次のタグが付いている話題の回答:

2

VPNにおけるサーバ→クライアント通信

下記の回答は、コメント及び質問が編集される前の質問に対して回答であったため、VPNクライアントを動作させているPCとは別に自宅内にWebサーバが存在すると言う前提になっています。そのため、編集後の質問に対しての回答としては、あっていないないようになります。ただ、PCとWebサーバが別であった場合は参考になるかと思いますので、回答はこのまま、残しておきます。 ...
  • 5,051
2
Accepted

AWSのEC2インスタンスを別VPCに移動したい。

既存のインスタンスからAMIを作って 新しいVPC上でAMIから Launch すればどうでしょうか。
  • 7,670
1
Accepted

VPNにおけるサーバ→クライアント通信

tun0 まではEC2インスタンスから通信できているということでしょうか。 EC2インスタンスから Raspberry Pi の tun0 に割り当てられた IPアドレスに向けた通信であれば、ルーティングを設定すれば可能かもしれません。 ただし、ルーティング先の「クライアント VPN ネットワークインターフェイス」の IPアドレスは可変ですし、そもそも、AWS Client VPN ...
1

AWS NATゲートウェイとEIP に関する Allocation IDとassociation ID の存在理由

Allocation IDはElastic IPアドレス (EIP) のIDです。Association IDは、EIPとリソース(この場合はNAT Gateway)とのリレーションのIDです。 EIPを作成するとAllocation IDが払い出されます。作成したEIPをリソースに関連付けると、Association IDが払い出されます。
1
Accepted

EC2 セキュリティグループで OutBounds を閉じても DNS が引けてしまう謎

VPCのサブネットではDNSサーバーが提供されています。そのため、サブネットから外に出ることなく名前解決が可能です。 たとえば、CIDR ブロック 10.0.0.0/24 を持つサブネットの場合、次の 5 つの IP アドレスが予約されます。 ... 10.0.0.2: AWS で予約されています。DNS サーバーの IP アドレスは、常に VPC ネットワークのベースに ...
  • 4万
1

AWS VPCとオンプレ間のVPN通信ができない

既に実施済みなのかもしれませんが、ルータ(192.168.11.1)で NATトラバーサルが必要なのではないでしょうか。 https://dev.classmethod.jp/etc/aws-vpc-vpn-nat-traversal/
1
Accepted

AWSのElasticBeanstalkで作成したインスタンスを別VPCに移行したい。

Elastic Beanstalkには設置先のVPCを後から変更する機能は無かったと思います。 ですので、新しく環境(Enviroment)を作成してそこに移行する事になると思います。 アプリケーション自体はデプロイしなおすだけなので簡単かと思います。 Elatic BeanstalkでRDSも管理されていて、停止時間が許容されるなら、...
  • 396

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible