職場でチーム専用のQ&Aサイト「Stack Overflow for Teams」を使い、プライベートかつ安全な環境で回答を見つけてください!ユーザー数10名までは無料でご利用いただけます。 登録

次のタグが付いている話題の回答:

4

rails-i18nのREADME.mdによると、妥当な言語/地域コードのリストについては、isoライブラリを参照するとしています。isoライブラリはISO 639-1 alpha2に基づく言語コードとして小文字2文字、ISO 3166-1に基づく地域コードとして大文字2文字または数字3文字(UN M49に基づく)を使うとしています。それらを組み合わせて、言語コードまたは言語コード-地域コードをタグとして使うとなっています。 上の話から言えば、日本語だと"ja"以外に"ja-JP"でも問題は無いはずです。実際、rails-i18n等の翻訳済みデータを使う必要が無ければ別に何であっても動作はします。しかし、各ライブラリの翻訳済みデータは日本語を"ja"としているため、それを使うのであれば"ja"...


1

どの程度便利かまだ分かりませんが、私が作っている(ウェブアプリじゃない)アプリケーションでは https://github.com/filib/i18n を使う予定です。 機能的には単純なので、Spockと組み合わせるのは難しくないと思います。


1

すみません。自己レスです。 ApplicationControllerに before_action :set_locale, :configure_permitted_parameters, if: :devise_controller? と書いていたのが問題でした。i18nとdeviseの設定を一緒に書いたことが問題で before_action :set_locale だけに直したら正しく動作しました。


1

キーが抜けてますね。以下のように足してみるとよいと思います。 ja: activerecord: models: contact: お問い合わせ attributes: contact: name: 名前 email: メールアドレス message: お問い合わせ内容 参考 Rails国際化(I18n) API | Rails ガイド 追記 キーは足りていたということで、full_messagesメソッドを使うとよいと思います。 <%= form_for(@contact) do |f| %> <% if @contact.errors.any? %> <strong&...


1

自己解決。 Localized.strings と名付けてたが、 Localizable.strings と名付けないと、 NSLocalizedString で毎回ファイル名を指定ないといけないらしい。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります