次のタグが付いている新しい回答:

2

WPFはINotifyPropertyChanged.PropertyChangedイベントをメインスレッド(UIスレッド)に自動的にディスパッチしてくれるようになっているため、バインディングソースをサブスレッド(非UIスレッド)で直接操作しても、問題なく動作するようになっています。 ただしSilverlightやUWP (WinRT) ではそういった仕組みがないため、UIスレッドにディスパッチする処理をアプリケーションサイドで記述する必要があります。 MVVM - MVVM アプリにおけるマルチスレッドとディスパッチ | Microsoft Docs その他、WPF 4.5以降では、BindingOperations.EnableCollectionSynchronization()...


0

Windows Formsの事例ですが、SystemEvents.UserPreferenceChangedイベントを使ってシステムフォントの変更を監視する方法が紹介されています。 Respond to Font Scheme Changes in a Windows Forms app | Microsoft Docs 注意点として、このイベントはスタティックイベントなので、追加したイベントハンドラーはアプリケーションの破棄時に削除するようにしておかないとメモリリークします。 System.Drawing.SystemFontsクラスおよびSystem.Drawing.FontクラスはGDI+の.NETラッパーですが、フォントサイズなどの情報を取得するだけであればWPFからでも(System....


上位 50 件の最近の回答が含まれています