次のタグが付いている話題の回答:

4

brew install python で Python をインストールすると、Vim もインストールできるようになりました! ご回答いただきありがとうございました。


3

compinit (大抵は.zshrcに記載すると思いますが)の一行前に、 autoload -U compinit の記述はしておられますか? つまり、 .zshrcの中に記載されるべきは、 autoload -U compinit compinit この順番に、2行になります。 もう一つ見落としやすいのは/usr/local/share/zsh/site-functionsのパーミッションですね 。 これでTABキーでの補完が可能になると思います。


2

fpathに加えると使えるようになります 具体的には、.zshrcのcompinitよりも前の行に、下記のコードを追加します。 fpath=(/usr/local/share/zsh/site-functions $fpath)


2

brewでインストールしたmakeはmacOSにバンドルされたものと衝突を防ぐためにgmakeという名前になっています。 インストールしたものを使いたければgmakeを利用してください。


2

自分で解決できました。 sudo chown -R $(whoami) $(brew --prefix) とした後にbrew install pythonを実行したところ/usr/localにpip3のシンボリックリンクができていました。 /usr/localのownerがrootになっていたのではないかと思います。


2

私はanyenvでpyenvを使用しており、同様のエラーに遭遇しました。 以下のコマンドを実行したら成功しました。 $ pyenv local system


2

自分はbrew install vim --with-luaの時に同じ問題に遭遇しました。 上記内容だけではできなかったので追加します。 pyenvやcondaなどを利用している場合、pythonのパスが変更されることでこのエラーがおきる可能性があるようです。 自分の解決方法 1. .bashrcでのPATH変更の部分をコメントアウトし、terminalを再起動 2. brew install vim --with-lua実行 --> 成功 3. .bashrcのコメントアウトを外す


2

自己解決しました。 Apacheのhttpd.confにて、php5_moduleが5.5.29のものと5.5.30のもの、両方記載されていました。古い5.5.29の方を削除して、Apacheを再起動。phpinfo()にて5.5.30への変更を確認しました。


1

いつからだったか,Lua はデフォルトで有効になっています. brew install vim または brew install macvim でインストールした後,vim --version で確認してみてください


1

表示されませんが入力されています。パスワードを入力して最後にリターンキーを押してください。


1

追記された.bash_profileの内容から、現在のPATHの優先順位は次のようだと考えられます。 (上にいくほど順位が高い) /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.7/bin /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/3.4/bin /opt/local/bin /opt/local/sbin /usr/local/bin それ以外のPATH ということで、最初の行の export PATH=/usr/local/bin:$PATH をファイルの末尾に移動させれば /usr/local/bin の実行ファイルを最優先に検索してくれるようになるはずです。


1

いくつか方法があります。いずれの設定も完了したらターミナルを立ち上げ直してください。 aliasを設定する ~/.bashrc に以下の行を追加してコマンドの別名を登録します。シェルスクリプトなどの別プロセスからpythonを起動させる場合にはこの設定は使えません。 alias python=/usr/local/bin/python また、~/.bash_profile に .bashrc を読み込む設定 (source ~/.bashrc) がなければ、追加で記述しておく必要があります。 PATHを設定する (ユーザレベル) ~/.bash_profile に以下の行を追加してPATHの優先順位を変更させます。 export PATH="/usr/local/bin:$PATH" ...


1

初めの"mysql.sockが見つからない"に対してtouchでファイルを作成するのは間違いかと思います。 socketファイルはプロセスが作成する特殊なファイルなので、単にtouchしただけでは作成できません。 もし既存のXAMPP環境も残っているのであれば、mysqlはXAMPPとhomebrewどちらで入れたものを参照しているのかwhich mysqlなどでパスを確認してみてください。 homebrewでのインストール後に「brew services stop mysqlを実行した」とありますが、こちらも本来なら XAMPPでインストールしたものを止めるべきで実行するコマンドが違う気がします。 ...


1

手元に環境がないので、半分推測ですが。。 BASH_VERSION を見る限り、今実行しているシェルは、 4.4.12 になっている PATH から最初に読み込まれる bash は、 3.2.57 になっている なので: 端末が最初に呼ぶシェルは 4.4.12 (端末の設定から、読み込むシェルを指定できたはず) 4.4.12 は、しかし PATH からは呼べないところにある or 3.2.57 (おそらく mac に元から入っている bash) より後に読み込む設定になっている。 いくつか考えつく回避方法: .bash_profile にて、 PATH="${BASH%/*}:$PATH" のように記述し、今動いている BASH の bin ディレクトリを PATH の最初に持ってくる .bashrc ...


1

https://formulae.brew.sh/formula/ にある Homebrew の formula 一覧を見ると分かりますが、現在 clang という formula は無いので「見つからないよ」というエラーが出ています。 2018 年 7 月現在、代わりに llvm という formula が提供されています。Xcode の Apple Clang とどう共存させるかに応じて、brew install llvm または brew install --with-toolchain llvm でインストールすることができます。


1

brew install llvm で入りませんか?


1

エラーではなく警告ですので、特に問題が起きなければ無視しても問題ありません。 ちなみに警告の意味は「CMakeというツールを使ってビルドするプログラムをインストールする場合、CMake側の問題で期待しているのとは違うライブラリが使われる(リンク)ことがあるので、そのような場合は一時的に問題のフレームワーク(/Library/Frameworks/libcurl.framework)を別のフォルダに移動してださい」です。 意味がわからなければ、問題になった時にまた聞くことをお勧めします。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります