次のタグが付いている新しい回答:

0

OS 側に複数の IP アドレスを付与したいのであれば、Azure 側のネットワークインターフェースにも IP アドレスを付与してください。 参考: https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-network/virtual-network-multiple-ip-addresses-portal Azure の仮想ネットワークが認識できるアドレスは Azure 側のネットワークインターフェースに付与されたものだけです。OS 側だけに IP アドレスを付与した場合、仮想ネットワークはこの IP アドレスの存在を認識できませんので、この IP アドレス宛てのパケットを転送しません。結果として OS 側だけに設定されている IP アドレスへの Ping が失敗します。...


0

自己解決しました こちらのサイトに類似した質問があり、yamlにgit lfsを有効にする処理が必要でした 最終的に完成したyamlファイルは以下の通りです # .NET Desktop # Build and run tests for .NET Desktop or Windows classic desktop solutions. # Add steps that publish symbols, save build artifacts, and more: # https://docs.microsoft.com/azure/devops/pipelines/apps/windows/dot-net trigger: - master pool: vmImage: 'windows-...


0

一応確認ですが、Alternative Credentials使ってBasic認証使われていないでしょうか?こちらは3月に使用不可になっているはずです。できるならば、PATを作ってみて、そちらで認証すると現象が変わるでしょうか? ベータ版ですが、GCM .NET Coreもあるようです。 また、環境変数 GCM_TRACE=1とGIT_TRACE=1を設定すればログが出るようですので、そちらも確認してください。 参考:Development and Debugging


0

表題の リモートリポジトリから特定のコミットだけをローカルに反映したい と、文中の Aファイルのみ、リモートリポジトリと同期させたい のどちらを実際にやりたいのかにもよりますが、まず前者はcherry-pickで可能です。 git fetch でremote-trackng branchが最新化されますので、そこから取り込みたいcommitのハッシュ値を確認し、 git cherry-pick <取り込みたいcommitのハッシュ値> で取り込めます。 後者の場合は、 git fetch を行いremote-tracking branchを最新化した後、 git checkout <remote-tracking branch名> -- <Aファイル&...


0

できますよ。昔Python 2.7とか、ICU4CのNuGetパッケージ作ってました。だいぶ前なのですが(まだPipelinesになる前)、ご参考に。 https://github.com/kkamegawa/Python27Dev_NuGet https://github.com/kkamegawa/ICU4C_Nuget


0

リポジトリに入れてテストと一緒にバージョン管理したいのであればGit LFSを使うしかありません。 そうはいってもHosted Agentは10GBまでという上限があるので、10GBを超える場合はself-hosted agentを使うことになります。 self-hostedを使う場合はローカルマシン、もしくはAzure上のVMになるので、Azure Blobに置くとか、VMに保持するとかコストメリットで考えられます。 どこかのBlobをマウントしてhosted agentのローカルドライブとして使えれば一番いいんですけどね…。


上位 50 件の最近の回答が含まれています