次のタグが付いている新しい回答:

0

kosmos.ebi様 ご回答大変ありがとうございました。アカウントでトラブルが起きてしまったため別アカウントからお礼申し上げます。 アフィン変換したものは見かけ上の精度があがるかもしれませんが実際に有効なものになるかは何とも言えません。 実際に30枚の学習画像を300枚に水増しし(幾何学的変換に加え、コントラストと彩度をランダムに調整しました)、追加で学習させたところ、精度が目に見えて上がり、もともと大きい数値(99.99%など)しか返ってこなかったのが、80%以下の数値も返ってくるようになり、「そのモノらしさ」を数値でうまく表されているような気がします。 もともと少量のデータでも効率がいいらしいので内部的に行っている可能性もありますが… おっしゃる通りですね。...


0

内部で使用されているアルゴリズムは不明ですが、アフィン変換したものは見かけ上の精度があがるかもしれませんが実際に有効なものになるかは何とも言えません。もともと少量のデータでも効率がいいらしいので内部的に行っている可能性もありますが… まずはこちらのガイドラインに従ってみてはどうでしょうか。(ラベル毎に50個~が出発点のようです) 分類子を改善する方法


上位 50 件の最近の回答が含まれています