次のタグが付いている話題の回答:

1

ぱっと見での回答になりますが、1つ目のSQL(getEmployeesName)で複数件のレコードが取得できるのに対し、それらのレコードを検索条件にする2つ目のSQL(getCreateUser)は1件しか想定していないWHERE句(=での比較)になっています。そのため、 query = "SELECT r FROM Report AS r WHERE r.employee = :employee" は、 query = "SELECT r FROM Report AS r WHERE r.employee IN :employee" のようにしなければ、動作しないと思います。


1

もともとDB操作をやりたかったSpringBootのプロジェクトはまた別にJPAプロジェクトを新規作成し、Repositoryファイルを作成していたため、上記のエラーが出ておりました。 本などを参考にして、もともとのSpringBootプロジェクト内にReposirotyファイルを作成して同様に記述したところ、エラーは発生しなくなりました。 supaさん、解決時の対処についてご指摘ありがとうございます。自分のコメントだと48時間後でないと解決済みマークができないようなので、後日解決済みにします。


1

自動生成されるエイリアス名がアンダースコア始まりになるが、利用しているDBMSでは命名違反になるのでなんとかしたい、ということだと理解しました。 現行バージョンでは対処不能かなと考えます。 私も最近エイリアス絡みの不具合を踏んで似たような内容を調べていました。 エイリアス名を取得する実装は org.hibernate.mapping.Column#getAliasメソッドになります。 生成するエイリアス名の命名戦略は固定でありコンフィグ等で変えられる余地はありません。 カラム名については getNameメソッドに対応するgetQuotedNameメソッドが存在しますが、エイリアスについて対応するメソッドが無いのでクオートする仕組みが無いと予想します。 ちなみにリンクしたissueでも触れられていますが、...


1

動作確認してませんが、こんな実装で取得したdatabaseProductNameで判別できないでしょうか。 java.sql.Connection connection = entityManager.unwrap(java.sql.Connection.class); String databaseProductName = connection.getMetaData().getDatabaseProductName();


1

https://docs.oracle.com/cd/E11882_01/appdev.112/e13995/oracle/jdbc/OracleDriver.html こちらにある defaultNChar の値をtureに設定すれば解決するとおもいます。


1

EclipseLinkから呼び出される各RDBMS用のJDBCドライバーの実装(どの例外を返すか)に依存しますが、SQLTransactionRollbackExceptionをcatchするようにしておけば、いいと思います。MySQL 5.1.73の場合は、これを継承するMySQLTransactionRollbackExceptionがスローされました。 実際にデッドロックを起こすコードを書いて実験してみると、分かります。 私が書いた記事ですが、参考まで: https://qiita.com/tamura__246/items/d8f168b62617aef6c177 例外処理はこんな感じでしょうか。 } catch (SQLTransactionRollbackException e) { ...


1

DBからのアプローチですが、同じ構造のテーブルであれば、UNIONしたVIEWを用意する方法があると思います。つまり、以下のようなVIEW「user」を作れば、entityもrepositoryも1つで十分になると思います。 CREATE VIEW user as ( select * from user_0 union select * from user_1 union select * from user_2 union select * from user_3 );


1

一つの考えですが、ユニーク制約の場合はNULLを持つこと許容します。NOT NULL制約がないなら (1) UPDATE X SET ORDER = NULL WHERE ID = 'B' (2) UPDATE X SET ORDER = 2 WHERE ID = 'C' (3) UPDATE X SET ORDER = 3 WHERE ID = 'B' で対応できるかもしれません。 ユニーク制約の削除・再作成、無効化・有効化だとUNIQUE INDEXの作り直しになるのである程度の負荷が予想されます。それは避けられるかと。 今回の場合は2行についてDELETE、INSERTでもいいかもしれません。 IDにインデックスがなければそのほうが手間もシステム負荷も少ないと思います。 ...


1

3通り考えられます。(一長一短と思うので、これがベスト、というのは浮かびませんでした) テーブルXを正規化して、データを持つテーブルXDATAと各行の順序を表すXORDERテーブルに分離する。XORDERはORDERとXDATAの行IDから構成し、ORDERのみユニークキーとすれば、順序の入れ替え時にID列を書き換えても一意性制約違反にならない。 テーブルXのORDER列の一意性制約は外し、アプリケーションでユニークになるよう制御する。 順序を入れ替える2行を両方削除してORDERの内容を入れ替えて挿入しなおす。 1はきれいと思います。ただ、SQLで書く場合、2テーブル結合することになるので、面倒かも知れません。 2はテーブルを操作するのがアプリケーションだけであれば、よく取られる手法かと思います。(...


1

(既に正しいと私が考える回答は出ていますが、別の説明を試みてみます) 一般的なクラス設計の話として、Effective Java 第3版 第3章 項目10 "equals をオーバーライドするときは一般契約に従う" に次のように書かれています: equals メソッドをオーバーライドするのは簡単なように思えますが、間違ったやり方でオーバーライドしてしまう方法はたくさんあり、その結果は悲惨なものになります。問題を避ける最も簡単な方法は、equalsメソッドをオーバーライドしないことです。 (中略) では、いつ equals をオーバーライドするのが適切でしょうか。それは、クラスが単なるオブジェクトの同一性とは異なる論理的等価性(logical equality)という概念を持っていて、...


1

まず、equalsとhashCodeのオーバーライドが重要になってくるのは、主にオブジェクトをSetやMapといったコレクションに入れる場合です。 コレクションの内部処理がequalsとhashCodeに依存しているためです。 なので、エンティティオブジェクトをコレクションに入れたり、比較したりする必要がないのなら、equalsとhashCodeのオーバーライドが必要というわけではないでしょう。 (JPAの内部で@Id付きフィールドを探して比較してくれる?) このようなことはしてくれないと思います。 APIリファレンスにもそんなことは書いてありませんし。 この記事を読むと以下の様な見解になります。 エンティティクラスではequalsとhashCodeをオーバーライドするのがベストプラクティスです。 ...


1

@Query(value = "select e from Entity e " + "LEFT JOIN FETCH e.relation c " + "LEFT JOIN FETCH c.categoryFilter f " + "where e.deleteTs is null " + "and f.uid in (?1)", countQuery = "select e from Entity e ...") left join fetchしてるのにcountQueryが未指定なのが原因だと思います。


1

JPAアノテーション的には、エンティティCの @OneToOne(fetch=FetchType.EAGER, mappedBy="c", targetEntity=B.class) private B b; を利用してエンティティBをfetchする際は、Bエンティティがフィールドc(に対応するカラムc_unique_id)に持っているCのPK(@Idアノテーションが付いているフィールド)をキーとして利用しようとします。 イメージとしては次のようなSQLでしょうか。 select * from B b inner join (select * from C where C.deleteTs is not null) c on ( b.c_unique_id = c.id); c.idはLongなのにb....


1

public class T { // private int esti_rep_no; // private int esti_rep_details_no; private Integer esti_rep_no; private Integer esti_rep_details_no; // アクセサメソッドは省略 }


1

自己解決しました。 persistence.xmlのプロパティを <property name="javax.persistence.jdbc.url" value="jdbc:postgresql://localhost:5432/sample"/> <property name="javax.persistence.jdbc.driver" value="org.postgresql.Driver"/> <property name="javax.persistence.jdbc.user" value="dummyUser"/> <property name="javax.persistence.jdbc.password" value="dummyPass"/...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります