次のタグが付いている新しい回答:

0

SqLite で 間違ったフォーマットのプログラムを読み込もうとしました というエラーメッセージは SqLite ランタイム本体の DLL 読み込みで x86 x64 を間違えて読み込んだ場合に発生する事が 多いと思います。 Dependencies を使って DLL の読み込み状況を確認したら 間違ったDLLを想定外のDLLから読み込んでいるのが観察できると思います。 状況から判断すると SQLite.Interop.dll の問題ではなくて sqlite3.dll 本体の参照がx86,x64で間違っているのだと思います。 SQLite.Native nuget パッケージを追加すると 実行時ランタイムを その環境に合わせて自動配置してくれます。 Install-Package SQLite....


0

Uncle-Keiさんが説明してくれていますが、NativeMethods、SafeNativeMethods、UnsafeNativeMethodsでクラス名の使い分け、更にクラス名に応じたコードアクセスセキュリティを適用することが目的だったようです。 しかし、.NET 4からコードアクセスセキュリティが廃止(デフォルトで無効化)されているので、クラス名の使い分けは今となっては意味がないかもしれません。


0

文面が長くなるので回答欄を使用して私見を述べさせていただきます。 回答とはなりませんあしからず。回答を得るためないし議論等何らかのきっかけになればと考えました。 また、.NETの専門家ではないので誤った内容が含まれるかもしれないことをおことわりさせていただきます。 まず、セキュリティとは使用している環境とそのユーザーを守る為のものであるとの前提です。 過去のOSにおいてはそれに「ログインしているユーザーの権限」に依存したセキュリティが設計されていました。 これは複数のユーザーが同じハードウェアを使用する場合に合理的な考えです。 下って、現行のモバイル用OS等では「アプリケーションの権限」が検査されるのが一般的です。 また、...


0

sampleClassとSAMPLE_DATAを書いた方が、回答しやすいと思います。 ちなみに下記のソースでは問題ありませんでした。 struct SAMPLE_DATA { int a; int b; }; class SampleClass { public: void SampleEvent(SAMPLE_DATA** sampleData); }; void SampleClass::SampleEvent(SAMPLE_DATA** sampleData) { if (NULL == sampleData) { int aaa = 123; } } int main() { SampleClass *s = new ...


0

Imageオブジェクトを使わずにGraphicsオブジェクトを採用しました。また、線の描画の後、始点の更新など追加したことで無事複数の線を描画することができました。 下記が修正後のコードを一部抜粋したものです。 ご回答してくださった方々ありがとうございました。 private void pictureBox1_MouseDown(object sender, MouseEventArgs e) { if (btnSolidWasClicked) { //Graphicsオブジェクトを作成 Graphics g = this.pictureBox1.CreateGraphics(); g.SmoothingMode = SmoothingMode....


0

単純な回答 質問のコードではクリックするたびに下記のコードで真っ白な画像を作って、その上に線を描画しているので複数の直線が書けません。 Bitmap canvas = new Bitmap(pictureBox1.Width, pictureBox1.Height); 描画済みの線を消さずにpictureBox1を上書きすれば解決します。 pictureBox1_MouseDownをサンプル1のように書き換えてください。 ただし終点を書くごとにlsp_flag = false;で終点フラグをリセットすると、連続した線分になりません。 サンプル1のtodoでは左クリックで線を連続させて右クリックで終点としています。 サンプル1 private void pictureBox1_MouseDown(...


0

マウスダウンイベントでpictureBoxに書いていると思いますが、マウスダウンイベントでは直接書かず、その座標を覚えておき、pictureBox.Refresh();を行います。 そうしますとPaintイベントが発生しますので、この中で覚えておいた座標により描画をします。


2

1. はい、初期化時にDataContextが設定されます。 <Window.DataContext> <localvm:MainViewModel/> </Window.DataContext> この部分がそれに当たります。意味は this.DataContext = new MainViewModel() と同等です。 2. DataTemplateの挙動になります。 まず、MainWindow.xamlと異なりDataContextの定義がAPageView.xamlに存在しないため、InitializeComponent()では設定されません。 DataTemplateは、...


0

DataContext がエラーを吐いているということを前提として書きます。 ちょっと試してみましたが、 <Window x:Class="xxx.MainWindow" d:DataContext="..." ...> <Window.DataContext> <local:MyDataContext/> </Window.DataContext> ... </Window> のように初期化すると DesignInstance を設定していても MyDataContext のコンストラクタは呼ばれるようです。 一方コードビハインドで public partial ...


3

実際のロジックが走ります。 Xamlの場合、DesignerProperties.IsInDesignMode添付プロパティを使うことで、デザインモードで実行されているか判定できるため、これで処理を分岐することを検討してください。 WinFormsでも同様でこちらはComponent.DesignModeプロパティで判定できるようになっています。またASP.NETの場合、Webですから実行時にはHTMLが生成されるわけですが、こちらもデザインモードではそれ用に別途UI表示できるようになっています。この際もControl.DesignModeプロパティで判定することになります。


上位 50 件の最近の回答が含まれています