次のタグが付いている話題の回答:

7

先頭の::の意味については http://docs.ruby-lang.org/ja/2.0.0/doc/symref.html#colon に説明があります。 ::DateTime 定数のスコープ演算子で、トップレベルの定数であることを示す。 定数の名前解決はクラス・モジュールの内側から外側に向かって行われます。 A = "::A" class Foo A = "Foo::A" class Bar A = "Foo::Bar::A" p A # => "Foo::Bar::A" p Foo::A # => "Foo::A" p ::A # => "::A" ...


3

追記して頂いたログを見るに、 rsync は成功しているのに、終了コードが 0 ではない、と判定してしまっているように見えます。 例えば、rsync の終了コード では、処理中に転送元の変更を検知した時に出る 24 Partial transfer due to vanished source files とかで悩んだ経験があるので、、 (目隠し状態で書いているので、バグがあるかもしれません、ごめんなさい。。) diff -Nur a/knife-solo-0.4.2/lib/knife-solo/tools.rb b/knife-solo-0.4.2/lib/knife-solo/tools.rb --- a/knife-solo-0.4.2/lib/knife-solo/tools.rb 2014-...


2

DEBUG: ver stdout: bash: ver: command not found という行が見えますので、設定でどこかに不用意な ver という記述が無いでしょうか?


2

私の場合、knife の設定ファイルがバージョン管理されておらず、ワーキングコピーに .chef/knife.rb がなかったことが原因でした。 こちらの記事にあるように、 knife solo init . することで site-cookbooks を読み込ませるのに必要な設定を生成することができました。 cookbook_path ["cookbooks", "site-cookbooks"]


1

pemファイルの権限 600以外にしていると頻発しますよ


1

自己解決できました。 チェックアウト先のフォルダが作成されている場合、リポジトリチェックアウト済みと判断してしまうようなので チェックアウト先のフォルダを作成せずに同じレシピを適用させたらうまくいきました。


1

codeでは .bash_profile を読み込んでますが not_if のところでは読み込んでいないので それが影響している可能性があります。 次のように明示的に .bash_profile を読み込んでください。 bash 'install bundler' do user 'test_user' group 'test_user' cwd '/home/test_user' environment 'HOME' => '/home/test_user' code <<-EOC source ~/.bash_profile gem install bundler EOC not_if 'source ~/.bash_profile; gem ...


1

Githubに登録してある公開鍵を利用してauthorized_keysを作成するプラグインがあります。 こちらを利用してみてはいかがでしょうか? https://rubygems.org/gems/itamae-plugin-resource-authorized_keys


1

上記の質問をした時は疲れていたせいか、どうすればよいか思いつかなかったのですが rbenvの場合とほぼ同じ方法でインストール出来ました。 node/foobar.jsonに "nodejs": { "npm_packages":[ { "name": "casperjs" } ] }, という記述と Berksfileに cookbook "nodejs", github: 'redguide/nodejs' を追記して実行すると正常にcasperjsが使えるようになりました。


1

下記の mysql.rb がなくなったのが原因かなと思われます。 https://github.com/opscode-cookbooks/database/blob/v3.1.0/recipes/mysql.rb sample/metadata.rb に、depends "mysql2_chef_gem" を付け加えて sample/recipes/default.rb の最初に、mysql.rb と同じ内容の mysql2_chef_gem 'default' do client_version node['mysql']['version'] if node['mysql'] action :install end をおいてみてください。


1

prepare オブジェクトから直接 run_command メソッドの定義場所を取得する Ruby >= 1.9 であれば、Method クラスの source_location メソッドを利用できます。まず gem の場所を調べ: $ gem which knife-solo /Users/ento/.rbenv/versions/2.1.3/lib/ruby/gems/2.1.0/gems/knife-solo-0.4.2/lib/knife-solo.rb prepare オブジェクトが渡される箇所にデバッグ出力を仕込みます: def initialize(prepare) # instance of Chef::Knife::SoloPrepare @prepare = prepare ...


1

なぜdpkg --configure -aが必要な状況になっているかが問題です。それ以前で実行しているインストールで何かよくないことが起きているはずです。 dpkg --auditで調べられるかもしれません。 原因はともかくインストールが成功しさえすればいいのなら、毎回実行すればよいのではないでしょうか。


1

Cookbookで定義済みのAttributeは、同形式であればマージされます。 詳しい挙動は次のリンクでAbout Deep Merge内のAddition項にあります。 http://docs.chef.io/attributes.html#about-deep-merge node用jsonだとどうだったか忘れましたが、RoleかEnvironmentで定義すれば次の内容だけで追加扱いになります。 ffmpeg": { "compile_flags": [ "--enable-static" ] },


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります