次のタグが付いている話題の回答:

7

eとIについて eは日本語では「指数表記」ないし「科学的表記」と呼ばれているものです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/指数表記 Pythonに限らず一般的に用いられている書き方で、●e△で数 ●×10△ を示します。 たとえば1.0e3は 1.0×103 = 1000 のことですし、1.23e-2は 1.23×10-2 = 0.0123 のことです。 Iはsympyの記法で、√(-1)のことです。 このことはsympyのドキュメントに書いてあります。 http://docs.sympy.org/latest/modules/core.html#sympy.core.numbers.ImaginaryUnit 実数解と虚数解について 以上のことから、1....


4

「sympyで作成されるグラフについて」に対する回答 と同じ手法で双曲線を描いてみました。 import numpy as np import matplotlib.pyplot as plt from scipy.spatial import Voronoi, voronoi_plot_2d from sympy import * points = np.array([[10,20], [20, 75], [45, 15], [70, 53], [90, 30]]) weights = np.array([5, 5.1, 5.2, 4.9, 4.8]) vor = Voronoi(points) fig, ax = plt.subplots() voronoi_plot_2d(vor, ax = ax) ...


3

原因はここでの処理にあります。 for term in terms: x = self._print(term) mrow.appendChild(x) Integral や power(**) などでは演算の優先順位を評価して、必要な場合には式を () で囲む処理が行われています。ですので、multiply でも以下の様に変更すると期待する出力が得られる様になります。 for term in terms: mrow.appendChild(self.parenthesize(term, PRECEDENCE['Mul'])) sympy の repository に pull request を送ってみるのが順当な対処なのでしょうが、手っ取り早く ...


3

sympy/plotting/plot.py の docstring に書かれているように、ある程度新しい SymPy であれば Plot._backend を使うことによってバックエンドの matplotlib オブジェクトを触ることができます。マニュアルには書かれていない汚いやり方ですが、私が調べた限りだと現状この方法しか用意されていないように見えました。 一度 _backend を得てしまえば、_backend.fig や _backend.ax を使うことで SymPy が使ったプロットにアクセスできます。ですから、この Axes に新しくプロットを作れば上から別のプロットを描くことができるようです。 以下、私の環境では動作したサンプルコードです。半径50の円を plot_implicit() ...


2

(コメントより) p = Poly(f, x) として、p.coeff_monomial(x**0) もしくは p.coeff_monomial(1) とします。


2

sympyのcoeffの使い方を教えて下さい を参考に、 Poly と coeff_monomial を用いればすぐに実装できることに気づきました。 from sympy import * x = Symbol('x') quad = (x-10)**2 + 10 def find_double_root(quad_poly_ish, var, solve_for): p = Poly(quad_poly_ish, var) a = p.coeff_monomial(var**2) b = p.coeff_monomial(var**1) c = p.coeff_monomial(var**0) determinant = b**2 - 4*a*c eq =...


2

SymPyが項の順番を正規化(?)してしまうので、目的にあうかわかりませんが、こんな感じでいかがでしょうか。 from sympy import cos from sympy.abc import x, y y = 1 + 2 * x - 3 * cos(x) print(y) print(y.args) 結果 2*x - 3*cos(x) + 1 (1, -3*cos(x), 2*x) 別解としてy.as_terms()で項を得ることもできます。


2

以下の様なコードですと、p2 が毎回変更されてしまいますので、p2 は最後に生成した ImplicitSeries インスタンスだけになってしまいます。 p2 = plot_implicit(...) p2.extend(p2) ですので、以下の様に書き変えてみると良いかと思います。 for i in range(len(points)): G = (x-points[i][0])**2 + (y-points[i][1])**2 - weights[i]**2 p = plot_implicit(G, (x,0,100), (y,0,100), show=False, line_color='r') if i == 0: p2 = p else: p2.extend(p) ...


2

sympify した結果のオブジェクトが大小比較不可能なためではないでしょうか。


2

おっしゃるとおり、S が sympify 関数のエイリアスになっているのが原因です。sympify() による string から SymPy オブジェクトへの変換は内部的に from sympy import * された状態で行われるので、"S" は Symbol("S") ではなく sympify として扱われます。 この問題を回避するためには、sympify のオプショナル引数 locals に "S" が Symbol("S") であると追加した上で呼び出す必要があります。 str += mathml(sympify(value, locals={"S": Symbol("S")}), printer='presentation') このことは SymPy のドキュメントに書かれており、こちらには ...


1

コメント欄で教えて頂いた内容で from sympy import * from sympy.printing.mathml import mathml print(mathml(sympify("1/6"))) とすると、通りました。


1

sympyのplotは、gcaでaxesを取得できないのでエラーになっています。 また、sympyのplotは、set_aspectでアスペクトを設定できないようです。 参考資料 「sympy.plottingでaspect_ratioが変えられない?」について調べてみた sympyのplotは、もともと簡易的なものなので、参考にあるようにfigure.figsizeを適当に決めて合わせるぐらいしかないと思います。 from sympy import * import matplotlib.pyplot as plt var('x') F = x**4 - x**2 + 6 G = cos(2 * pi * x) / 2 + 7 / 2 H = 12 / (abs(x) + 1) plt....


1

extend() ではなくて append() の間違いなのでは? from sympy import Symbol x = Symbol('x') y = Symbol('y') F_list = [] for i in range(10): F = i * x + y F_list.append(F) print(F_list) #[y, x + y, 2*x + y, 3*x + y, 4*x + y, 5*x + y, 6*x + y, 7*x + y, 8*x + y, 9*x + y]


1

目的にあわせて、ふたつのやり方を紹介します。1引数の関数 f と、2引数の関数 g があるとして説明します。 # つまり、こういう設定です。v 中の f を置換したいです。 from sympy import Function, Wild from sympy.abc import x, y f = Function('f') g = Function('g') v = f(x) + f(x + 1) f に x が適用されている部分すべてを g(x, y) にしたい場合、直接 f(x) を replace すれば良いです。 >>> v.replace(f(x), g(x, y)) f(x + 1) + g(x, y) f に何か引数が適用されている部分すべてを、その引数を第一引数、y ...


1

質問の意味が「Piecewise オブジェクトの構成要素シーケンスにアクセスする方法を知りたい」ならば Piecewise.args メンバーを参照するのがよいでしょう。このメンバーは tuple オブジェクトであり、構成要素は式と条件のペアです。次のようにして「取り出す」ことができるでしょう: print(myLT3.args[1][0]) ただし、添字の決め方は別途ご検討ください。いつでも .args[1][0] にお目当ての式があることは保証されないようです(後述)。 質問の意味が「この積分で値が 1 とならない場合の式を表示なり評価したい」ならば、Piecewise.subs メソッドで適切な変数を代入して、所望の式表現を得るという方法もあります。例えば次のようにします: u = symbols(...


1

sympyのcoeffを使わずにやってみました。結果がちょと違いました。 from sympy import * var('x aa') quad = (x-10)**2+10 line = aa*x kekka=solve([Eq(quad,line), Eq(diff(quad,x),diff(line,x))]) print("# =>", float(kekka[0][aa])) print("# =>", float(kekka[1][aa])) # => 0.976176963403031 # => -40.976176963403034


1

通常、呼び出し元での引数の変数名は関数内からでは分かりません。ただ、Python には inspect というモジュールが用意されていますので、これを使って当該の変数名を知ることができます。 MYprint.py #!/usr/bin/python3 def MYprint(h): import inspect, re frame = inspect.getouterframes(inspect.currentframe())[1][0] arg_str = inspect.getframeinfo(frame).code_context[0] arg = re.search('\((.+?)\)', arg_str).group(1) if arg.find('='): ...


1

Poly 型のインスタンス(多項式)を評価すれば、一応、項の次数順に表示されます。 >>> from sympy import * >>> var('x a b') >>> f = a*(2*x**2 - 1) + 4*x**3 + x*(b - 3) >>> p = Poly(f, x) >>> p Poly(4*x**3 + 2*a*x**2 + (b - 3)*x - a, x, domain='ZZ[a,b]') なので、式部分だけを取り出したいのであれば、str(p) の結果を加工しても良いかもしれません。 >>> import re >>> re.search('^...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります