次のタグが付いている話題の回答:

9

一般的というのは、存在しません。 hosiさんが欲しいと思っている使用頻度だけがhosiさんの正しい使用頻度であって、他の見知らぬ人々(一般)が欲しがるものに惑わされる事は不毛だと思います。 「過去に良く使用されていたものが上位に表示されるのは問題がある」という事であれば、 a) 直近1年とか、直近1か月とかを調査対象期間にする、 b) (使用回数/アプリが提供されていた期間)で頻度を求める などの対策が考えられます。 aは、最近良く使われているアプリが上位に来ますが、昔良く使われていたアプリが顧みられることはありません。昔の名作が、抜け落ちる可能性があるという欠点があります。 bは、リリースから今までの期間の平均を頻度に使いますから、良く使われていた時期のあるアプリはそれなりの順位になります。...


5

時系列データに対して、過去n日の動きを知りたい時は移動平均がよく使われます。直近の値を重視し、遠い過去の影響を少なく計算するには、経過日数の逆数で重み付けすればいいわけです。重み付けのやり方は色々ありますが指数移動平均もよく使われています。 例えば1日あたりの起動回数をアプリごとにカウントし、窓の大きさを1ヶ月などとすれば過去1ヶ月の動きが分かります。リリース日からということなら1年とか、長期間になるでしょう。


4

似たようなモデル構造のプロジェクトがあったので、実際に動かしながら試してみました。 回答からまず書くと、たぶんこんな感じでいけるんじゃないかと思います。 scope :sorted, -> { joins("LEFT OUTER JOIN scores ON scores.scorable_id = players.id AND scores.scorable_type = 'Player'") .group("players.id") .order("COALESCE(SUM(scores.value), 0) DESC") } scorable というのはこちらの想像で付けた名前です。ここは実際のカラムの名前に変更してください。 ちなみにクラス定義でいうと、...


3

私だったらこうします。 これではだめですかね? function showVotes() { $vote_sofar = file("投票内容"); //データをためるバケツを用意 $backet = array(); foreach($vote_sofar as $one_vote) { //キーの有無チェック if(array_key_exists($one_vote, $backet)) { //既にキーがあれば数をインクリメント $num = $backet[$one_vote]; $num++; $backet[$...


2

sympify した結果のオブジェクトが大小比較不可能なためではないでしょうか。


2

比較ソートに限定した場合、長さ n の配列に対する量子アルゴリズムの時間計算量は Ω(n log n) になる[1]ので、漸近的には古典アルゴリズムの場合と変わりません。 「比較ソート以外の場合はどうなのか?」「他に制限を課した場合はどうなるのか?」についてはよく知りません。英語版 Wikipedia の "Quantum sort" によると空間が制限されたときに量子の方が有利になる場合があるようです。 Høyer, P., Neerbek, J., Shi, Y. (2001). "Quantum complexities of ordered searching, sorting, and element distinctness". 28th International Colloquium on ...


1

判明日列が 文字列型(str型)なのではないですか? 試しに print(df['判明日'].dtype) を実行してみて、object という結果が得られたら文字列です。 文字列のソートの場合、単純に文字列の先頭から比較しますので、例えば '2020/3/9' と '2020/3/10' の比較では、文字列の先頭から'2020/3/'までが同じ値で、次の '9' と '1' の比較となるので '2020/3/10' の方が小さい値と判断されてしまいます。 ということで、この場合は素直'判明日'列をdatetime型に変換した後にソートするべきかと思います。 df3['判明日'] = pd.to_datetime(df3['判明日']) sorted_df = df3.sort_values(['...


1

バケットソートやバイトニックソートが逐次の「比較ソート」ではないからです。 比較ソートとは、大雑把に言うと、ランダムアクセスによる読み書きができる配列に対して、操作として要素の比較と読み書きのみが許されている状況下でのソートアルゴリズムのことです。そしてこの比較ソートを逐次に行う場合の平均時間計算量が Ω(n log n) になります。 それ以外の場合、Ω(n log n) を下回ることがあります。バケットソートは配列の要素の種類が分かっていることが前提にあるため、比較ソートではありません。バイトニックソートは並列計算を使ったアルゴリズムであり、逐次のアルゴリズムではありません。


1

整数のリストのソートであれば、整数同士を大小比較しますよね。 質問は、「オブジェクトのリストのソートで、オブジェクトのインスタンス変数の値でソートしたい」という事ですから、整数同士の大小比較をしていた部分を、インスタンス変数の値の大小比較にすれば良いわけです。 バブルソートのコード(ネット上から拝借)の大小比較の部分『if arr[i] > arr[i + 1]:』を def bubble_sort(arr): change = True while change: change = False for i in range(len(arr) - 1): if arr[i] > arr[i + 1]: arr[i], arr[i + 1] = ...


1

lambda を分解してみました。 sort に渡す cmp パラメータには、2つの引数を取って、返り値で大小を表現する関数を渡します。 http://docs.python.jp/2/howto/sorting.html#cmp def my_cmp(a, b): if b == 0: return -1 else: return 0 nums = [0,1,0,3,4,5] nums.sort(cmp=my_cmp) assert nums == [1, 3, 4, 5, 0, 0]


1

例によって、より良い回答が付くまでの繋ぎとして、粗い回答を付けておきます。 要求されている操作は SQL 的には LEFT OUTER JOIN という操作です。 検索する際はこれをキーワードにすると良さそうです。 検索の結果、こんな記事: Railsで生SQLを書かずにLEFT JOINする方法 が見つかりました。 こちらの記事によれば includes を使う、もしくは squeel を使うということのようです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります