次のタグが付いている新しい回答:

0

今のところ、@shingo.nakanishi さん回答の方法が一番作業量や性能への影響が少ないものでしょう。 __debug__ この定数は、Python が -O オプションを有効にして開始されたのでなければ真です。 assert 文も参照して下さい。 注釈: 名前 None 、 False 、 True 、 __debug__ は再代入できない (これらに対する代入は、たとえ属性名としてであっても SyntaxError が送出されます) ので、これらは「真の」定数であると考えられます。 -O __debug__の値を条件とするassertステートメントとコードを削除します。 コンパイルされた(バイトコード)ファイルのファイル名を、.pyc拡張子の前に.opt-...


1

?[0m はおそらく ESC[0m のことで、これは vt100 端末エスケープシーケンスというものです。むかし昔によく使われていた「端末」画面上で色を変える手続きの1つなのですが、残念ながら Windows のコンソールはこの vt100 エスケープシーケンスに対応していません。そのため Windows のコンソール上は色が変わらずに文字化けして見えます。要するに今あなたのところの設定は Linux 端末 (vt100) 用になっていて Windows コンソール用の設定ではないのです。 Windows コンソール上で色をつけるには colorama をつかうとよいです。 https://stackoverflow.com/questions/21858567/


0

https://stackoverflow.com/a/27455446/1979953 の回答が参考になると思います。 引用 Use __debug__ in your code: if __debug__: print 'Debug ON' else: print 'Debug OFF' Create a script abc.py with the above code and then Run with python -O abc.py Run with python abc.py Observe the difference. 引用の翻訳 __debug__ が使えます。 if __debug__: print 'Debug ON' else: ...


1

アプリケーションを開発する際には どのような環境で実行するのかを決定する 実行環境を踏まえてどのような環境で開発するのかを決定する 開発を行う という手順になるはずです。1.の実行環境はどのような想定なのでしょうか? それがない限り第三者が2.を指南することはできません。 なお、Connectors and APIsで示されていますが、 Connector/NETを使用するのであればC#言語が必要 C++言語を使用するのであればConnector/C++が必要 であり、質問文の組み合わせはそもそも矛盾しています。


3

継続して調べていて現象は判明したと思われます。 結局、IDE画面右下の Xxxxファイルのプロパティの相対パスにはマクロは使えない ということでしょう。 該当ファイルプロパティの絶対パスを全て展開して良く見るとわかりますし、プロジェクトのフォルダパスを短くすると直ぐ明確にわかるでしょう。 例えばC:\Work\TestProがプロジェクトのフォルダであった場合、相対パスを$(DevKitPath)\Support\Lib\Win\ACAP_STATD.libにすると、絶対パスはC:\Work\TestPro\$(DevKitPath)\Support\Lib\Win\ACAP_STATD.libとなります。 そうして、それは存在しないパスとファイルであり、質問の2つ目のスクリーンショットでは、...


2

対象の問題/質問以前に、前提としている環境などへの誤解がありそうです。 以下は訂正版: ソリューションエクスプローラーのペインに.libファイルが列挙されていますが、これは依存関係のある(変更されたらビルド処理のトリガとする)ファイルをリストしているのであって、.cpp等と類似の扱いになり、拡張子.libが考慮されてリンカに渡されますが、プロジェクトのプロパティダイアログでリンク時のライブラリを指定する際の情報とは違いがあるようです。 2つ目のスクリーンショットの右下ACAP_STATD.lib ファイルのプロパティで相対パスにユーザーマクロを組み合わせても、完全パスにも有効なパス情報が表示されているように見えますが、マウスポインタを完全パスに当ててフルパスを読み取ると、...


0

参照記事を下の方にたどっていくと、以下の項目が出てきます。 この同じ手順で追加したマクロの値を変更できると思われます。 ユーザー定義マクロを作成するには [プロパティマネージャー] ウィンドウを開きます。 (メニューバーで、表示 > プロパティマネージャー または > その他の Windows > プロパティマネージャー を 表示 します。)プロパティシート (名前の末尾が. user) のショートカットメニューを開き、プロパティ を選択します。 そのプロパティ シートの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスが開きます。 ダイアログ ボックスの左ウィンドウで、 [ユーザー マクロ] を選びます。 右ウィンドウで [マクロの追加] ボタンを選んで、 [ユーザー マクロの追加] ダイアログ ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています