次のタグが付いている話題の回答:

6

@Context アノテーションを使って HttpServletRequest オブジェクトをインジェクトすることが可能です。 次のようにしてリソースメソッドのパラメータに HttpServletRequest オブジェクトを渡すことができます。 @Path("/contacts") public class ContactService { @GET @Path("{id}") @Produces({MediaType.APPLICATION_XML, MediaType.APPLICATION_JSON}) public Contact find(@Context HttpServletRequest request, @PathParam("id") Long id) {...


4

この程度の要件であれば、EJBのアノテーション(@Statelessとか@EJBとか)は、使う理由が無いのですか? ないです。DI、AOP、トランザクション管理に関しては、既に CDI と JTA だけで対応できますし、多くの場合その方がパフォーマンスも良いです。 古の J2EE は何でもかんでも EJB に詰め込んでいました。その当時の選択としては間違ってはいなかったのですが、あまりに大きく重くなり過ぎたため、現在では CDI を筆頭とした周辺の仕様に機能を移管し始めています (最終的には EJB が削除される可能性もあります)。互換性のためしばらくの間は EJB と代替仕様の共存になるでしょうが、新規開発時には基本的に EJB ではない方の仕様を優先した方が良いでしょう。具体的には、CDI か EJB ...


4

Eclipseをお使いであればJBoss Toolsの中にContext Dependency Injection Toolsというプラグインがありまして、このValidation機能(Reference Guide該当節)が役に立つかもしれません。 (Injection対象の実装がない場合の例。デフォルトでは警告ですが設定変更でエラーになるようにしています。) 紹介しておいてなんですが、私自身はこの機能を使っていません。というのも、プロジェクト規模が大きくなり、これ系のプラグインのせいでIDEが耐えられないくらい重くなった、という経験が何度かあるためです。 ですので、導入される場合にはその辺りの検証も事前にしておくのが良いかと考えます。 もし可能であれば、このような解決法ではなく、...


4

JavaEE7にはそのような機能はないのではないですか? JavaEE8からMVC的な機能があるようですが、JAVAEE7だとJSON/HTML/XMLの形式でしか返す機能は無いかと思います。


3

Weldの実装を見るのが早いかと思いますが、候補が1つに絞れる場合(すなわちbeansのsizeが1の場合)には、mok2pokさんが質問文に記載されているコードと全く同じ結果となりますね。 BeanManagerImpl: public <X> Bean<? extends X> resolve(Set<Bean<? extends X>> beans) { if (beans == null || beans.isEmpty()) { return null; } Set<Bean<? extends X>> resolvedBeans = beanResolver.resolve(beans)...


3

CDI実装であるWeldのマニュアルからの引用になりますが、現行存在する組み込みのスコープは以下の4種類で、このうち最もスコープが短いものはお考えの通り@RequestScopedです。 @RequestScoped @SessionScoped @ApplicationScoped @ConversationScoped 一般的には、質問文に書かれている状況では@RequestScopedを使用します。 (ただ、ここは主観的な考えになるのですが、あまりそのようなことが気になる粒度ではInjectionを行わないのでは、とも考えます。) CDIの祖先に当たる JBoss Seam という実装では METHODというスコープタイプが存在していました。 おそらくこれが所望のものだと考えますが、...


2

@RequestScopedがトランザクション制御をするか、という質問への回答としては、「しない」となります。 DBのテーブルに書き込まれなかった、という現象についてですが、RDBMSの設定にもよります。データソースまたはJDBCでのautoCommitの設定は何になっていますでしょうか。もし、autoCommitがfalseであれば、@Transactionalをつけていないのにロールバックされたかのような挙動になります。@Transactionalがないのでコミットするタイミングがなく、RDBMSによってロールバックされるからです。もしこのケースであれば、RuntimeExceptionをthrowしなくても、やはりコミットするタイミングがないのでロールバックされます。 @...


2

@Stateless の場合、それが EJB であることを表し、同時に以下の性質を持ちます。 @EJB または @Inject による DI が可能になる。 EJB のインターセプターが有効になる。 デフォルトでトランザクション管理が有効になる (メソッドを抜けると自動的に COMMIT or ROLLBACK)。 EJB コンテナー内のプールにインスタンスが作成され、再利用される。 ※最近はあまりメリットはないですが… オプションでリモート呼び出し、非同期呼び出し、タイマー呼び出しが可能になる。 @RequestScoped の場合、それが CDI Bean であることを表し、同時に以下の性質を持ちます。 @Inject による DI が可能になる。 CDI のインターセプター等、AOP ...


2

System Propertiesは用途として適切です。 WildFlyに限らずJava EEアプリケーションであれば、他にはJNDIを使うこともできます。 値の取得を間接化することができます。 Context initialContext = new InitialContext(); String valu = (String) initialContext.lookup("java:comp/hoge/fuga"); WildFlyのJNDI設定方法はこちらです。 https://docs.jboss.org/author/display/WFLY8/JNDI+Reference 完全に外部化するならRemoteの方となります。 JNDI自体についてはこちらが参考になります。 今さら人に訊けない ...


2

ViewScopedのBeanからViewScopedのBeanを直接呼ぶことはできません。 ですので、BeanBに直接値を設定するのではなく、RequestScopedを付けたValueObjectを用意して、そちらを参照するようにしてはどうでしょうか。 ValueObject: @Named @RequestScoped public class ValueObject { private List<CustomClass> list; private CustomEntity entity; } BeanA: @Named @ViewScoped public class BeanA { @Inject private ValueObject ...


2

参考にされているサイトの通りに設定できているのだとしたら、 「@Controller」アノテーションの付け忘れではないでしょうか?


2

fuga.warからhoge.warの中にあるX-impl.jarを参照する は不可能なので X-impl.jarを双方のwarから取り出して独立させ、双方のwarから参照する を選択することになります。 ただしこの際X-impl.jarだけを独立させると、WARとX-impl.jarの依存関係が循環してしまう(WARではインジェクション対象としてX-impl.jarが必要であるし、他方、X-impl.jarは実装対象としているインタフェースX-api.jarが必要である)のでX-api.jarも分離させます。 手順を大まかに並べると次のようになります: X-api.jar, X-impl.jarをWildFlyにモジュールとして登録する。 ...


2

@Transactionalのvalueパラメータのデフォルト値はREQUIREDです。 REQUIREDは、トランザクションの外側で実行する場合にはトランザクションを新しく開始しますが、トランザクション内で実行する場合はそのトランザクションを利用します。 つまり、質問文のコードのexecute()呼び出しは1回目も2回目も同一トランザクションで実行されます(execute()呼び出し前に、既にトランザクションは開始されているのだと思われます)。 そして1回目の呼び出し中に例外を送出しロールバックフラグが立っているので2回目の呼び出し内の処理は実行できません。 デフォルトのREQUIREDを用いるのではなく、明示的にREQUIRES_NEWを指定すれば、それぞれのexecute()は新しい(独立した)...


2

いくつか認識が誤っている可能性があると感じましたので、まずそれらについて述べます。 1. CDI組み込みスコープである@SessionScopedが言うところのセッションとは、(サーブレットコンテが管理する) HTTPセッション です[cdi-spec]。 他方、Stateful Session Beanが言うところのセッションとは、(EJBコンテナが管理する) EJBセッション であり、それぞれ全く関係がないものです。 2. 注意:新しい EJB を作成する場合、デフォルトではステートレス Bean が作成されます。 と書かれているので、気になりました。 参照されているページは Oracle Workshopというプロダクトのページであり、この記述は直前で説明されている@...


1

Interceptors仕様書(リンク先PDF)の冒頭の一文 Interceptors are used to interpose on business method invocations [後略]. の通り、Interceptorsはbusiness method呼び出しに介入する仕組みです。 ここでのbusiness methodとは、The Java EE Tutorial: 34.1.2.2 Business Methodsで説明されているものです。 他のオブジェクトが自EJB(やCDI Bean)をインジェクトして利用してもらうために定義したメソッドで、そうであるためには明らかにpublicである必要があります(補足:リンク先にはそれ以外の条件も記載があります)。 ...


1

この認識は正しいでしょうか? 「別のクラスから呼ばれた時しかInterceptされない」 と言うのは、あなたが調べられた範囲の状況だけを説明するには十分なのですが、必ずしも正確とは言えません。  別のクラスから普通にデフォルトコンストラクタを使ってインスタンス化した場合には、publicなメソッドであろうと(と言うか、publicなメソッドしか呼べませんが)、Interceptされないはずです。 実はCDI管理ビーンがInjectされる場合のインスタンスは、元のクラスそのままのインスタンスではなく、元のクラスをラップした特殊なプロキシクラス(通常は元クラスのサブクラス)のインスタンスになっています。そのプロキシクラス内で、Interceptorのインスタンスと紐づけて、...


1

サーブレットフィルターでCharacter Encodingを設定する実装を追加すればよかったと思います。 request.setCharacterEncoding("Shift_JIS"); Tomcatを使用しているのであれば、web.xmlに以下の定義を追加してみて下さい。 <filter> <filter-name>SetCharacterEncodingFilter</filter-name> <filter-class>org.apache.catalina.filters.SetCharacterEncodingFilter</filter-class> <init-param> <param-...


1

多分、標準的なやり方です。 クラスからリフレクションで取らなくても、ContainerRequestFilterを実装したフィルターに対象のアノテーションを追加すれば実現できます。 手順としてはまず、@NameBinding付きのアノテーションを用意します。 @NameBinding @Retention(RUNTIME) @Target({TYPE, METHOD}) public @interface VerifyCSRFToken { } これに対応するContainerRequestFilterを追加します。 @VerifyCSRFToken @Provider @Priority(Priorities.AUTHENTICATION) // Priorityは変えても大丈夫です。 public ...


1

タグなどでエラーメッセージをまとめて表示する場合、Springのデフォルトでは、メッセージの表示順を制御できないようです。 SpringのJIRA(課題管理システム)の中に、以下の課題が挙がっていました。これを見ると、この問題は現在も未対策のようです。 SPR-9562 - (validation) Random error order in BindingResult object 画面項目ごとにエラーメッセージを表示するような方式の検討をした方がいいかもしれませんが、全体の方針にかかわることなので、無理ですかね。カスタムバリデーターやBean Validation以外(Spring 3.0以前のバージョンのSpring Validator)を使うなどの選択肢もあるかもしれませんが、...


1

※明確な回答ではなく、推測も含んでいますが、解決の糸口になるかもしれないので、ここに回答します。 そもそもこの例外の正体は何なのか? 何がタイムアウトしていることを示している? TimeoutException.javaを見ると、次のように書いてあります。 Thrown when a timeout occurred. used by operations with timeouts, e.g. lock acquisition, or waiting for responses from all members. スタックトレースの呼び出し元をたどると、HttpServletRequestImpl.getSession()があり、...


1

ダウンロードが完了したことは検知できないので、ファイルサイズが小さければ、ByteArrayInputStreamに変換した後に、ファイルを削除してはいかがでしょうか? ファイルが作られるタイミングがわかりませんが、そもそもファイルを作らずに、直接ストリームにデータを流す事を考慮した方が良いのではないかと思います。


1

EclipseLinkから呼び出される各RDBMS用のJDBCドライバーの実装(どの例外を返すか)に依存しますが、SQLTransactionRollbackExceptionをcatchするようにしておけば、いいと思います。MySQL 5.1.73の場合は、これを継承するMySQLTransactionRollbackExceptionがスローされました。 実際にデッドロックを起こすコードを書いて実験してみると、分かります。 私が書いた記事ですが、参考まで: https://qiita.com/tamura__246/items/d8f168b62617aef6c177 例外処理はこんな感じでしょうか。 } catch (SQLTransactionRollbackException e) { ...


1

2つの独立したWARはServletContextが異なるのでオブジェクトを共有することはできません。 JSR-000369 Java Servlet 4.0 Specification: 7.3 Session Scope HttpSession objects must be scoped at the application (or servlet context) level. The underlying mechanism, such as the cookie used to establish the session, can be the same for different contexts, but the object referenced, including the ...


1

JdbcDriver com.mysql.jdbc.Driver のように書いていますが、公式ドキュメントでは=を付けていますね。 <Resource id="MySQLDB" type="DataSource"> JdbcDriver = com.mysql.jdbc.Driver JdbcUrl = jdbc:mysql://localhost/test UserName = root Password = mysql </Resource>


1

自己解決しました。 persistence.xmlのプロパティを <property name="javax.persistence.jdbc.url" value="jdbc:postgresql://localhost:5432/sample"/> <property name="javax.persistence.jdbc.driver" value="org.postgresql.Driver"/> <property name="javax.persistence.jdbc.user" value="dummyUser"/> <property name="javax.persistence.jdbc.password" value="dummyPass"/...


1

test.xhtmlを下記のように書き換えれば出力されます。 <h:dataTable value="#{testController.wbList}" var="row"> <h:column> <h:outputText value="#{row.no}"/> </h:column> <h:column> <h:outputText value="#{row.get('value')}"/> </h:column> </h:dataTable>


1

request.getInputStream()をそのまま書き込んでしまっているので、curlで投げたForm全体をファイルとして書き込んじゃってるんだと思いま‌​す。 この質問とは関係ないですが、App EngineでGCS Client Library使うと、裏はURL Fetchしているので、FileをUploadしたいだけなら、Blobstore API使った方が無難ですね。 僕はSlim3使ってますが、 https://qiita.com/sinmetal/items/6ed7ec012af030f3e8fa とか https://qiita.com/sinmetal/items/7d2617001494cd204255 を参考にどうぞ。


1

なぜweb.xmlに書くのか 上記の使い方の希望で挙げている1、2についてはコンテナ側が提供する機能になります。 コンテナはweb.xmlに設定が書かれていないと何をすべきか理解できないため、 web.xmlに書く必要があります。 では、web.xmlに何を書くのかというと、 特定のURLに対するアクセスに対して、どのロールを許可するのかということを書きます。 例えば下記のような設定です。 <security-constraint> <web-resource-collection> <web-resource-name>Web Resource</web-resource-name> <url-pattern&...


1

h:linkコンポーネントのoutcomeでは実現できないので、h:outputLinkコンポーネントにしてみてはどうでしょうか? <h:outputLink value="[RESTFul URL]">HOGE</h:outputLink>


1

単体テストにarquillianを使えば、CDIも含めてテスト可能です。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります