次のタグが付いている話題の回答:

4

キャッシュの実装の問題ではないように思います。 LruCache[maxSize=8192,hits=0,misses=12,hitRate=0%] maxのキャッシュサイズが約8MBなのに対し、画像は1枚辺り約5MBほどあります。 画像2枚でキャッシュの意味がなくなりますので、hitRate=0%となっている通り、キャッシュとして機能していません。Viewから強参照されているBitmapは保持されますので、LruCacheの容量を常に上回る状態となります。 リストビューなどに多量に表示する画像の場合、inSampleSizeやARGB_4444などを利用して1枚辺りの画像サイズを抑えてデコードする工夫が必要になるかと思います。 追記 これは2枚だけキャッシュに存在したということでしょうか? ...


3

"message": "Access Not Configured. The API is not enabled for your project, or there is a per-IP or per-Referer restriction configured on your API key and the request does not match these restrictions. Please use the Google Developers Console to update your configuration." このエラーメッセージは、API KEYを作るときに設定した「許可対象IPアドレス」の設定が間違っている場合に表示されました。(他のケースでも表示されるかもしれませんが) ...


3

より詳細な情報があったほうがいいかもしれません。Volleyのデバッグログを出力してみてはどうでしょう。 Volleyのデバッグを有効化するにはshellから次のコマンドを利用してください。 adb shell setprop log.tag.Volley VERBOSE このデバッグログの設定はVolleyLog.javaでこのように参照されています。 public class VolleyLog { public static String TAG = "Volley"; public static boolean DEBUG = Log.isLoggable(TAG, Log.VERBOSE); ...省略... } ログが取れれば内部のどのステップで発生しているか、...


2

@fkm さんおよび、 @hata さんの回答には認識違いがあるので、その点を正しておきます。 公式ドキュメントの記述は真逆です。Applicationクラスを継承して持たせない方が良い と書いてあるのです。 Application自体が、アプリケーションのライフサイクルを通じて唯一存在することが保証されているクラスなので、シングルトン化する必要、特にstatic変数に保持する必要性が全くありません。getInstance()メソッドがなくとも、ActivityであればgetApplication()、contextを取得できる場所ならばgetApplicationContext()を、拡張したアプリケーションクラスにキャストすることで取得できます。 Applicationクラスで初期化するのに、...


2

メモリはGCが回収するため、明示的に破棄することはできません。 Bitmapが確保したメモリですと、解放されるのは、recyle()がコールされ不要だとマークされてから、次のGCが実行されるタイミングになります。recyle()の後、System.gc()でGCの実行を促すことはできますが、確実に実行される保証はありません。 ヒープダンプを調べてみると相変わらずbyte配列が一番メモリを消費しているらしいのですが、そもそもそのbyte配列を一体誰が作成しているのかを調べる方法はありますか? 直接メモリの割り当てを行われた箇所を知る方法はないと思いますが、byte[]を画像に復元することでどのBitmapが逼迫の原因となっているのかを突き止めることができるかと思います。 Android ...


2

自己解決しました。 public static final String KEY_PICTURE = "mypicture"; public static final String KEY_PICTURE_NAME = "filename"; public static final String KEY_ROUTE_ID = "route_id"; より ファイルは$_POST['mypicture']['tmpname']で取得可能 文字列は$_POST['route_id']で取得可能という意味でした。


1

6.0.0のソースを10分ほど追いかけてみました。 ・サイズが同じBitmapをキャッシュしている(PoolableImageCache.java) ・デコードのキャンセル処理が見当たらない 以上の情報と再現環境から、このような仮説が立ちます。 ・サイズが違うイメージを何枚か読み込む ・サイズが違うので別々にキャッシュ、また、読み込み時にゴミが大量に発生 ・さらに読み込む(別スレッド)、が、ここでOoM発生 ・キャッシュをパージして、BitmapをGC対象にする ・しかしVM管理外のモジュールで読み込み続けている(メモリを確保し続けている)ので、GCが間に合わず、クラッシュ この仮説が正しいなら、Bitmapキャッシュを切ればいいのですが、API上にはその窓口が 用意されてないようなので手を出せません。 ...


1

特に注釈がないことを考えると、ViewPagerのキャッシュ指定はデフォルトの1になっていると思えばいいでしょうか。 http://outcesticide.hatenablog.com/entry/ViewPager_setOffScreenPageLimit もし違っていれば、デフォルトの1にすることでメモリを節減することができます。ただ「7枚目で〜」ということですので、おそらくFragmentPagerAdapter内でFragmentの参照が生きているせいでオブジェクトが完全に破棄されず、その影響でBitmapの保持が続いてしまいエラーが起きているような気がします。 ViewPager〜PagerAdapterあたりで、参照が生き残っていないかチェックしてみてください。 http://...


1

参考先のサイトのコードをそのまま利用して試してみましたがコードに問題はありませんでした。 エラーが出ている原因は必要なクラスがimportされていないためだと思われます。


1

Volley のリクエストの結果を onActivityCreated() を参照できるという前提がよくないので Volley に対するリクエストの結果が返ってきた段階でActivity 側から Fragment に データを渡してあげましょう。 一般的な話として、Fragment から Activity 側の変数を参照するのは設計として よくありません。


1

やりたい事が「通信して表示」なので、Loaderを使って次のように実装するのはどうでしょうか? 各FragmentのonActivityCreated()で、LoaderManagerを取得し、initLoader()で初期化 initLoader()の引数で指定するLoaderCallbacksのonCreateLoaderで、「リクエストをVolleyで投げて、データを取得するLoader」を生成 生成したLoader内でVolleyを使ってリクエストを投げる。LoaderのコンストラクタにはContextがあるので、ApplicationContextは取得できる リクエストの結果をdeliverResult()で伝える。 LoaderCallbacksのonLoadFinished()が呼ばれるので、...


1

Fragmentから、ActivityのonCreated()が実行された後に行いたい処理がある場合は、onActivityCreated()のコールバックが利用できます。 この場合、onCreateView()で表示するビューは空か、もしくは読み込み中を表すインディケーターにして、後から更新することになるので、ActivityのonCreate()で通信を行って、通信結果に応じてFragmentの表示を更新する作りにしてもあまり変わりませんが…。


1

問題の箇所を見つけました。Volley関係ないです。 @Override public View getView(int position, View convertView, ViewGroup parent){ if(position==TITLE_AND_DESCRIPTION) { //動画の説明等 TitleAndDescriptionViewHolder tAndDHolder = new TitleAndDescriptionViewHolder(); if (convertView == null) { convertView = inflater.inflate(R.layout....


1

@fkm の回答のリンク先(公式ドキュメント)や StackOverFlow(本家) にもありますが、Volley の RequestQueue は AppliationContext のSingleton パターンで使うように設計されています。 なので、Application クラスを拡張して、RequestQueue をインスタンス化して保持し、そのインスタンスを他クラスからアクセスするための getter を定義しておきます。 ちなみに、公式ドキュメントはサンプルコードが編集で乱れて1行目目が欠落しているようですが: public class MySingleton extends Application { private static MySingleton mInstance; ...


1

Googleのトレーニング用ドキュメントに、Applicationクラスに持たせる例が示されています。 http://developer.android.com/intl/ja/training/volley/requestqueue.html


1

Androidからの受け渡し部分は省略して、 curl -dで実行した場合を仮定します。 cgi.FieldStorageを使用すると、sys.stdinを読み込んでしまっているので、json.load(sys.stdin)で取り出せるのは空文字列になります。 curl -dの引数が間違っていませんか?"{'key':'value'}"ではなく、'{"key":"value"}'として下さい。 呼び出し: $ curl -d '{"key":"value"}' "http://example.com/execute.py" 受け取り: # FieldStorageは削除して print json.load(sys.stdin)


1

myjson = json.load(sys.stdin) を myjson = json.loads(sys.stdin) にした場合はどうでしょうか?


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります