次のタグが付いている話題の回答:

8

~/.config/pip/pip.conf (Windowsなら %APPDATA%\pip\pip.ini) ファイルにこのように書いてください。 [install] user = yes 参考: Configuration | pip User Guide


6

まず pip の NEWS.rst を見ると、pip 9.0.0 (2016-11-02) において .netrc からクレデンシャル情報を読み取る機能が追加されたと書かれています。これは pip の Issue #3569 で要望され、Pull Request #3715 で実装されています。ただし Pull Request の内容を見るに、このバージョン以前から .netrc を読み取る機構自体は依存ライブラリである requests に存在し、この Pull Request から pip でも使うようになったようです。 用途に関してですが、pip install は URI からインストールすることもできるので、プライベートなリポジトリからインストールする場合にはクレデンシャル情報が必要そうです。...


5

パッケージング時のメタデータに配布名として使用できる文字は以下のとおりです: ASCII文字([a-zA-Z]) ASCII数字([0-9]) アンダースコア(_) ハイフン(-) ピリオド(.) そのほかに、 先頭と末尾はASCII文字または数字でなければなりません。 自動化ツールにおいては、これに従わない名称はリジェクトするよう求められています。 大文字小文字は区別されますが、ハイフンとアンダースコアは同等とみなされます。 などなど… とのことです。 PEP 426 -- Metadata for Python Software Packages 2.0 その他参考: PEP 423 -- Naming conventions and recipes related to packaging


4

企業に限らず学校なども含め、LAN内に複数クライアントがある場合にプロキシ経由で外部に接続するのはセキュリティを確保するためにも一般的に利用されている方法だと思います。 プロキシの中でも特にwebフィルタリングを行うようなものについては、ブラウザでコンテンツを閲覧している分には問題ないのですが、質問に挙げられたようなパッケージ管理でファイルをダウンロードする際、証明書などのチェックを行う過程で問題が出るケースは私も経験があります。 (プロキシを通る際に証明書が置き換わって見えるため、パッケージ管理ツールが正当性をチェックする段階でエラーになってしまう) 設定方法も大抵は各マニュアルに記載があるかと思います。 man yum.conf man apt.conf Using a Proxy Server - ...


3

前回の質問の回答で紹介されている mklnk の README を見ると、対応しているのは Python 2.x のみのようです (Python 3.x は未対応)。 Requires Python 2 (pylnk does not support python 3)


3

ptoxy経由でpipを使用しないといけない場合は、以下のようにproxyオプションを付けてpip を実行します。 pip install --proxy http://[user:password@]proxyserver:port package または、環境変数https_proxyにproxy情報を設定後、pip installを実行するようにします。 export https_proxy="http://[user:password@]proxyserver:port" なお、[]の部分は、proxyを使うのにパスワードが必要な場合で、必要がない場合は省略できます。 英語版の質問 https://stackoverflow.com/questions/14149422/using-pip-...


3

個別には pip show <パッケージ名> で表示することができる場合があります。 また、pip-licenses というパッケージを使ってライセンスのみを一覧表示させることもできます。 もしライセンスが UNKNOWN と表示される場合、ライセンスが書かれているフィールドが別にあるからかもしれません。その場合は pip-licenses --from-classifier を使うと表示される場合があります。詳しくはドキュメントをご参照ください。 -- この投稿は metropolis さんのコメント1、2を元にしつつ加筆編集したものです。


3

プロキシの自動構成スクリプト(.pac)の中に、アクセス先のURLに対応するプロキシのURLが記載されているはずです。 プロキシ自動設定 - Wikipedia .pacをダウンロードしてテキストエディタで開けば確認できます。 また、ちょっと自信がないですが、Windows 10 ならPowershellで以下のコマンドを実行すると、URLに対応するプロキシのURLが取得できるのではないかとおもいます。(AbsoluteUriがプロキシのパスだったかと思います) $URL = https://repo.anaconda.com $SystemProxy = [System.Net.WebRequest]::GetSystemWebProxy() $SystemProxy.GetProxy($URL) ...


3

infocompは、Minicondaの初期状態においてもbinディレクトリにインストールされているシェルコマンドです。恐らくconda等のAnacondaのライブラリーに必要な依存ライブラリーとしてインストールされているものと思われます。 したがって、pip によってインストールされたものでないため、pip showで表示させても出てこないと思われます。 「手元のプロジェクトでいろんなツールをインストールしていった」とのことですが、Anacondaとpipでは、依存ライブラリーが必ずしも一致している訳ではありません。その上、pipでインストールする時にははAnacondaの依存関係をチェックしません。そのため、...


2

力技ですが、そのコマンドがインストールされている環境に移ったあと、インストール済パッケージ一覧を pip list で出力し、それぞれのパッケージについての情報を pip show から取得し、その中からバイナリの名前を検索することで、どのパッケージからインストールされたものなのか逆引きできそうです。 たとえば Unix 系環境なら JRD さんのこの回答で示されているように、pip list の結果を head / tail で整形した後 cut でパッケージ名だけ取り出し、xargs でそれぞれを pip show に渡し、結果を grep するというやり方が使えます。ただし古い pip では pip list の出力が変わるので適宜調整する必要があります。まず pip list の結果を確認してください。...


2

pyHock http://sourceforge.net/p/pyhook/wiki/PyHook_Tutorial/ System Requirements Windows 2000 or later (low-level hooks are not supported in earlier versions of Windows) Python 2.4 or later Mark Hammond's PyWin32 library (formerly known as win32all extensions) pyHook 1.4 or later と書かれているので入れれるかはわかりませんが、 Could not find a version that satisfies ...


2

前回解答しました。mklnkはそもそもpipに存在しないので、とりあえず手動で実行するディレクトリに置けばよいと思います。また、 https://github.com/strayge/pylnk は python3 に対応しています。実際、私もpython3で動作を確認しています。次のようなディレクトリ構造にしてmain.pyを実行しました。 working_directory/ pylnk.py # https://github.com/strayge/pylnk/blob/master/pylnk3.py から取得 mklnk.py # https://github.com/blacklanternsecurity/mklnk/blob/master/lnk.py から取得 main.py # ...


2

回答の前に、原因はPyCharm自身が作成する新規virtualenv環境に入っているpipとsetuptoolsの版数が古い(あるいはそれに加えてsetuptoolsが完全には展開されていない?)ためだと思われます。 プロジェクト・インタープリターをPython3.8にしていた場合、新規virtualenv環境に入っているのはpip-19.0.3-py3.8.eggとsetuptools-40.8.0-py3.8.eggで、setuptools-40.8.0-py3.8.eggの方は展開されないままになっています。 その状態でメニューの「設定」の「プロジェクト・インタープリター」から「gym」のインストールを行うと、質問のエラーが発生してインストール出来ませんでした。 ...


1

この時点で考えられる最初の原因は、virtualenvで作るフォルダの途中階層のフォルダ名にShiftJISらしき全角文字が使われていることです。 本当に全角文字が使われているのなら、それは破棄して全角文字を使わないフォルダ構成に作り直した方が良いでしょう。 Path=C:\Users\user\Desktop\繝昴・繝医ヵ繧ゥ繝ェ繧ェ\Django縺ョ繝昴・繝医ヵ繧ゥ繝ェ繧ェ\rensyuu_20200816start\eeenv\Scripts; もう一つはPythonを複数インストールしたかインストール/アンインストールを繰り返した残骸か、PATHに複数のPythonフォルダが記述されています。 C:\Users\user\AppData\Local\Programs\Python\Python37\; ...


1

AnacondaのインストールだけでPython2.X系とPython3.X系が同時にインストールされることはあり得ないと思います。 おそらく以前にPython2.X系の環境がインストールされており、その後Anaconda(Python3.X系)をインストールなさったのではと推測しています。 たしか、Anaconda(Python2.X系)のインストール後にAnaconda(Python3.X系)をインストールするとpipの名称が被るので、先にインストールされていた2.X系は「pip」で、3.X系は「pip3」という名前でパッケージの実行ファイルが保存されるはずです。


1

https://stackoverflow.com/questions/61678445/could-not-build-wheels-since-package-wheel-is-not-installed に書いてあるようですが, pip install wheel で行けると思います。djangoで同じようになりましたが私も解消されましたよ!


1

あなたの環境に欠けているものはC言語ベースのyamlライブラリです。 PyPI上のPyYAML 3.12パッケージ(https://pypi.org/project/PyYAML/3.12/#files)にこの拡張子があります。 これはおそらくAnacondaを使用することによって引き起こされる問題です。これはPyPIや pipベースのインストールと完全な互換性がないためにしばしば問題を引き起こします。 通常のPythonのインストールを試してみて、Optunaをvirtualenvにインストールしてください。Anacondaは使わないでください。 (Apologies for the use of Google Translate, I studied Japanese for 2 years back ...


1

Anacondaはインストールされてますか? もしされているようでしたら,もしかしたらAnacondaのパッケージの方に pyperclip がインストールされているのかもしれませんね. Pycharm で interpreter の設定がデフォルトのままでしたら Anaconda ではなくPCにデフォルトで入っていたPythonが使われていると思うので,そこを変更すれば治るかと思います.要するに,PycharmとAnacondaを連携させてやればできます.やり方を以下に説明します. File -> Setting -> Project:*** -> Project Interpreter ここまで開いていただいて,右上のほうの歯車マークからAddを選択します. Base ...


1

内容を Pipenv で更新 (Pipの分は後ろに移動) 以下のように、Pipenv でも可能になっているのではないでしょうか。 Pipenvを使ったPython開発まとめ ちょっと高度なパッケージの管理関連 GitHubのリポジトリを指定してインストールする場合は次のように行います. $ pipenv install git+https://github.com/<ユーザ>/<リポジトリ>.git@<リビジョン>#egg=<パッケージ名> requirements.txtからのインストール Pipenvの導入前にrequirements.txtでパッケージが管理されていた場合に,その内容からPipenvでインストールすることもできます. $ ...


1

自動構成スクリプト(.pac)を確認できました プロキシの自動構成スクリプト(.pac)を確認しました。 (プロキシ自動設定 - Wikipedia は解り易かったです) return "PROXY round.net.×××.co.jp:8080"; .condarcを以下のように編集しました。 proxy_servers: http: http://Login-ID:password@round.net.×××.co.jp:8080 https: https://Login-ID:password@round.net.×××.co.jp:8080 conda installを実行しました。 残念ながら該当モジュールはサードパーティーでcondaでインストールできなかったようですが,...


1

Anacondaでは pip ではなく conda を使う必要があります。今回はアンインストールしてしまったとのことですので、一旦Anacondaを再インストールしてみてはいかがでしょうか。 参考:condaとpip:混ぜるな危険 - onoz000’s blog また、どうしても pip を直接使う必要がある場合は、 venv やAnaconda内のターミナルを使う方法が本家SOに示されています(今回の質問の本筋とは離れるので、紹介までに留めておきます)。 python - Using Pip to install packages to Anaconda Environment - Stack Overflow


1

まず、torchとtorchvisionをアンインストールします pip3 uninstall torch torchvision 次に、torchを INSTALLING PREVIOUS VERSIONS OF PYTORCHのページに従って適当なバージョンのtorchをインストールします。以下は例です。 pip3 install http://download.pytorch.org/whl/cu80/torch-0.4.0-cp36-cp36m-linux_x86_64.whl その次に、torchvisionをバージョンを指定してインストールします。バージョンは例で、適当なバージョンを指定してインストールしてください。 pip3 install torchvision==0.2.0


1

役に立つかどうかはわかりませんが、コメントに書いたpip install AttributeError: _DistInfoDistribution__dep_mapを載せておきます。そこにこのように書かれていました。 一時的なエラーのようで、新しいリリースを待てば治ると思います。 conda install 'testpath<0.4' とされてみたらいかがですか。 この解答から見るに、おそらく、一部のモジュールのバージョンだけが、ほかのものと非互換のまま、飛び出してしまったのでしょう。


1

numpy 1.8.0rc1 は、MacOSがインストールしたものです。一方、pipでインストールしたものはユーザーディレクトリーの方にインストールされていると思われるので、アップグレードではなく2重インストールになっていると思われます。 OSがインストールした環境を勝手に変更するのはあまり勧められないので、基本に戻って仮想環境を構築して運用した方がいいと思います。まとめると以下のような手順でpandasをインストールできるので、手間は殆どかかりません。 virtualenvのインストール pip install virtualenv 仮想環境の作成 ここではvenvという名前で作っています。 cd 仮想環境を作りたいディレクトリー virtualenv venv 使い方 cd ...


1

このエラーは、Visual Studioでio.hというライブラリーがincludeできないために発生したものです。初心者がそれを修正するのは難しいので、lru-dictのインストールをpipではなく、condaの方でlru-dictのバイナリーのパッケージをインストールすればいいのではないでしょうか。 conda install -c quantopian lru-dict


1

質問の前半について Pythonではモジュールをインポートするとき、ビルトインモジュール、sys.path にあるディレクトリのリストの順で名前を探します。 単にimportするだけでは、別の環境にあるパッケージを呼び出すことはないのでエラーになります。どうしても呼び出したい場合には、以下のようにtensorflowパッケージがあるディレクトリを sys.path に追加することで、tensorflowをインポートできるようになります。 import sys sys.path.append('pathto/site-packages') 下の文章が気になりますが、tensorflow....


1

すいません。Windowsではないんですよね。 この辺はLinuxとかでも変わらないんでしょうか。 一応後で編集の可能性があるということで載せておきますね。 (↓以前の投稿) pipでインストールできれば楽なのですが、正常に動作しない場合がありますね。 gspread 2.1.0 ここから、例えば、.whlファイルをダウンロードします。 よくよく見れば、2018年4月6日に更新され、アップロードされています。 昨日じゃありませんか。 .whlファイルを取り込むには。 1.コマンドプロンプトを開きます。 2.先ほどダウンロードしたwhlファイルがある場所へ行きます。わかりにくい場所にある場合は、whlファイルの方を、たどり着きやすい場所へ移してください。 (注:私の場合、whlファイルを右クリックすると、...


1

手元で再現が出来ないので解決の手助けになりそうな項目を下にあげてみました。 pipのversionを上げてみる $ pip install --upgrade pip Python Tips:pip そのものをアップデートしたい pip自体をアンインストールして再インストールしてみる $ pip uninstall pip $ easy_install pip ImportError: cannot import name DependencyWarning #164


1

まず mysql 下に、 __init__.py というファイルを追加します。中身は空で構いません。 これは mysql をモジュールとして認識させるために必要です。 次に、mysql を検索パスに追加します。 import sys sys.path.append('mysql') カレントディレクトリが異なる場合は、適宜 'mysql' を変更するか、絶対パスで指定してください。 以下も参照してください。 Python チュートリアル - 6.4. パッケージ


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります