次のタグが付いている話題の回答:

4

「sympyで作成されるグラフについて」に対する回答 と同じ手法で双曲線を描いてみました。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt from scipy.spatial import Voronoi, voronoi_plot_2d from sympy import * points = np.array([[10,20], [20, 75], [45, 15], [70, 53], [90, 30]]) weights = np.array([5, 5.1, 5.2, 4.9, 4.8]) vor = Voronoi(points) fig, ax = plt.subplots() voronoi_plot_2d(vor, ax = ax) ...


3

sympy/plotting/plot.py の docstring に書かれているように、ある程度新しい SymPy であれば Plot._backend を使うことによってバックエンドの matplotlib オブジェクトを触ることができます。マニュアルには書かれていない汚いやり方ですが、私が調べた限りだと現状この方法しか用意されていないように見えました。 一度 _backend を得てしまえば、_backend.fig や _backend.ax を使うことで SymPy が使ったプロットにアクセスできます。ですから、この Axes に新しくプロットを作れば上から別のプロットを描くことができるようです。 以下、私の環境では動作したサンプルコードです。半径50の円を plot_implicit() ...


3

リンク先と同じ計算をするにはcross-correlateで計算します。 import numpy as np from scipy import signal a = np.array([ [1,2,3,4,5,6], [7,8,9,10,11,12], [13,14,15,16,17,18], [19,20,21,22,23,24], [25,26,27,28,29,30], [31,32,33,34,35,36] ]) f = np.array([ [0,1,0], [0,0,0], [0,0,0] ]) print a print f p = signal.correlate(a, f, 'same') ...


3

ax.plot(array_x, array_y2,color='black')はarray_xの順番で点を打ち、その間を直線で結んでいきます。なので、曲線が何重にもなっているのではなく、array_xの並びに合わせて左右に行ったり来たりしながら描画されています。 ※curve_fit自体は、array_xが単調増加か否かは関係ないです。あくまで描画の問題です。 簡単な解決策としては、array_xを単調増加に並び替えたarray_x2を使って、array_y2を作ります。


2

Not a WAV file というエラーメッセージの通り、WAVファイルではないということだと思います。 このファイルをプレーヤー等で再生できるか試しましたか?


2

scipy.sparse.randomであれば非零要素を生成する乱数生成器を引数に渡せますので[-1,1] の一様分布の生成器scipy.stats.uniform(loc=-1, scale=2).rvsをつかって. import scipy.stats import scipy.sparse rvs = scipy.stats.uniform(loc=-1, scale=2).rvs # U(loc, loc+scale) x = scipy.sparse.random(10, 5, density=0.1, data_rvs=rvs) 手元の結果は (0, 1) -0.351716913146 (8, 0) -0.308927730864 (9, 2) 0.0949004467739 (5,...


2

metropolis さまにご教授頂いたコードを参考に、問題の解決ができました。 ポイントとして、numpyのconcatenateを用いて配列を連結してからPDFを作成するということでした。 https://github.com/red-cheese/kl-divergence/blob/master/KLdiv.py


2

sympy と scipy ライブラリを区別してください。sympy は記号計算のためのライブラリであり、scipy ライブラリは数値計算のためのライブラリです。それぞれでは内部で用いられるアルゴリズムが違います。基本的に素のままでは共存はできないと思ってください。 今回のプログラムはおそらく Jypter Notebook 系のソフトウェア上で実行されており、質問文にあるプログラムも不完全なものになっています。特に、関数 f が定義されていません。しかし実行結果を見るに f の評価には成功しているようです。おそらく別のセルで定義されたか、一度定義されたものを削除した後リセットしていないのでしょう。 エラー ufunc 'kv' not supported for the input types ...


2

np.sum(np.abs(diff))的に変色度を計算して問題ありません あるピクセルと周囲のピクセル(surr)の RGB 値の差分(絶対値)の総計を計算しています。実際には画像の端(edge)や角(corner)にあるピクセルの場合、周囲にあるピクセル数が 3 や 5 になるので、差分の総計値をそのピクセル数で割っています。 以下のコードでは Pillow ライブラリを利用しています。 from PIL import Image import numpy as np im = Image.open('test.png').convert('RGB') w, h = im.size surr = [ (-1, -1), (0, -1), (1, -1), (-1, 0), ...


1

単に計算の過程で丸められただけだと思います。 プログラムで計算する際、数値を 4byte や 8byte などの固定のバイト数で表現するので、どうしても細かい数字は四捨五入のような処理をせざるを得ません。 (どのようにして小数を表現するか: 倍精度浮動小数点数 - Wikipedia) その結果、例えば10進数5桁の精度しかなかった場合、 89.999 + 0.0008 = 89.9998 = 90.000 のようなことが起こります。 import sys goal=90 M1=0.00 Kp=0.8 t_list=[] M_list=[] t=50 t_list.append(0) M_list.append(0.00) print(sys.float_info) ...


1

ちょっと興味があったので調べました。 (1)どのようなjpegファイルの場合そのようになるのか? どのような画像なのかわからないので、pillowライブラリで4chになりopencvで3chになるjpegをリファレンスを見て調べました。たどり着いた結果は「CMYK形式のjpeg画像データ」です。 CMYK形式の場合どうなるかというと、scipy側は、cmykの4chになります。opencv側はBGRの3chになります。なので、アルファが付いたというわけではなさそうです。 実際に確認するなら、 print(img[0,0,:])でピクセルを表示すればわかるとおもいます。アルファ付きならRGBAでopencv側はBGRなので表示される順番が違うかもしれませんが。 (2)ライブラリについて ...


1

自己解決しました. 目標関数とその勾配を返す関数 loss_f, f_gradがnp.float32を返していたのですが, これをnp.float64を返すようにしたところ実行できました. そうするとエラーのelsizeはバイト数を意味していたのかなと思います. 対症療法的な解決方法ですが, 参考までに.


1

独立した異なる2つのグラフなのだから、それぞれにフィッティングした関数は別のものになりるのが当然です。 1つの関数で2つのグラフ両方にフィッティングすることは可能でしょうが、それが2つのグラフ個々の"最良あてはめ"とは一致しません。  言い換えると、「最良でない」(ずれてても、まちがっていても、いいかげんでも、構わない)関数でよいのなら、『1つの関数で2つのグラフ両方にフィッティング』できるでしょう。  ただ、そのようなものを求めるのに意義があるか疑問です。  「最良とのずれを測定する方法を定義し、ずれが最も少なくなるような一つの関数で、2つのグラフをフィッティングする」など、元の問題から様々なlemmaを想起して解を得ていくことによって、tomaさんの問題提起を深化してゆくことは、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります