次のタグが付いている話題の回答:

2

sympy と scipy ライブラリを区別してください。sympy は記号計算のためのライブラリであり、scipy ライブラリは数値計算のためのライブラリです。それぞれでは内部で用いられるアルゴリズムが違います。基本的に素のままでは共存はできないと思ってください。 今回のプログラムはおそらく Jypter Notebook 系のソフトウェア上で実行されており、質問文にあるプログラムも不完全なものになっています。特に、関数 f が定義されていません。しかし実行結果を見るに f の評価には成功しているようです。おそらく別のセルで定義されたか、一度定義されたものを削除した後リセットしていないのでしょう。 エラー ufunc 'kv' not supported for the input types ...


2

np.sum(np.abs(diff))的に変色度を計算して問題ありません あるピクセルと周囲のピクセル(surr)の RGB 値の差分(絶対値)の総計を計算しています。実際には画像の端(edge)や角(corner)にあるピクセルの場合、周囲にあるピクセル数が 3 や 5 になるので、差分の総計値をそのピクセル数で割っています。 以下のコードでは Pillow ライブラリを利用しています。 from PIL import Image import numpy as np im = Image.open('test.png').convert('RGB') w, h = im.size surr = [ (-1, -1), (0, -1), (1, -1), (-1, 0), ...


1

単に計算の過程で丸められただけだと思います。 プログラムで計算する際、数値を 4byte や 8byte などの固定のバイト数で表現するので、どうしても細かい数字は四捨五入のような処理をせざるを得ません。 (どのようにして小数を表現するか: 倍精度浮動小数点数 - Wikipedia) その結果、例えば10進数5桁の精度しかなかった場合、 89.999 + 0.0008 = 89.9998 = 90.000 のようなことが起こります。 import sys goal=90 M1=0.00 Kp=0.8 t_list=[] M_list=[] t=50 t_list.append(0) M_list.append(0.00) print(sys.float_info) ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります