次のタグが付いている話題の回答:

4
Accepted

"jp"がISO3166で定められた日本の省略のはずですが、`ja.yml`が使われている理由

rails-i18nのREADME.mdによると、妥当な言語/地域コードのリストについては、isoライブラリを参照するとしています。isoライブラリはISO 639-1 alpha2に基づく言語コードとして小文字2文字、ISO 3166-1に基づく地域コードとして大文字2文字または数字3文字(UN M49に基づく)を使うとしています。それらを組み合わせて、言語コードまたは言語コード-...
  • 5,051
1
Accepted

Spockでi18nを行う方法

どの程度便利かまだ分かりませんが、私が作っている(ウェブアプリじゃない)アプリケーションでは https://github.com/filib/i18n を使う予定です。 機能的には単純なので、Spockと組み合わせるのは難しくないと思います。
1

Laravel 5.3の多言語化について

ValidatesRequests::validateの場合の属性名指定は class UsersController extends Controller { public function post(Request $request) { $this->validate($request, [ 'name' => '...
  • 4,626
1

i18nのロケールが急に効かなくなった

すみません。自己レスです。 ApplicationControllerに before_action :set_locale, :configure_permitted_parameters, if: :devise_controller? と書いていたのが問題でした。i18nとdeviseの設定を一緒に書いたことが問題で before_action :set_locale ...
1
Accepted

rails で日本語化をしているのですが、attributesの日本語化が適用されません

キーが抜けてますね。以下のように足してみるとよいと思います。 ja: activerecord: models: contact: お問い合わせ attributes: contact: name: 名前 email: メールアドレス message: お問い合わせ内容 参考 Rails国際化(I18n)...
1

Custom keyboard の中で NSLocalizedString を読んでも .strings ファイルを読んでくれない

自己解決。 Localized.strings と名付けてたが、 Localizable.strings と名付けないと、 NSLocalizedString で毎回ファイル名を指定ないといけないらしい。

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible