次のタグが付いている話題の回答:

9

http://jp.archive.ubuntu.com は、Canonical社がメンテナンスしているリポジトリですので、自作パッケージを登録するのは困難かと思われます。 自作のソフトウェアをaptコマンドで他のユーザにインストールして貰えるような格好にしたい という目的でしたら、APTパッケージを作成し、自分でリポジトリを立て、そこで配布するというのが簡単かと存じます。 (ちなみに、aptコマンドではなくdpkgコマンドを使ってもらうようにすれば、リポジトリを立てる手間が省けて直接GitHubやファイルサーバから配布が可能になるためより簡単かと思います。) 参考: 第 15 章 Debian パッケージの作成 15.3. APT 用のパッケージリポジトリの作成


7

sudo apt-get -y update sudo apt-get -y upgrade


5

パッケージのファイルに電子署名がなされます。 参考:Debian 管理者ハンドブック 6.5. パッケージ信頼性の確認


5

yumならyum-cron、aptもcron-aptというそのものずばりな仕組みが用意されており、適切に設定を行えばパッケージの自動更新は一応可能ではあります。 ただし「プロダクション環境で事前検証なしにアップデートを適用していいのか?」については個人・組織の運用ポリシー次第ですので、必要であれば「重要なセキュリティフィックスのみ自動更新」という設定もできます。 詳しくはそれぞれのマニュアル等を参照してみてください。


5

jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/の実体は、ubuntutym.u-toyama.ac.jp/ubuntu/で、富山大学からサーバーの提供を受けて、Ubuntu Japanese Team がメンテナンスをおこなっている Ubuntuのパッケージアーカイブミラーです。Ubutuの公式パッケージの配布のためのサイトなので、自作のソフトウェアの配布に使用するのは難しいと思われます。 ・Ubuntu Japanese Team 日本国内のダウンロードサイト Ubuntuには、非公式リポジトリ Personal Package Archives for Ubuntu (略称でPPA) があります。自作のソフトウェアの配布する場合は、それを利用すればいいと思いす。PPAに登録すると、add-...


3

apt remove コマンドはデフォルトでは設定ファイルを削除しません。パッケージに関連する設定ファイルも含めて削除するには 代わりに purge コマンドを指定してください。 $ sudo apt purge PACKAGE


3

この wiki に書いてあるように、apt のログは /var/log/apt/history.log、/var/log/apt/term.log、/var/log/dpkg.log に残されています。 そこでたとえば /var/log/dpkg.log の内容を加工することでアップグレードされたパッケージを割り出し、ロールバックすることが可能です。 # 最近アップグレードされたファイルの一覧を出力し…… $ awk '$3 == "upgrade" {print $4"="$5}' /var/log/dpkg.log > rollback.txt # ロールバックしたい行だけ残して…… $ nano rollback.txt # 好きなエディタを使ってください # 望んだ結果になるかチェックし…...


3

ubuntu16.04にphp5を入れる場合 sudo apt-get -y purge php* sudo apt -y autoremove && sudo apt autoclean sudo apt-get -y install software-properties-common sudo add-apt-repository -y ppa:ondrej/php sudo apt-get update sudo apt-get -y install php5.6


2

情報として: yと答えればよい場合、汎用的なのは yes | ... ですかね。(y以外にも出来ます)


2

Ubuntu 16.04 LTSからはPHP5ではなくPHP7が標準のPHPのバージョンになったようです。 $ sudo apt-get install php7.0 にてPHP7がインストール可能です。


2

deb-s3はいかがでしょうか? https://github.com/krobertson/deb-s3 以下のようにpackage uploadを実行することで必要であれば自動でrepositoryが作成され、利用を開始できます $ deb-s3 upload --bucket my-bucket my-deb-package-1.0.0_amd64.deb deb-s3はrepositoryのhostingにAmazon S3を利用するもので、サーバーの管理や冗長性の確保などについてS3に任せることができます


2

/etc/apt/sources.list.d/fingerprint-ubuntu-fingerprint-gui-focal.list を削除しましたら、 $ sudo apt update を実行してもエラーが出なくなりました。 補遺 /etc/apt/sources.list.d/ 以下に置かれているファイルには APT リポジトリに関する情報が記載されていますが、通常、これらのファイルは add-apt-repository コマンドを利用して追加・削除します。 今回の fingerprint-gui パッケージの場合は Fingerprint GUI の Installation に記載がありますが、以下の様にします(root 権限で実行)。 ## 追加 $ sudo add-apt-...


2

私がダウンロードしていたのは、 emacs の metapackage のソースでした。 metapackageとは、それ自身ではソフトウェアの実体を持たない、依存関係のみを持っているようなパッケージです。 実際、 apt show emacs を実行すると、次のような情報が出力されます。 (略) Description: GNU Emacs editor (metapackage) GNU Emacs is the extensible self-documenting text editor. This is a metapackage that will always depend on the latest recommended Emacs release. このときの、 依存対象は ...


2

ようやくわかりました。 これはただPATH設定が少なかっただけでした。 ffmpegをbiludするとpkg-configが動作するのでそこで作成されるファイルを 改めてPKG_CONFIG_PATHとして追加してやるとOpenCVのCMAKEがパッケージとして認識してくれました。 お手を煩わせて申し訳有りません。


1

https://launchpad.net/~fingerprint/+archive/ubuntu/fingerprint-gui という PPA は Ubuntu 向けに作られているので、Debian で無理矢理使おうとしてエラーに繋がっていそうです。 https://wiki.debian.org/DontBreakDebian より引用: Repositories that can create a FrankenDebian if used with Debian Stable: Debian testing release (currently bullseye) Debian unstable release (also known as sid) Ubuntu, ...


1

いくつかの前置き VirtualBox VirtualBoxのゲストOSとしてLinuxを使用している場合、Guest AdditionsをインストールするにはゲストOSで使用中のカーネルバージョンに対応したヘッダーファイル(=パッケージ)が必要になります。 ディストリビューションによってパッケージ名が異なりますが、Debian系だと "linux-image" がカーネルイメージ、"linux-headers" がカーネルヘッダになります。 (参考までに、RHEL/CentOSなどは "kernel-headers" がカーネルヘッダのパッケージ名) Kali Linux Kali Linuxに関してはローリングリリースを採用しており、パッケージの更新頻度が頻繁に行われるため、...


1

subscribe を利用して以下のようにしてます。 itamae実践Tips こちらの記事の解説がとてもわかりやすいです。 remote_file '/etc/apt/sources.list.d/mesosphere.list' do owner 'root' group 'root' end execute 'apt-get update' do subscribes :run, "remote_file[/etc/apt/sources.list.d/mesosphere.list]", :immediately action :nothing end


1

update / upgrade / install どの場合も -y で大丈夫です。man apt-get にも以下のように書かれています。 -y, --yes, --assume-yes プロンプトへの自動承諾 - すべてのプロンプトに自動的に "yes" と答え、非対話的に実行します。保留したパッケージの状態を変更したり、必須パッケージを削除するような不適切な状況の場合、apt-getは処理を中断します。設定項目: APT::Get::Assume-Yes


1

なぜdpkg --configure -aが必要な状況になっているかが問題です。それ以前で実行しているインストールで何かよくないことが起きているはずです。 dpkg --auditで調べられるかもしれません。 原因はともかくインストールが成功しさえすればいいのなら、毎回実行すればよいのではないでしょうか。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります