次のタグが付いている話題の回答:

13

こんにちは。ちょっと長くなりますが、お付き合い下さい。 Code 1とCode 2の違い まずは本題にお答えすると、Code 1とCode2では所有権の扱いが異なります。後程説明しますが、Code 1もCode 2も(内部的に)イテレータを使ったコードになっているので、イテレータを使うかどうかという違いはないです。 Code 1では vec! で作られた値を参照しており、 Code 2では vec! で作られた値を消費しています。これは1. vect の型が &i32 か i32 か、 2. for 式文のあとでベクトルが使えるかどうか、で違いが表われます。少しコードを書き換えて試してみましょう。 // Code 1 fn main(){ // 一旦変数を束縛しておく let ...


8

こんにちは。unwrap や Result の話はドキュメントのエラーハンドリングに詳しく書かれているのですが、質問から察するにRustのコードとりあえず書いてみて、生じた疑問を書いている状況でしょうか。そういう想定の下、回答します。 ひとまず、質問に対する直接的な回答は「unwrapで取り出す値以外の可能性もあるから」です。以下にこれを丁寧に説明します。 まず、 Rustは例外を使わず返り値で失敗を表します。他言語でいう例外に綺麗に対応するものはありません。しかし失敗する可能性のある計算というのもあります。たとえば文字列を数値にパースするだとかの処理ですね。 そういう成功するか失敗するか分からない計算の返り値に Result が使われます。 参考のリンクに貼られている回答ではResult<T>...


7

他の方からのコメントにもありますが、reqwestは0.10から非同期IO(async/await)に対応し、APIが変わりました。従来の方法(同期式のブロッキングIO)を行うときは、モジュール名の書き換えが必要になります。 ブロッキングIOの使い方ですが、まず、Cargo.tomlのdependencyを以下のように書き換えて、reqwestクレートのblockingフィーチャをオンにします。 // Cargo.toml [dependencies] serde = { version = "1.0", features = ["derive"] } reqwest = { version = "0.10", features = ["blocking", "json"] } その上で、reqwest::...


6

こんにちは、κeenです。 エラーが出て困っているわけではなくてエラーを適切に処理する方法を知りたいということでよろしいですか? Rustでは回復不可能なパニックと、値として取り扱えるエラーは区別されています。今回はパニックが出て困っているのでエラーにしたいという質問として受け取りました。 以下のように書き換えるのはどうでしょう。 // * .unwrap() を使うとパニックになってしまい、そのままプログラムが終了してしまうので極力使わない。 // * ResultやOptionはそのまま伝播させて使う。 use std::collections::HashMap; fn to_hash(kv: &str) -> Result<HashMap<String, String&...


6

よくある問題ですね。これには2つ解決策があります。ジェネリクスとトレイトオブジェクトです。 ジェネリクス Structに型引数を追加して、実装している型も受け取るスタイルです。今回ちょっと難しいのはTrait自身が引数を取る(のとRustが高階多相をサポートしていない)のでPhantomDataというダミー用のフィールドを足してunused type parameterエラーを防ぐ必要があります。 use std::marker::PhantomData; trait Trait<T> {} struct Struct<Impl, T> where Impl: Trait<T> { a: Vec<Impl>, phantom: ...


6

unwrap() は、 Option<T> 型や Result<T, E> 型の値(つまり、何かしらの値を ラップ している値)から中身の値を取り出す関数です。たとえば Option<T> 型の値に対して unwrap() を呼ぶと、それが内包する T 型の値を返します。 unwrap() は失敗するかもしれないことに注意が必要です。 Option<T> 型や Result<T, E> 型などの値は、 T 型の値が入っていることもあれば入っていないこともあります。入っていない場合に unwrap() を呼ぶとプログラムは panic します。 let opt: Option<i32> = Some(42); println!("{}", ...


6

traitを実装する場合、型かtraitのどちらかが定義されているcrateである必要があるため、Rc<Struct>にAddを実装することは直接はできません。 (なお、impl Add<Struct> for Rc<Struct> {...}のようなことは出来る) よく行う代替手段としては、いわゆるnewtype patternと呼ばれる方法で、 struct RcStruct(Rc<Struct>); のように型を新しく定義してその型に対してAddを実装します。このままだとRcStructはRcの関連関数を使えないので、DerefとDerefMutを実装しておきます。 impl Deref for RcStruct { type Target =...


6

関数の中には処理に失敗する可能性があるものもあります。たとえば、文字列を数字に変換する関数は入力の文字列が "1" なら整数の 1 に変換できますが、 "abc" では変換できません。また、ファイルを開いたり、ファイルから読み込んだり、書き込んだりする関数も処理に失敗する可能性があります(ファイルが存在しない、ディスクの空きスペースがなくなったなど) 処理が失敗した時には何らかの形で呼び出し元にそのことを伝えないといけません。そうすることで呼び出し元では適切なエラーメッセージを表示したり、なんらかの復旧処理(たとえばファイルが存在しないなら新たに作るなど)を行なったりできます。いくつかの言語では、処理の失敗を「例外」(exception)で表現しますが、Rust では「値」で表現します。 Result<...


6

リンクエラー発生時のtomlファイルが [dependencies] ndarray = "0.11.0" であったのを [dependencies] ndarray = { version = "0.11.0", feature = ["blas"] } blas-src = { version = "0.2.0", default-features = false, features = ["openblas"] } openblas-src = { version = "0.6.0", default-features = false, features = ["cblas", "system"] } に変更することで解決しました。 なおリンクエラーの詳細は以下の通りです。 ...


5

これはtypemap::Keyが外部で定義されているから無理ということなのでしょうか? 概ねそのような理由です。具体的にはOrphan Rule(孤児規則)と呼ばれる制約に引っかかっています。自分で定義していないトレイトを自分で定義していない型に対して(今回はジェネリクスなので定義していない型も含んでいます)実装できるとすると、複数人が同じことをした場合に実装が複数存在して一貫性がなくなります。エラーメッセージに出ているように rustc --explain E0210 で詳しく解説されています。 日本語記事だと下記があるようです。 参考: Rustのコヒーレンス - 簡潔なQ https://qnighy.hatenablog.com/entry/2017/07/20/220000


5

RFC 0048によっておおよそ説明できそうです。これによると、メソッド呼び出しの解決は トレイトの解決 (METHOD_SEARCH) とそのトレイトのレシーバ型に対する調整 (RECONCILE) の2段階からなるようですが、 RECONCILE では &mut よりも & が優先的に検索されています。 このRFCではOP主の例のように同じレシーバー型、同じトレイトに対して複数の実装があるケースを考慮していないようですが、この状況についてはこのSOの質問が参考になりそうです。この質問のOP主は「&Tのselfは、Tの&selfと同様に扱われる」(抄訳。おそらくミスタイプと思われたため原文の&TとTを入れ替えた)と予想しています。Accepted ...


5

こんにちは。 1. Rustではメソッドは各型毎に名前空間が分離されているのでイテレータでなくてもmapを実装可能です。 struct YourType<T>(T); impl<T> YourType<T> { fn map(&self) { println!("your map"); } } ここのmpscのUnboundedReceiverはStreamを実装しているので(StreamExt経由で)mapが使えます。 2. これは難しいですね。もちろん、色々にあるmap毎にタイミングが異なるのでここではStreamExtでのmapの挙動について説明します。 直接的な回答はmapの返り値であるMapのnextが呼ばれたタイミングです。...


5

最終形 最終的にどのようなプログラムになればよいのかが少し分からなかったのですが、おそらくこういうことでしょうか? // ...(省略)... let v: Vec<_> = document .select(&selector) .flat_map(|item| item.select(&ul)) .flat_map(|item| item.select(&li)) .map(|item| item.inner_html()) .collect(); println!("{:?}", v); 上のプログラムを実行すると ["Foo1", "Foo2", "Foo3", "Foo4", "Foo5", "Foo6"] ...


5

use num::*; fn test(a: &BigRational, b: BigRational) { let _c = a + b; } https://play.rust-lang.org/?version=stable&mode=debug&edition=2018&gist=abad30b3a3c21ea293716ff4a3b6211a これは問題なくコンパイルでき、また num 0.2.1 のリファレンスにも impl<'a, T> Add<&'a Ratio<T>> for Ratio<T>は存在しているように見えます。 https://docs.rs/num/0.2.1/num/...


5

1. FromIterator<&str> for &str がない理由 &str は借用された文字列の型です。より端的には「どこかに既にある文字列を指す」ことしかできません。 T: FromIterator<A> は「Aを集めて新たにTを作る」ものですから、「どこかに既にある文字列」の型である &str を直接作るためには使えないのです。 2. .collect() で作れる型 collect() で作れる型かどうかは、まさに FromIterator trait により決められています。 {&strのイテレータ}.collect::<Vec<&str>> ができるのは、impl<T> ...


4

RustにはRubyのriのようなコマンドライン向けのドキュメントリーダーはありません。RustではHTML形式のドキュメントをWebブラウザで閲覧します。 rustupでRustをインストールしたなら、以下のコマンドを実行すると、ローカルのPC上にインストールされたドキュメント(HTMLファイル)をWebブラウザで開けます。 $ rustup doc # https://doc.rust-lang.org/ と同じ内容のページが開く $ rustup doc --std # https://doc.rust-lang.org/std/index.html と同じ内容のページが開く このドキュメントはPCがネットに繋がっていなくても閲覧できます。 ...


4

こんにちは。κeenです。 Rustでスレッドに終了メッセージを送るにはいくつか方法があります。 1つ目は AtomicBool を使って終了フラグを共有する方法。コードだと以下のようになります。 use std::sync::atomic::{AtomicBool, Ordering}; use std::sync::Arc; use std::{thread, time}; pub struct Worker { to_stop: Arc<AtomicBool>, } trait WorkerTrait { fn run(&self); fn stop(&self); } impl Worker { fn new() -> Self ...


4

標準ライブラリ内のstd::net(IPv4/IPv6上でのTCP/UDPプロトコルを扱うライブラリ群)のみを使うコード・ライブラリであればRustがTier1としてサポートしているプラットフォーム全てで動きますので、異なるOS間でもコードを使いまわせます。Tier2、Tier3でも動く可能性は高いですが、Rustデベロッパーは正しく動作することは保証していません。 コンパイラ・標準ライブラリ・cargoそれぞれのサポート状況はこちらで確認できますが、参考までに2016/11/13現在のTier1プラットフォーム(上記3つをすべてサポート)は以下の通りです。 i686-apple-darwin = 32-bit OSX (10.7+, Lion+) i686-pc-windows-gnu = 32-...


4

127.0.0.1にbindしても、ローカルホストからしか接続できないことがあります。 ソースコード中でアドレスを記載している部分、 server.listen("127.0.0.1:6767"); これを、eth0などのネットワークインターフェイスが持つIPアドレス、または0.0.0.0を指定してみてはどうでしょうか。 server.listen("0.0.0.0:6767");


4

termoshttさんの言っていることに加えて以下をCargo.tomlに追記すると.wasmファイルを生成できるはずです。 [lib] crate-type = ["cdylib"] この記述の役割が気になる場合はThe Manifest Formatを参照するとよいでしょう。 しかしこれでもまだrandクレートが動作しないはずです。 なぜかというとWebAssemblyはWebとは独立に定義された仕様でシンプルな計算命令しか持たないのですが、wasm-unknown-unknownはそのピュアwasm向けのターゲットなので乱数の種を供給する方法が一切ないからです。 JSが乱数関連のAPIを持っているのでそこから乱数の種を供給しようとしても、...


4

このエラー内容は、変数wordがループの各イテレーションの中だけでしか有効ではなく、頭2文字のスライスをHashMapに格納するのに必要な期間より短いというライフタイム周りのエラーです。 解決策としては、sw[i].to_string() で新たにString型の値を生成していますが、これは必要がないので、元のString型の変数sの一部を指しているスライスであるsw[i]からさらに切り出せば良いです。 そうすると、切り取った部分を格納するHashMapよりも参照先となる変数sのほうが長く生存しているため、ライフタイムの制約を満たします。 また、コンパイルは通りますが、HashMapは要素の順序が実行ごとに変わるため、そのまま結果とする場合にはBTreeMapを使うほうが好ましいです。 修正例: use ...


4

こんにちは。 参照をデータ構造の中に持つのはライフタイムに慣れてないと中々難しいですね。特にアプリケーション全体の設計にも関わるので正直なところデータ構造だけを提示されても正しい解決策が出せるかは怪しいです。 一応、下記の通りライフタイムを指定すればコンパイルの通るコードは作れます。しかしこれをそのままseino2005さんのアプリケーションに適用して同様にコンパイルが通るかは分かりません。Pool や Finder がどう使われているか次第です。 struct Finder<'a> { ref_data: Vec<&'a String>, } struct Pool<'a> { original_data: Vec<String>, ...


4

<Output = T>のように関連型の型を指定できる記法があります(コンパイルを通すためにCopyも付加しました). fn fib<T>(a: T, b: T, n: usize) -> T where T: std::ops::Add<Output = T> + Copy, { match n { 0 => a, 1 => b, _ => fib(a, b, n-1) + fib(a, b, n-2) } }


4

こんにちは。 回答の前に前提として、Rustの標準ライブラリに「2次元ベクトル」という型はありません。Vec<Vec<T>> という型が表現しているのは「ベクトルのベクトル」です。 どういうことかというと、以下のように長さが不揃いなベクトルも格納できるということです。 let a = vec![ vec![], vec![1, 2], vec![10, 20, 30] ]; なので今回の for x, y, z in ... ように要素数を決め打ちにした分解はできません。 という前提の下、書き方を工夫すればやりたいことが実現できます。 1. タプル or 配列にする 長さが揃っている場合の解決策です。長さが決まった型を使います。 ...


4

こんにちは。 質問への直接的な回答、つまり flat_map の中で async の文脈を作るには |n| async { gen_list(&n).await.unwrap() } のように、 async {} ブロックで囲んであげることですが、これだとコンパイルは通りません。 やりたいことは Vec<impl Future<Item = Vec<T>>> なる型を impl Future<Item=Vec<T>> へ変換したいということだと思います。こういう入れ子になった型の中にある Future を外側にもってくるのは少し大変です。変換に使うメソッドや関数は標準ライブラリにはないので futures の ...


4

こんにちは。 Result のエラーはどのようにして解決すべきなのでしょうか? これはいくつかのエラーが複合しているので、1つ1つ解説します。 まずはエラーメッセージそのもの、「the size for values of type str cannot be known at compilation time」について str を &'static str にすれば解決します。 Rustでは勝手にポインタが作られたりしないので str は任意長の文字列そのものを表わします。これを関数から返すということは、例えば1000文字の文字列ならば1000文字分のデータをコピーして呼出元に返すことになります。今のところRustは任意長のデータをスタックにコピーする操作は許していません。そこで &...


4

Rustでアプリを開発するときの基本的な手順はすでにご存知であるという前提で回答しますね。例えばCargo.tomlで依存クレートを指定したり、cargo build --releaseでアプリをビルドしたりする方法については知っているものとします。(ご存知なければこの辺を読んでください) Rustはコンパイル言語ですので、Rubyなどのスクリプト言語とは異なり、アプリを実行する環境にコンパイラなどのRustツールチェインをインストールする必要はありません。開発環境のOSとデプロイ環境のOSが同じなら、基本的にtarget/releaseディレクトリにある単一のバイナリファイルをサーバーにコピーするだけでデプロイが完了します。 ...


4

こんにちは。見たところ、古いコード例を参考にしているようですね。 mime マクロがあるのは mime 0.2系までで、お使いのmime 0.3.16 では使えません。また、 iron 0.5系が依存しているのもmime 0.2系なので、 Cargo.tomlの mime = "0.3.16" の箇所を mime = "0.2" と書き換えるとコンパイルは通ります。 上記でさしあたっての問題は解決するのですが、おせっかいながらその他の点についても指摘させて頂きます。 iron 0.5.1は3年前にリリースされたものであり、ironの最新版は 0.6.1 もうちょっと言うと、ironは最近はあまり使われていないフレームワークですが、それはまた別の話 現在のRustは2018 ...


4

エラーの理由は、Indexアクセスを行う時に所有権の借用が行われるからです。 質問者さんのコードを例に記述いたしますと 1.「.push(」でmutable参照の借用が開始され 2.「fib[]」でimmutable参照の借用が開始され(Indexトレイト) 3.「);」でfib借用のライフタイムが終了 という流れになります。 恐らく察しが付いたと思いますが これはRustの借用ルール(mutableとimmutableは同時に複数持てない)に違反するのでエラーになります。 そして本題、Rust1.41.1でエラーにならない件についてですが Rust1.36.0から「Non-Lexical Lifetimes」という機能がデフォルト有効になりました What are non-lexical ...


3

Rustの配列は実行時にサイズを指定できません。aの場所には定数式(constant expression)だけが書けます。 定数式を使った例: // 定数式ならコンパイルできる。 fn main() { let c = [0; 100]; let d = [0; 5 * 10]; } 実行時にサイズが指定できない理由は、配列の要素がスタックに格納されるからです。Rustではスタックに置く値のサイズは、コンパイル時に決まっていないといけません。 もし実行時にサイズを指定したいのなら、Vec(ベクタ)の利用を検討してください。 // ベクタなら実行時にサイズを指定できる。 fn main() { let a = 100; let b = vec![0; a]; } ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります