次のタグが付いている話題の回答:

13

簡単に言うと、λ式(無名関数)を含め関数値を Haskell のコードとして print などを使って表示させる事は不可能です。 まず、 show (\x -> x ^ 4) が失敗している点。これは関数型 (a -> b) に対する Show インスタンスが定義されていないのが理由です。関数型を持つ値をどのように表示すべきかが定義されいないので Haskell はこの式の実行を型検査の段階で拒否します。 では関数型 (a -> b) に対する Show インスタンスをうまく定義して、関数値からその関数値を表す Haskell コード文字列が得る事が出来るか、つまり、 show (\x -> x ^ 4) を評価すると "\x -> x ^ 4" が得られるようにできるか、...


13

https://www.haskell.org/haskellwiki/Pronunciation が参考になります。 私は“バインド”と呼んでいます。


10

7.10現在、GHCでは重複したフィールド名をうまく扱うことができません。しかし、GHC 7.12からは、OverloadedRecordFields(https://ghc.haskell.org/trac/ghc/wiki/Records/OverloadedRecordFields/Design)と呼ばれる拡張が導入される予定で、それを使えば同名のフィールドを定義できます。 OverloadedRecordFieldsを利用すると、urlに以下のような型を持たせることができます。 url :: r { url :: String } => r -> Integer r { url :: String }は、レコードrがurl :: ...


9

私が知っている、もっとも簡単な対処法はLensを利用することです。 lensライブラリを使う場合、もっとも簡単に書けば以下のようになります。 {-# LANGUAGE TemplateHaskell #-} import Control.Lens data Java = Java { javaPower :: Integer ; javaUrl :: String } data Link = Link { linkTitle :: String ; linkUrl :: String } makeFields ''Java makeFields ''Link すると、両方に対して使えるurlコンビネータが"lens"として定義され、...


7

いくつか技術的に重要な点があります。 KleisliアローはKleisli圏におけるアローで、単にmがMonadである場合におけるa -> m bという型にあう何かを表すという以上の目的があります。 この意味論的な問題点を無視したとしても、更に問題があります。 ほとんどの場合、UpStarはFunctorを使いますが、KleisliはMonadを使います。 GHC 7.10ではApplicative-Monadの提案(AMP)が導入されますが、それまでは以下の違いがあります。 instance Monad m => Profunctor (Kleisli m) instance Functor f => Profunctor (UpStar f) ...


6

classやinstance宣言中に現れるtypeやdataは Type Families(型族) というGHC拡張で、トップレベルに現れるtypeとは少し異なる機能を提供しています。 型族を有効にするには、pragmaとしてTypeFamiliesを指定します(リンク先のソースコード先頭で宣言されています)。 Cf. https://downloads.haskell.org/~ghc/latest/docs/html/users_guide/type-families.html 型関数 class宣言とinstance宣言は普段の型クラス同様に対応しています。 普段、class宣言で「メソッド、その型、デフォルト実装」が与えられると思います。型族を用いると、言わばその「型レベル版」...


6

Template Haskell(QuasiQuoter)が嫌いでなければ、それを実現するための糖衣があります。 applicative-quotersパッケージで定義されているものを利用すると、 f (Two t1 t2) = [i| Two (f t2) (f t1) |] のように、[i| … |]で囲むだけで、自動的に Two <$> f t2 <*> f t1 に変換してくれますが、ネストしている場合に対応していない点に注意が必要です。 もう一つの方法として、純粋な例外ハンドラを利用するという方法もあります。 spoonパッケージで提供されているteaspoon :: a -> Maybe aは、例外が発生したときNothing、...


6

この挙動はsnappyライブラリとは直接関係なく、Haskellの評価戦略によるものです。 λ:2> import Control.Exception λ:3> try (return undefined) :: IO (Either SomeException ()) Right *** Exception: Prelude.undefined returnは引数の評価を強制しないのでtry (return undefined)のundefinedは評価されることなくRight undefinedとなり、GHCiがRightまで出力した後、初めて中身が評価され例外が上がります。これを防ぐにはControl.Exception.evaluateで評価を強制すればよいのです。 λ:4> ...


6

対処療法的ではありますが、 putStr を使うのはどうでしょうか。 doctest の Usage を見る限り、ghci で入力したように動作するようですので。 例: -- | 日本語表示 -- >>> putStr hoge -- 日本語 hoge :: String hoge = "日本語"


6

リストをアプリカティブとして使うなら hoge n = (\x y -> (x,y)) <$> [-n .. n] <*> [-n .. n] モナドとして使うなら hoge n = do x <- [-n .. n] y <- [-n .. n] return (x,y) と書けます。


6

GHC 7.10 からは仕様が変わって上のようなコードはコンパイルが通らなくなりましたが,対応は簡単です. GHCの7.10からは Functor-Applicative-Monad Proposal という名前で知られている変更が入り, Applicative が Monad の親クラスに Alternative が MonadPlus の親クラスに なりました.つまり, 何かを Monad のインスタンスにしようと思うと,Applicative のインスタンスにもしておくことが必要になったということです.以前はこの制約はありませんでしたが,意味的にはこのようにしておいたほうが色々とよいということで,移行がスムーズにできるように気を配りながら導入されることになりました. 従ってコードを修正するには, ...


6

bb を中置演算子のように使用していますが、中置演算子は記号でないといけません。 例えば、.&&. を定義するように改修するとエラーがなくなります。 (.&&.) :: Bool -> Bool -> Bool x .&&. y = if x then y else x


6

Haskellの勉強中にふとラムダ式でパターンは使えるのかと思い、 残念ながら少なくとも標準のHaskellでは使えません。 LambdaCaseというGHCによる言語拡張を有効にする必要があります。 言語拡張を有効にする場合、下記のような特殊なコメントを、ファイルの先頭に書いてください。 {-# LANGUAGE LambdaCase #-} GHCi上で試したい場合、下記のように入力してください。 :set -XLambdaCase しかしいずれにしても、ラムダ式の中でパターンマッチをする構文は、tokumeimanxxさんに挙げていただいたようなものではありません。 にもかかわらずなぜコンパイルが通ったのかというと、それはdoを使ったからです。 doは通常、...


5

Haskellのレコード更新構文は、更新の前後で型が変わらないことを要求しません。このため、更新後の型が決まっていても更新前の型が完全には決まらないことがあります。この例では、emptyIndentsの型がTokenParsing m => IdentifierStyle mですが、このmを決める手掛りがないため曖昧エラーが発生しています。 回避する方法はいくつかあります。 明示的に型注釈を与える。 identStyle' :: IdentifierStyle Parser identStyle' = (emptyIdents :: IdentifierStyle Parser) { _styleStart = char 'X', _styleLetter = digit } ...


5

リストの要素をランダムに入れ替えるには、random-shuffleパッケージを使うと楽です。 ビンゴそのものを作成する過程と、それを表示する過程が混じってしまっているために、全体的に読みづらく感じます。特に、各セルをフォーマットするときに、毎回真ん中かどうかをチェックしている辺りなどです。 若干手を抜いているところがありますが、以下のような感じではどうでしょうか。 ビンゴ自体は[[Maybe Int]]で表し、bingo関数で新しいビンゴを生成します。真ん中の部分は値がないということでNothingを置きます。インデックスでリストの要素を置き換える部分は、lensパッケージを使っています。 作成したビンゴは、showBingo関数で文字列に変換します。 {-# LANGUAGE ...


5

まず結論から言うと、警告が出ないよう修正するにはデータ型から単に制約を取り除いて data Tree a = Null | Fork a (Tree a) (Tree a) とすればよいです。 DataTypeContextsはデータ型定義中の型パラメタに制約を掛けられる機能ですが、 質問文で示されている本家stackOverflowの記事や、以下のproposal Proposal: NoDatatypeContexts で示されているように、この制約はそのデータ型を使用する関数等では考慮されず思ったような挙動をしてくれないため、Deprecated扱いの機能になっています。 つまり、元コードの data Ord a => Tree a = Null | Fork a (Tree a) (...


5

提示されたコードに必要なimportを追加しただけで試すと、GHC-7.10.1ではコンパイルエラーになります。 import Control.Applicative import Control.Monad.Trans.Maybe f :: String -> MaybeT IO String f x = MaybeT $ do s <- getLine case s of "y" -> pure . pure =<< getLine _ -> empty エラーメッセージは以下の通りです。 a.hs:21:14: No ...


5

pointsを2回使っていることが原因でスペースリークが起こっています。 2つ目のコードを使って説明します。 Haskellは遅延評価をする言語なので let points = [(x,y) | x<-range 10000, y<-range 10000] の段階ではリストの長さに応じたメモリが確保されることはありません。実際にpointsの内容が計算されるのは、それが「必要」になった時です。 例えばputStrLnによりIOアクションが発生する時がそれにあたります。 putStrLn $ show hit が実行されるとpointsリストは先頭から末尾までスキャンされます。 そして、その計算結果は後に putStrLn $ show all ...


5

(++) <$> Just "a" <*> Just "b" -- = Just "ab" で、Maybe String が二つしか連結できないのは、そもそも元の(++)が引数を二つしか取れないからです。別の言い方をすれば、(++) "a" "b"をMaybeアプリカティブにしたものが上の式です。 (++)単独では任意の個数の文字列をとることができないので、まずアプリカティブにする前に、素の文字列で任意の個数の文字列を連結する方法を考えます。 foldl1 (++) ["a", "b", "c"] -- = "abc" あとは、文字列と関数をアプリカティブにします。 foldl1 (liftA2 (++)) [Just "a", Just "b", Just "c"] -- = ...


4

できません。 これはHaskellの「型」が安全に使用できることを意味します。 たとえば、NamedCar -> Stringのような型を持つ関数を作成したとします。 この関数はNamedCarとNamedCarWithColorNameの2種類の値について定義されているはずです。 もしも、後からNamedCarWithColorNameAndEngineTypeが追加できてしまうと、 この関数は「失敗する可能性のある関数」となってしまいます。 多くの動的型付けオブジェクト指向言語にあるような型の柔軟性はHaskellには存在しません。 しかし、Haskellでは「より厳密な理論を背景にした」同様のコーディングができます。 GHCの拡張機能のExistentialQuantificationを使用します。 ...


4

テストをするためのStackプロジェクトの stack.yaml に以下を記述すればローカルのYesodを依存パッケージとして利用することができました。 packages: - '.' - '/Yesodのリポジトリまでのパス/yesod/yesod-core/'


4

メモリを大量に消費してしまう原因はletrecさんの回答の通りです。 今回のケースのように、1個のリストから2つの値をたたみ込んで求めたい場合、 ちょっと工夫しなければ、2回リストを走査(この場合、allとhitを求める処理)することになってしまい、結果2回目の走査のために、大きなリストを保持しなければならなくなります。 その工夫を楽にするためにfoldlというライブラリーがありますので、おすすめです。 foldlを使った場合、下記のように書き換えられ、メモリ消費量も抑えられます。 import qualified Control.Foldl as L main :: IO () main = do let points = [(x,y) | x <- range 10000, y <...


4

Haskell にかかわらず多くのプログラミング言語ではリストや配列のインデックスは 0 から始める習慣があります。これには歴史的背景や、メモリアクセスに関する最適化のしやすさなどが理由として挙げられることが多いです。 また、私の知る限り、「Haskell では〇〇だから 0 から始めなければいけない」といった、Haskell 個別の理由はありません。単にデザインの問題だと思います。


4

よく知られたものとして、ReaderT Design Patternというのを挙げておきます。 実際にはReaderT以外の使い方についても言及しているし。 https://www.fpcomplete.com/blog/2017/06/readert-design-pattern ざっくり言うと、 アプリケーション全体としてはReaderT IOを使え その他のIOが絡まない、純粋な関数では適宜StateTやWriterTを使え といった内容です。


3

コードに繰り返し現われる処理である、「パースし、funcBを呼び、funcAを呼ぶ」という部分を切り出して関数にすることができます。 common :: (Parsable a, ClassA a, ClassB a) => a -> String -> IO () common dummy d = do let obj = parse d `asTypeOf` dummy funcB obj funcA obj commonの最初の引数はダミーで、その値は無視されます。これはparse dの結果の型を指定するために使っています。 これを使ってtestを書き換えると以下のようになります。 test = do t <- getLine d <-...


3

./Main: error while loading shared libraries: cbits.so: cannot open shared object file: No such file or directory カレントディレクトリに配置されたcbits.soを、Mainの実行時に正しくロードできていません。 とりあえず動かすだけなら、環境変数LD_LIBRARY_PATHにカレントディレクトリを追加すれば読み込めると思います。 % export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:. GHCユーザガイド 4.13. Using shared libraries に、rpathオプションを指定する例が載っていました。例示の通り、...


3

直接の回答ではありませんが,補足的に. 単純に show を成功させたいのであれば, Text.Show.Functions というモジュールがあり,これを import することでエラーは回避することができます(常に "<function>"がかえってきますが). また, ghc であれば -fwarn-missing-signatures オプション (あるいは簡単に -Wall)をつけてコンパイルすることで,top-level に定義された関数で型宣言がなされていないものについて,その旨を推論された型と共に報告してくれます. さらに, ghc-mod や hdevtools のような補助ツールを使うことで目的を達成できるかも知れません.


3

cabalコマンドにはsandboxのパスを指定する機能があるので、あらかじめ依存関係が壊れない組み合わせであるとわかっていれば、複数のプロジェクトでsandboxを共有することでコンパイル時間を減らせます。 使えるパッケージやバージョンは限られてしまいますが、Stackageを使えばStackageのリリースごとにsandboxを作り、プロジェクトごとに適切なsandboxを指定することで、依存関係を壊すこと無くビルド済みのパッケージを共有できると思います。


3

Record syntax を使った時には同名の関数が作られます.また, Record syntax を使ってデータ型を定義してもそうでない記法で値を作ることができます. そのまま書くならこういう感じでしょうか data Foo = Foo { bar :: String, hoge :: Integer} deriving (Show) -- hoge :: Foo -> Integer が定義される main = print $ fNumField a where fNumField = (^2) . hoge a = Foo "piyo" 575


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります