次のタグが付いている話題の回答:

5

期待されている回答とは異なるかもしれませんが・・・ 1.キーボードや画面自体にて変更可能なものは、ブツ自体で設定しましょう。 ソフトウエア側での設定は不要になります。 - LCD 画面の明るさとか色合いとか - Happy Hacking Keyboard とか使えば A の左となりは Ctrl になっています - 他にも Ctrl/Caps をハードウエア的に入れ替え可能なキーボードとかあったりします。 キーボードや画面は、それが直結している機械で制御されています。 リモートマシンには、ローカルマシンが抽象化した結果だけが送られます。 2.機械自体に変更機能があればそれで設定しましょう。 - ノート系マシンなら BIOS 設定に Ctrl/Fn 入れ替え機能があったりします。 3.機械に入っている ...


2

cursorLeftSelect等はTerminalと関係ないように思われます。手元のVSCodeでショートカットをterminal: scrollで検索してみると、Ctrl + Shift + ↑/↓で一行ごとに移動できるようでした。 A,B,C,Dが表示されるのは、シェルのエスケープシーケンスという仕組みにあります。 参考:Why does the terminal show “^[[A” “^[[B” “^[[C” “^[[D” when pressing the arrow keys in Ubuntu?


1

すみません、自己解決しました。 質問冒頭にある「インストールしただけでは、一部のキーアサイン(例えばM-<など)は有効になるものの、既存のキーアサインと衝突する多くのキーアサイン(例えばC-eなど)は有効にならないようです。」というのは私の誤認でした。MacOSのシステム環境設定でCommandキーとCtrlキーの入れ替えなどをやっていたのを忘れていたため、あたかもキーアサインが有効になっていないように見えていただけでした。キーアサイン変更ユーティリティ(Karabiner-Elements)を使い、VSCodeでこの入れ替えをしないようにしたところ、期待通りのEmacs風キーアサインが使えるようになりました。 どうも失礼いたしました。


1

まったく何も知らない状態から教えろ・・・となると「範囲が広すぎ」クローズモデ対象なんですが・・・ こういうときは google でも bing でもお好きな検索エンジンに対してキーワード検索しましょう。 ご自分で既にキーワード抽出できていますよね。 "unix" "キーバインド" "変更" オイラの google 検索によると emacs や bash のキー機能のマップ変更のほうが多く抽出されたので キーワード変更 "unix" "キーボード" "設定" とかに変更してみました。 こっちのほうが今回の目的にはより合致しているようです。 今時の linux ディストリビューションをインストールしたような状況だと ほぼ確実に X Window System と呼ばれるグラフィック画面表示機構が使われています。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります