定義するのは、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります