次のタグが付いている話題の回答:

7

eとIについて eは日本語では「指数表記」ないし「科学的表記」と呼ばれているものです。 https://ja.wikipedia.org/wiki/指数表記 Pythonに限らず一般的に用いられている書き方で、●e△で数 ●×10△ を示します。 たとえば1.0e3は 1.0×103 = 1000 のことですし、1.23e-2は 1.23×10-2 = 0.0123 のことです。 Iはsympyの記法で、√(-1)のことです。 このことはsympyのドキュメントに書いてあります。 http://docs.sympy.org/latest/modules/core.html#sympy.core.numbers.ImaginaryUnit 実数解と虚数解について 以上のことから、1....


3

sympy/plotting/plot.py の docstring に書かれているように、ある程度新しい SymPy であれば Plot._backend を使うことによってバックエンドの matplotlib オブジェクトを触ることができます。マニュアルには書かれていない汚いやり方ですが、私が調べた限りだと現状この方法しか用意されていないように見えました。 一度 _backend を得てしまえば、_backend.fig や _backend.ax を使うことで SymPy が使ったプロットにアクセスできます。ですから、この Axes に新しくプロットを作れば上から別のプロットを描くことができるようです。 以下、私の環境では動作したサンプルコードです。半径50の円を plot_implicit() ...


2

(コメントより) p = Poly(f, x) として、p.coeff_monomial(x**0) もしくは p.coeff_monomial(1) とします。


2

sympyのcoeffの使い方を教えて下さい を参考に、 Poly と coeff_monomial を用いればすぐに実装できることに気づきました。 from sympy import * x = Symbol('x') quad = (x-10)**2 + 10 def find_double_root(quad_poly_ish, var, solve_for): p = Poly(quad_poly_ish, var) a = p.coeff_monomial(var**2) b = p.coeff_monomial(var**1) c = p.coeff_monomial(var**0) determinant = b**2 - 4*a*c eq =...


2

SymPyが項の順番を正規化(?)してしまうので、目的にあうかわかりませんが、こんな感じでいかがでしょうか。 from sympy import cos from sympy.abc import x, y y = 1 + 2 * x - 3 * cos(x) print(y) print(y.args) 結果 2*x - 3*cos(x) + 1 (1, -3*cos(x), 2*x) 別解としてy.as_terms()で項を得ることもできます。


2

おっしゃるとおり、S が sympify 関数のエイリアスになっているのが原因です。sympify() による string から SymPy オブジェクトへの変換は内部的に from sympy import * された状態で行われるので、"S" は Symbol("S") ではなく sympify として扱われます。 この問題を回避するためには、sympify のオプショナル引数 locals に "S" が Symbol("S") であると追加した上で呼び出す必要があります。 str += mathml(sympify(value, locals={"S": Symbol("S")}), ...


2

sympify した結果のオブジェクトが大小比較不可能なためではないでしょうか。


2

sympy と scipy ライブラリを区別してください。sympy は記号計算のためのライブラリであり、scipy ライブラリは数値計算のためのライブラリです。それぞれでは内部で用いられるアルゴリズムが違います。基本的に素のままでは共存はできないと思ってください。 今回のプログラムはおそらく Jypter Notebook 系のソフトウェア上で実行されており、質問文にあるプログラムも不完全なものになっています。特に、関数 f が定義されていません。しかし実行結果を見るに f の評価には成功しているようです。おそらく別のセルで定義されたか、一度定義されたものを削除した後リセットしていないのでしょう。 エラー ufunc 'kv' not supported for the input types ...


2

pi は from sympy import * でインポートされたもので、元々は sympy.pi です。円周率を表します。 https://docs.sympy.org/latest/modules/core.html?highlight=pi#pi math.pi は Python の標準ライブラリの math モジュールで定義されている定数です。円周率を利用可能な精度の浮動小数点数で表します。 https://docs.python.org/ja/3/library/math.html#math.pi ①計算1は sympy.pi に関して記号計算を行うので、正確に(2/3)πを表します。計算2は精度に限りのある浮動小数点数計算なので、(2/3)πの近似値になります。手元の環境では2....


2

inspectというモジュールのgetsourceというメソッドで出来るようです。 inspect.getsource(object) オブジェクトのソースコードを返します。引数にはモジュール、クラス、メソッド、関数、トレースバック、フレーム、コードオブジェクトを指定することができます。ソースコードは単一の文字列で返します。ソースコードを取得できない場合は OSError が発生します。 例えばこんな感じで作ると: import inspect def f(x): return x**2 print(f(5)) print(inspect.getsource(f)) こんな結果が表示されます。 25 def f(x): return x**2 あまりフィットしている感じは無いですが、...


2

row_insertでlistを挿入しようとするとエラーが発生します。 下記のように2か所を書き換えるとうまく行くはずです。 from sympy import * var('myMatrix') mylist=[[0]*3]*3 # FIX mylist[0]=[-4, 1, 9] mylist[1]=[1, 2, -4] mylist[2]=[2, -3, 6] myMatrix=Matrix() for i in range(len(mylist)): print(mylist[i]) myMatrix = myMatrix.row_insert(i, Matrix([mylist[i]])) # FIX print("# ",myMatrix)


1

Pythonは大文字と小文字を区別します。 myV0=V0 myV1=V1 の右辺を myV0=v0 myV1=v1 のようにしてください。 追記: sympy.var()はシンボルを返すだけでなく、グローバルスコープに変数を定義します。つまり、 var('V0 V1 myV0 myV1') によって、V0、V1、myV0、myV1が定義されてしまっているので、 myV0=V0 myV1=V1 と誤って書いてしまってもV0やV1は未定義エラーを起こしません。 グローバルスコープに変数を定義したくないのであればsympy.var()ではなくsympy.symbols()を使うべきです。


1

意図されていることは以下でしょうか? if all(i > 0 for i in suuji): print('suuji[すべて]>0') 10月26日「補足」に対する追記 一つ 解の虚数がIと表示されます。Pythonでは虚数はjのはずです。 そのせいで、複素数の型の数字に使える諸々のメソッドが機能しません。 complex 型コンストラクタを使用して変換しましょう。 https://docs.sympy.org/latest/modules/evalf.html に You can also use the standard Python functions float(), complex() to convert SymPy expressions to regular ...


1

単に計算の過程で丸められただけだと思います。 プログラムで計算する際、数値を 4byte や 8byte などの固定のバイト数で表現するので、どうしても細かい数字は四捨五入のような処理をせざるを得ません。 (どのようにして小数を表現するか: 倍精度浮動小数点数 - Wikipedia) その結果、例えば10進数5桁の精度しかなかった場合、 89.999 + 0.0008 = 89.9998 = 90.000 のようなことが起こります。 import sys goal=90 M1=0.00 Kp=0.8 t_list=[] M_list=[] t=50 t_list.append(0) M_list.append(0.00) print(sys.float_info) ...


1

すべて(の値)が偶数か を調べるといいので, 次のようにできます for n in (9,80,81,400): issqr = all(v %2 == 0 for v in factorint(n).values()) print(f'{n:3}, {My_is_square(n)}, {issqr}') わかりにくいようなので, 抜粋します issqr = all(v %2 == 0 for v in factorint(n).values()) これを関数にしたければ def issqr(n): return all(v %2 == 0 for v in factorint(n).values()) (コメントにあるような '0' or '1' の処理は省いています)


1

Rationalを使いましょう。 from sympy import * x = Symbol('x') a = Rational(3,5) ans=solve([cos(x)-a],x) print(sin(ans[0][0])) ans=solve([(a)**2+x**2-1],x) print(ans[1][0]) #-4/5 #4/5


1

正の数 n に対して、n を素因数分解した結果すべての素因数の指数が偶数であることが n が平方数であることの必要十分条件ですから、素因数分解できているのであれば指数がすべて偶数であるかどうかをチェックすれば良いです。


1

要素ごとに極限を取ってはどうでしょう? At.exp().applyfunc(lambda x: sym.limit(x, t, sym.oo))


1

こういうことでしょうか? import sympy as sym import numpy as np A = sym.Matrix([ [1, 0], [0,1]]) t=sym.symbols("t") At=A*t At.exp().subs(t, sym.oo)


1

まず、SymPy と NumPy の違いをご理解ください。SymPy はシンボリック計算のためのライブラリで、NumPy は数値計算のためのライブラリです。 その上で、SymPy にはベクトル場を表すための関数が用意されています。このドキュメントをご覧ください:Scalar and Vector Field Functionality サンプルプログラムです: >>> from sympy.vector import CoordSys3D, Del, divergence >>> # 座標系を決めます ... C = CoordSys3D('C') >>> # ナブラは Del() として定義されています ... nabla = Del() >&...


1

extend() ではなくて append() の間違いなのでは? from sympy import Symbol x = Symbol('x') y = Symbol('y') F_list = [] for i in range(10): F = i * x + y F_list.append(F) print(F_list) #[y, x + y, 2*x + y, 3*x + y, 4*x + y, 5*x + y, 6*x + y, 7*x + y, 8*x + y, 9*x + y]


1

sympyのplotは、gcaでaxesを取得できないのでエラーになっています。 また、sympyのplotは、set_aspectでアスペクトを設定できないようです。 参考資料 「sympy.plottingでaspect_ratioが変えられない?」について調べてみた sympyのplotは、もともと簡易的なものなので、参考にあるようにfigure.figsizeを適当に決めて合わせるぐらいしかないと思います。 from sympy import * import matplotlib.pyplot as plt var('x') F = x**4 - x**2 + 6 G = cos(2 * pi * x) / 2 + 7 / 2 H = 12 / (abs(x) + 1) plt....


1

目的にあわせて、ふたつのやり方を紹介します。1引数の関数 f と、2引数の関数 g があるとして説明します。 # つまり、こういう設定です。v 中の f を置換したいです。 from sympy import Function, Wild from sympy.abc import x, y f = Function('f') g = Function('g') v = f(x) + f(x + 1) f に x が適用されている部分すべてを g(x, y) にしたい場合、直接 f(x) を replace すれば良いです。 >>> v.replace(f(x), g(x, y)) f(x + 1) + g(x, y) f に何か引数が適用されている部分すべてを、その引数を第一引数、y ...


1

質問の意味が「Piecewise オブジェクトの構成要素シーケンスにアクセスする方法を知りたい」ならば Piecewise.args メンバーを参照するのがよいでしょう。このメンバーは tuple オブジェクトであり、構成要素は式と条件のペアです。次のようにして「取り出す」ことができるでしょう: print(myLT3.args[1][0]) ただし、添字の決め方は別途ご検討ください。いつでも .args[1][0] にお目当ての式があることは保証されないようです(後述)。 質問の意味が「この積分で値が 1 とならない場合の式を表示なり評価したい」ならば、Piecewise.subs メソッドで適切な変数を代入して、所望の式表現を得るという方法もあります。例えば次のようにします: u = symbols('u'...


1

sympyのcoeffを使わずにやってみました。結果がちょと違いました。 from sympy import * var('x aa') quad = (x-10)**2+10 line = aa*x kekka=solve([Eq(quad,line), Eq(diff(quad,x),diff(line,x))]) print("# =>", float(kekka[0][aa])) print("# =>", float(kekka[1][aa])) # => 0.976176963403031 # => -40.976176963403034


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります