次のタグが付いている話題の回答:

6

MSDN の .NET Framework 4 向けのドキュメントの中に、「クラス ライブラリ開発者向けのデザイン ガイドライン」があります。該当箇所は: 大文字の使用規則 一般的な名前付け規則 クラスの名前付けのガイドライン でしょうか。ハンガリー表記法の時代とはだいぶ変わりましたね...というより「ハンガリー表記法は使用しないでください。」と念押しされており、大まかに、クラス・メソッド名には PascalCasing を使用、ローカル変数には、 CamelCasing を使用ということで統一がはかられています。 接頭語についても: 通常、省略形や頭字語は使用しません。 これらを使用すると、名前がわかりにくくなります。 ... 識別子名の一部には省略形または短縮形を使用しないでください。 ...


5

これはHSV(HSI、HSL、HSB、HLS)などと呼ばれる色空間です。色相環を立体にしたものと言えば理解しやすいでしょうか。Wikipediaには2種類が言及されていますが、細かいバリエーションはさらに多いです。 質問の図の左はHS平面、右はHV平面を表したものです。HSVからRGBへの変換は六角錐モデルの場合 public static class Hsv3 { private static byte ToByte(double d) { if (d < 0) { return 0; } else if (d > 255) { return 255; ...


5

7000個のTextBoxが同時に表示されるデザインというのは実用的でないので(仮にそうであるなら考え直すべきです)、常識的には何らかのスクロールにより実際に画面上に表示されているのはごく一部なのではないでしょうか。 そのようなデザインである場合はUIの仮想化を行うと負荷が低減できます。一言でいえば「表示されていない要素は実際に作成しない」という方法です。 ItemsSourceを指定している場合、ListViewやDataGridでは既定で仮想化が有効ですが、ItemsControlの場合は <ItemsControl VirtualizingPanel.IsVirtualizing="True"> </ItemsControl.ItemsHost> &...


5

WPF ではバージョンごとに .NET Framework のアップデートによって内部の描画処理が変更ないし新機能が追加されています。 例えば… WPF 4.6: 高 DPI 時のレイアウトの丸め処理変更 WPF 4.5: 仮想化パネルのスクロール単位を制御するプロパティ追加(VirtualizingPanel.ScrollUnit) などです。 高解像度環境を利用していると特にレイアウトの丸め処理変更による見た目の変化を感じる場合が多いと思われます。 参考: http://grabacr.net/archives/5341


4

ThreadオブジェクトのIsBackgroundプロパティがfalseになっている可能性があります。 ワーカーとして使う場合はStartメソッドを呼び出す前にtrueをセットしておく必要があります。


4

DataContextもd:DataContextもFrameworkElementの階層構造に従ったBindingのPathを受け継ぎます。 つまり、 <Grid x:Name="parentGrid"> <ListBox x:Name="list1"/> </Grid> という親子関係があった場合、list1のItemsSourceを直接サンプルデータにBindするのではなく、parentGridのDataContext及びd:DataContextを指定し、list1のItemsSourceは{Binding Items}などとparentGridのDataContextからの相対PathでBindして、 <Grid x:Name="...


4

添付プロパティを使用してRadioButtonのCheckedイベントを拾ってやる必要があると思います。 public class Radio { public static object GetSelectedValue(RadioButton obj) { return (object)obj.GetValue(SelectedValueProperty); } public static void SetSelectedValue(RadioButton obj, object value) { obj.SetValue(SelectedValueProperty, value); } public static ...


4

MSDNに記載のあるXmlnsDefinitionAttributeは複数の名前空間に同じURIを割り当てられます。 ただしプリフィクスを定義するXAMLと同一アセンブリには効果がないので、コントロールは別プロジェクトに分割する必要があります。


4

Windowのタイトル色を直接指定することは出来なかったと思います。 間接的な手段としては、WindowStyleやWindowChromeを変更してWindow全体のデザインを変更することができます。 このようなライブラリとしてはWPF customizable windowなどがありますので、それらを利用するのが手軽ではないでしょうか。


4

https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/4cd4681d-6cd8-45bb-805d-b5c552955ecf/windows-10-anniversary-update-pcoutofmemory?forum=wpfja によると Windows 10 Anniversary Update + 日本語 MS-IME な環境では TextBox を1つ作ると スレッドが1つ増える、とのことです。そりゃ遅くなるわ。 人によって再現したりしなかったりするのは環境の違いだと思われます。 日本語 MS-IME のバグなのか WPF のせいかまではわかっていないとの事。 オイラも TextBox を多数作っても UX の向上には寄与しないと思うので再考慮を推奨。


3

ご質問の意図として、 コンテキストメニューにアクセスキーを指定したい コンテキストメニューにコマンドをバインドして実行したい のどちらなのか、意図を取りかねましたので分けてご回答いたします。 尚、前提として、 <Window x:Class="WpfApplication2.MainWindow" xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation" xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml" Title="MainWindow" Height="350" Width="525"/> ...


3

単にバウンドするエフェクトを無効化してしまいたいのであれば、WPFの場合、ListBox等のManipulationBoundaryFeedbackイベントをハンドルするのが一番手っ取り早いと思われます。 public partial class MainWindow : Window { public MainWindow() { InitializeComponent(); list1.ManipulationBoundaryFeedback += list1_ManipulationBoundaryFeedback; } void list1_ManipulationBoundaryFeedback(object sender, ...


3

デザイン時用のViewModelを用意してデザイン用データを持たせるといいんじゃないでしょうか。 例えば、本番用のViewModelを継承してコンストラクタでデータを差し替え、とすると実装的にも楽です。 XAMLでBindするときはこんな感じで d:DataContext="{d:DesignInstance vm:DesignViewModel}"


3

クリックした場所にある UIElement の Focusable が True になっていればフォーカス移動すると思います。


3

<Button x:Name="hoge" Click="Button_Click"/> などとx:Nameで指定しておいた場合、 private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e) { var button = (System.Windows.Controls.Button)sender; // button.Name で "hoge"を取得できます。 ... } のようにして、Nameなど各プロパティにアクセスできます。 using System.Windows.Controls; をファイル先頭などに書いておけば var button = (Button)sender; でも可能です。


3

あくまでイベントハンドラを使う場合、takさんの書かれているようにsenderからどのボタンかを判別して、内部でif/switch分岐をすることになるでしょう。 WPFを活かすという意味で、イベントハンドラの代わりにコマンドを用いるのはどうでしょうか。異なるボタンから同じコマンドに対して、それぞれ異なるパラメータを渡すことが可能です。 ICommandから自前で実装しても良いですし、MVVMフレームワークを用いるとより簡単かもしれません。例えばMVVM Light ToolkitではRelayCommandが用意されています。 連載:WPF入門:第6回 「コマンド」と「MVVMパターン」を理解する (1/3) - @IT MVVM Light Toolkitを使ってみよう。その2 MVVMの復習 かるあ ...


3

//別ウインドウを閉じる Window setWindow = new settingWindow(this); setWindow.close(); はnew(新しい)ウィンドウを閉じるコードであり、既にある「別ウィンドウ」を閉じるコードではありません。 Application.ShutdownModeをOnMainWindowCloseにすれば特にコードを書くことなく実現できますが、これは期待するものと異なりますか?


3

.NETでの名前付けの規則は、MSDNに書かれています。 一般的な名前付け規則 原則としては、変数名に型名を付けません。 それには、次の理由が考えられます。 VisualStudioなどの開発環境で型を瞬時に確認できるため、付けなくて良い。 リファクタリングした場合などにプリフィックス、サフィックスと実際の型名が異なり、混乱の原因となる。 変数名やコントロールの名前で何を表すのか推測できるようにすべきである。


3

マウスイベントの場合ですが、Background="Transparent"などとCanvasの背景を指定しないと対象になりません。タッチも同様なのではないでしょうか。


3

それはVisual Studioの用語で「モジュールの読み込み通知」と呼ばれるものです。文字通りモジュールが読み込まれたときに発生する正常なログ出力でエラーメッセージではありません。 真のエラーを探すには「デバッグ」→「例外」メニューのダイアログで「Common Language Runtime Exceptions」にチェックを入れて実行するとよいです。


3

MultiTriggerがつかえます。 <Style.Triggers> <MultiTrigger> <MultiTrigger.Conditions> <Condition Property="IsChecked" Value="true" /> <Condition Property="IsEnabled" Value="true" /> </MultiTrigger.Conditions> <Setter Property="ContentTemplate" Value="{StaticResource ...


3

全件挿入が終わるまでの時間は伸びてしまいますが、 ObservableCollection<>に1件ずつDispatcher.BeginInvokeして追加してみてはどうでしょうか。 例えばボタンのクリック時に以下のようなコードを書いてみます。 別スレッドからDispatcher.BeginInvokeで適当なViewModelのObservableCollection<>に追加しています。 DispatcherPriority.BackgroundならUIの応答性をそこまで阻害しないかと。 Thread thread = new Thread(new ThreadStart(delegate { for (int i = 0; i < 100000; ++i) ...


2

ItemsPanelを設定する場合はこうです。内部のStackPanelはWrapPanelやUniformGridに変えても良いです。 <ListView> <ListView.ItemsPanel> <ItemsPanelTemplate> <StackPanel Orientation="Horizontal" /> </ItemsPanelTemplate> </ListView.ItemsPanel> </ListView>


2

表示されているのは出力ウィンドウだと思いますが、そこを右クリックすると「モジュールの読み込みメッセージ」にチェックが付いていることがわかると思います。これがpgrhoさんの説明の「モジュールの読み込み通知」です。もちろんチェックを外せば表示されません。 名前の通り、エラーでも警告でもなくメッセージです。


2

.NET Framework 4.5.1 Developer Pack .NET Framework 4.5.2 Developer Pack の二つを再インストールしたところ、エラーは発生しなくなりました。


2

Labelの背景は単色とは限りませんが、SolidColorBrushであれば var scb = label.Background as SolidColorBrush; if (scb!=null) { var c = scb.Color; var gdipColor = System.Drawing.Color.FromArgb(c.A, c.R, c.G, c.B); } とSystem.Drawing.Colorに変換できると思います。 またWPFとWindows Formsダイアログを相互運用する場合、WindowInteropHelperを使用してIWin32Windowを実装します。 class MainWindow : Window, System.Windows....


2

大雑把に言うと技術的には BindingOperations.GetBindingでBindingを得る Binding.Pathが複合パスか確認 複合パスでなければDataContext(もしくはRelativeSourceその他)からプロパティ情報を得る。 複合パスであればパスを分割し、上位パスを適当なプロパティにバインドしてプロパティを持つコンポーネントを得る という手順で評価できます。なお上記の手順はBindingBaseの種別やPropertyPath文法と言った多くの考慮事項を省いています。 またC#のメタプログラミングでは一般的にPropertyInfoよりPropertyDescriptorが優先されるため、そちらで属性を確認したほうが良いと思われます。 C# public ...


2

DataContext自体を逐次変更するのは正しいスタイルとは言えません。 this.DataContext自体を変更すると下位のコントロールすべてに変更通知が飛びます。 データバインドを使う場合、DataContextにはINotifyPropertyChangedを実装したオブジェクトを代入し使いまわしましょう。データバインドしたコントロールはプロパティの変更を常に監視しています。変更通知を投げればコントロール側も変更を追従します。 // NotificationObjectは実装を探して見てください。ここでは割愛します。 public class SamplePresenter : NotificationObject { public int ButtonContentA { ...


2

DataBindingsとDataContextの基本的な利用方法に関しては以下のエントリーにざっくりまとめているので、目を通して参考にしていただければ幸いです。 サンプルコードを見ながら理解するMVVMの基礎的な実装 - Neutral Scent http://d.hatena.ne.jp/kaorun/20141202/1417532472 すでにpgrhoさんやharu666さんが述べられているように、DataContextはデータ更新のたびに逐一変更するべきではありません。this.DataContextを変更してしまうと、対象となるウインドウもしくはフォーム全体の再描画が都度走ってしまうためフリッカが起きていると思われます。 単に値を代入・表示したいだけであれば、...


2

おそらくWebBrowserコントロールを使って<ruby>タグでルビを付ける方法が、最も安全で手っ取り早いと思われます。 ユーザコントロールなどにWebBrowserコントロールを配置して、以下のようにNavigateToStringを呼び出すことでルビ付きのHTMLを表示させることができます。 webBrowser.NavigateToString("<html><body><ruby>螺鈿<rt>らでん</rt></ruby></body></html>"); 試しに上記の原理で動くラベル風のカスタムコントロールを作ってみました。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります