次のタグが付いている話題の回答:

2

単純にstaticフィールドを利用してシングルトンパターンを実装している場合の動作ということでしょうか。これは各サービスのホスティング状況によります。 staticフィールドのスコープはAppDomainですので、AppDomainもしくはより上位のホスティングしているプロセス(IISであればワーカープロセス)が変化している場合は値が共有されません。IISの同じアプリケーション上にサービスを配置して1サーバーで動作させる場合であれば、プロセスがリサイクルされると値がリセットされることなります。これは標準設定だと20分ごとに発生します。 ですので数分間有効な簡単なキャッシュ程度であれば通常のシングルトンパターンを利用できますが、確実性を求めるのであればDBその他のバックエンドを利用した方が良いです。


1

クライアントのIPアドレス RemoteEndpointMessagePropertyやASP.NET 互換モードで取得できます。 前者の場合は var props = OperationContext.Current .IncomingMessageProperties[RemoteEndpointMessageProperty.Name] as RemoteEndpointMessageProperty; // props.Address // props.Port で、後者はリンク先の設定をしたうえでHttpContext.Current.Request.UserHostAddressで取得可能です。 ...


1

IIS自体のインスタンス数は1です。 ですがリバースプロキシを構成することでIISのインスタンスを増やすことができます。 各IISが管理するワーカープロセスの数はWebガーデンを有効にしない限り通常1です。 ワーカープロセスは数十分から数十時間に1度かならずリサイクルされます。リサイクルを開始すると既存のワーカープロセスでは新しいリクエストを受け付けませんが、受付済みのリクエストが完了するまでは新しいワーカープロセスと並行して動作します。(Overlapped Recycling) WCFサービス自体の動作はServiceBehaviorAttributeのConcurrencyModeおよびInstanceContextModeで制御します。既定値ではセッション別に別のインスタンスが作成され、...


1

WCFサービスはServiceHostを利用して自己ホストが可能です。自動テストであれば実際のWCFサービス、もしくは同じサービスコントラクトを実装するモックをホストすればよいと思います。 またIIS ExpressやIISを用いてローカルマシン上でWCFサービスを実際にIISでホストするのも難しいことでありません。手動テストであればVisual Studioで「マルチスタートアッププロジェクト」でクライアントとWCFサービスを同時にデバッグすることもできます。


1

一般論としては通信とWCFの初期化/出力にかかる時間だけ遅延します。ですが設計によって高速化が期待できる場合もあります。 まず検索結果やデータの加工結果をWCFサービスのメモリ上にキャッシュする場合が考えられます。キャッシュを利用できれば2度目以降の処理はDBアクセス自体が不要になります。もちろんキャッシュされているデータがDBより古くなっている可能性もありますが、すべてのDB処理をWCFサービスを通して行うようにすれば更新時にキャッシュを破棄できます。 上記のようにWCFサービスではWCF経由のDB更新が発生したかどうかを把握することができます。これによって数秒おきにDB更新の有無を検索するような処理を効率化することができますし、さらにはサーバーからのプッシュ配信に変更し、...


1

Proxyの仕事ですね。 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa480191.aspx HTTP を使用しているとき、要求側に未確認応答を検出させるため、応答側は簡単なトリックを使用します。要求メッセージに対する確認通知を、常に応答と共に送信するのです。その結果、応答が失われた場合に要求側は確認通知を受け取ることができないので、同じ要求を再送信します。実際には元の要求が応答側に到着しており、既に処理されている場合でも同様です。応答側はメッセージのシーケンス番号を調べ、再送信された要求であることがわかると、そのメッセージを再処理する代わりに、メッセージ キャッシュ内からキャッシュした応答を返します。これは最初に受け取った要求に対応して生成されていた応答です。...


1

データコントラクタをチェックするコード書いてみました。 実行時のログで調査するのも良いですが、事前に保証できるようにして置くのも 一つの方法だと思います。 単体テストでデータコントラクタを事前にチェックしておくのが良いと思いますが、 私の場合は、デバッグ実行時のみチェックが走るようにしたりしています。 ご参考まで。 using System; using System.Diagnostics; using System.Linq; using System.Reflection; using System.Runtime.Serialization; namespace Tests { #if DEBUG // テスト用にenumを宣言 [DataContract] public ...


1

[EnumMember]の場合CommunicationExceptionではなく内部例外のエラーメッセージを見ればフィールド名も含めて原因が分かるはずです。 excetion.ToString()をログに出力するなどしておけばよいかと。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります