職場でチーム専用のQ&Aサイト「Stack Overflow for Teams」を使い、プライベートかつ安全な環境で回答を見つけてください!ユーザー数10名までは無料でご利用いただけます。 登録

次のタグが付いている話題の回答:

2

アドバイスありがとうございます。教本どおりに打‌​ち込んでいたのですが、教本のダウンロード‌​サイトにはload_scriptならぬL‌​OAD_SCRIPT関数が組み込まれてお‌​り、こちらを組み込むことで上手くいきまし‌​た。


2

gsub は置換結果と共にマッチの合計数(ここでは \ を / に置換した個数)も返します.式を括弧で囲んで次のようにすればよいと思います. \edef\currfileabsdir{\directlua{tex.sprint((lfs.currentdir():gsub('\string\\', '/')))}/}


2

APIのドキュメントにOS機能は使えないとありますので、現在時刻を取得する方法はありません。 https://flashair-developers.com/ja/documents/api/lua/ 制約事項 メモリ制約のため、標準ライブラリの以下の機能は使用できません。 コルーチン操作 OS機能 数学関数 デバッグライブラリ


1

いつからだったか,Lua はデフォルトで有効になっています. brew install vim または brew install macvim でインストールした後,vim --version で確認してみてください


1

先頭のN個の要素に何か行なうのだと考えました。下は print する例です。 function print_first_n(list, n) for i,v in ipairs(list) do if i > n then break end print(v) end end local choices = {"A", "B", "C", "D"} print_first_n(choices, 3) --[[ 出力: A B C --]] 先頭のN個の要素を引数として一度だけ関数を実行するなら下のようにできます。 function print_once_first_n(list, n) print(...


1

自己解決しました。 LUA_PATHという環境変数に./?.luaを追加したところちゃんとローカルディレクトリを見てくれるようになりました。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります